« 「浣花洗剣録」第33集 別れと新たなる旅立ちと… | トップページ | 「真・餓狼伝」第2巻 餓狼を支える血の絆 »

2013.08.11

「旗本瀬沼家始末 天保狂風記」 天保の嵐に挑むレアリスム

 旗本瀬沼家の三男・恭之介は、黒金藩の密貿易の証拠を握っているらしい娘・咲を助ける。その黒金藩と黒い繋がりのあった鳥居耀蔵は、洋学者や敵対者を次々と陥れ、権力の座につこうとしていた。天保の改革の嵐の中、瀬沼家に引き取られた咲の口を封じんとする鳥居の魔手に抗する瀬沼家の運命は…

 「この時代小説がすごい!」編集部推薦という触れ込みで刊行された本作は、サブタイトルにあるとおり、天保期の狂瀾を背景とした作品であります。作者は海野謙四郎、デビュー作の「花鎮めの里 異能の絵師爛水」は、一種不思議とすら言える作品でしたが、本作もなかなかにユニークな作品であります。

 外出の帰りに、何者かに追われる娘・咲を助けた青年・瀬沼恭之介。黒金藩から出てきたという彼女の父は追っ手に斬られ、身寄りを無くした咲は、恭之介の両親に養女として引き取られることになります。
 そんな中、家を飛び出して歌川国芳の弟子となった兄・数馬を通じて、恭之介は国芳、さらに渡辺崋山ら、当代きっての絵師・文化人たちと交流を深めていくのですが…

 しかし、そんな彼らの前に立ち塞がったのが鳥居耀蔵であります。数々の陰湿な手段で崋山ら尚歯会の人々に濡れ衣を着せ、さらに政敵を次々と陥れて南町奉行にまで上った鳥居によって、江戸の市中は火が消えたような有様に。
 そして実は黒金藩の密貿易に絡んで賄を受け取っていた鳥居は、その秘密を握ると思われる咲を狙い、瀬沼家に次々と圧力をかけてくるのですが――


 …と、時代ものではすっかりお馴染みの鳥居耀蔵を悪役として天保の改革を描く本作ですが、しかしユニークなのは、主人公・恭之介周りの設定でありましょう。
 旗本として前途洋々の長兄・清之進、侍としてのお定まりの生き方を嫌う次兄・数馬と、対照的な二人の兄を設定することにより、恭之介は、侍(≒幕府)たちによるいわば「官」の世界と、町人・文化人たちによる「民」の世界、二つの世界を覗く立場にあります。

 つまり、本作は恭之介の目を通じ、蛮社の獄から天保の改革に至る時代を、官民双方の立場から描き出すことに成功していると言えましょう。
 さらに加えて、黒金藩の密貿易を巡る暗闘も本作の物語の縦糸としているのもまたユニークであります。

 そして、また官民二つの世界を繋ぐ――というより共通する――キーワードとして、「レアリスム」が登場するのもまた、実にユニークな点であります。
 海の向こうの芸術の、最新の流れとして語られる「レアリスム」。ありのままの現実と対峙するその姿勢は、物語の中で転化され、厳しい現実にも目を背けず対峙する姿勢として、鳥居に抗する者たちの姿と重ねて描かれるのであります。
 なるほど、本作において絵画が大きな要素となるのはこのためでもあったか…と感心した次第であります。


 もっとも、本作にも欠点は少なくありません。
 蛮社の獄の始まりから天保の改革の終わりまで、比較的長いスパンを一冊で描いたことで、物語が駆け足に感じられるのは事実。さらに言えば、本作独自の工夫である黒金藩の密貿易と咲の秘密が、この期間引っ張られることとなり、物語の緊張感が途切れてしまったという印象も否めません。

 また、肝心の鳥居耀蔵像が、既存のいわゆる「天保の妖怪」像をなぞったものである点――いや、抜け荷の賄賂をもらっているのだからそれ以下ですが――なのも、個人的には大いに残念な点であります。
(しかし本作、鳥居本人はほとんど直接登場せず、実際に主人公たちを苦しめるのは、その意を汲んだ者たちという構造は、なかなかにリアルで面白い)


 この辺りを踏まえると、小説として確かに粗削りな部分があることは否めないものの、しかしその一方で、フィクションを通じて現実と対峙してみせようとした、その志はやはり賞すべきでありましょう。
 やはり作者らしい一風変わった――それでいて魅力的な作品であります。


「旗本瀬沼家始末 天保狂風記」(海野謙四郎 宝島社文庫) Amazon
旗本瀬沼家始末 天保狂風記 (宝島社文庫)

|

« 「浣花洗剣録」第33集 別れと新たなる旅立ちと… | トップページ | 「真・餓狼伝」第2巻 餓狼を支える血の絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/57967469

この記事へのトラックバック一覧です: 「旗本瀬沼家始末 天保狂風記」 天保の嵐に挑むレアリスム:

« 「浣花洗剣録」第33集 別れと新たなる旅立ちと… | トップページ | 「真・餓狼伝」第2巻 餓狼を支える血の絆 »