« 「どろろとえん魔くん」第1巻 名作の後日譚? 前代未聞のコラボ登場 | トップページ | 「旗本瀬沼家始末 天保狂風記」 天保の嵐に挑むレアリスム »

2013.08.10

「浣花洗剣録」第33集 別れと新たなる旅立ちと…

 さて、ようやく主人公カップル×2が再会した「浣花洗剣録」ですが、もつれにもつれた因縁の末にいよいよ険悪になっていくばかりの彼ら。そこにさらにロクでもない大人たちの思惑が絡み、意外なところで悲劇が起こることに…

 記憶を失ったという珠児の態度に疑念を抱き、拉致・脅迫して真実を聞き出した奔月。珠児を解放して、全員集まった食卓で意気揚々と珠児の真実を語るのですが――珠児の方は、奔月に攫われて刀を突きつけられたので適当なことを言いました、と答えます。
 前回、珠児が行方不明になったと慌てて探し回った方宝玉にとってみればこれはゆゆしき言葉、しかも脅迫したなんて…と、意識してのものかどうかはわかりませんが、ここは全く嘘は言ってない上に、自分への疑いを否定し、奔月の印象をドカンと悪くして見せた珠児の勝ちでしょう。

 いたたまれなくなって外に飛び出した奔月を追って出た宝玉ですが、奔月はおらず、残るのは戦いの跡と、白三空の姿…
 言うまでもなく奔月を攫ったのは錦衣衛でしょう。三空は、奔月を救い、珠児を守りたければ、侯風と白水聖母の首を持ってこい、という木郎神君の言葉を伝えます。朝廷の力には逆らえん、お前も共に仕えようという祖父の言葉にもちろん逆らう宝玉ですが…

 一方、記憶があるか否か、ここも安住の地ではないことを悟った珠児は、呼延大臧に対し、寺を出て暮らそうと語ります。これに応えつつも、相変わらず宝剣集めは諦めない大臧ですが、いつにも増して柔らかい表情を見せます(この二人、ある意味本作で一番大人なカップルだなあ…)。

 そして翌朝、宝玉と恵覚師太と一緒の食卓で別れを告げようとする珠児ですが、しかし先に別れを言い出したのは師太の方。まだまだ自分の至らないことを痛感した彼女は、修行の旅に出ることを決意したのであります。そして珠児・大臧・宝玉に、運命は悪い方に転がるばかりではなく、先に進むことを恐れてはならないと、己の為すべきことを為しなさいと説くのでした。
 初登場時は――いやその後もほとんどコメディリリーフのような師太ですが、しかしその語るところはまさに高僧善知識のそれ。名ばかりの人間が多い武侠ものの僧侶(宗教者)の中で、数少ない真の僧侶としての存在感を感じます。果たして本当に彼女は見かけ通りの人なのか、実はもの凄い大人物/達人なのでは!? とすら思ってしまうのですが…

 彼女の心に打たれたか、宝玉は悩みを捨てて奔月を追うことを決意。大臧に珠児を託し、宝剣を諦めるなら友人になっても良いと語ります。これまでを考えればこれは最大限の好意ですが、宝剣と聞いて黙ってはいられない大臧はこれを拒絶。しかしまんざらでもない表情なのが、不器用な男の友情っぽくて良いのです。

 さて、宝玉が去り、師太を見送る大臧と珠児ですが…そこに襲いかかる王巓一党の矢に倒れる師太。さらに師太を人質に取った王巓は、記憶を取り戻していると見た珠児に、大臧を殺すよう強いるのですが…ここで師太は自分の言葉を忘れるなと二人に告げ、王巓の刃に自らを投げ出す! エーッ!
 普段クールな大臧ももちろんこれには怒り心頭、王巓との激しい一騎打ちの果てに王巓を叩きのめして刃を突きつけ、王巓はただ大臧と珠児に命乞いするばかり(わかりやすいクズっぷり)なのですが…そこに割って入ったのは珠児であります。

 やはり記憶が戻っていたという珠児。さすがに子としての情から大臧を止めるのか…と思いきや、王巓が王大娘を殺した時のことを持ち出し、思い知れとばかりにまくしたてると背を向けて行ってしまいます。これに対し、大臧は王巓が持っていた宝剣・赤霄を手に、とどめを刺さず珠児を追います。やはり、大臧の心にも変化が生じたのでしょうか…
 そして師太の心に報いるためにも、記憶を取り戻した珠児と、これからも共に歩むことを誓う大臧。が、剣閣なる地に残りの六本の宝剣があるのでそこに行ってみようと言い出すのは相変わらずではあります。

 にしてもこちらが全部で何本あったか忘れてしまうほど話の外だった宝剣。そして以前、金祖揚の故郷として語られた剣閣ですが、いかにも宝剣と関連がありそうだと思っていたら、やはり…(そして間違いなく、羅亜古城とも関係があるのでしょう)

 一方、木郎のところに乗り込んだ宝玉は、小憎たらしいほどの余裕を見せる木郎に一歩も引かぬ構え。そして囚われの身を脱塵郡主に世話されながらも、超仏頂面でこれに報いる奔月。完全に共依存状態の脱塵がよよと泣き崩れたところで、次回に続きます。


「浣花洗剣録」(マクザム DVDソフト) Amazon
『浣花洗剣録(かんかせんけんろく)』DVD-BOX


関連記事
 「浣花洗剣録」登場人物&感想リスト

関連サイト
 公式サイト

|

« 「どろろとえん魔くん」第1巻 名作の後日譚? 前代未聞のコラボ登場 | トップページ | 「旗本瀬沼家始末 天保狂風記」 天保の嵐に挑むレアリスム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/57928458

この記事へのトラックバック一覧です: 「浣花洗剣録」第33集 別れと新たなる旅立ちと…:

« 「どろろとえん魔くん」第1巻 名作の後日譚? 前代未聞のコラボ登場 | トップページ | 「旗本瀬沼家始末 天保狂風記」 天保の嵐に挑むレアリスム »