« 「流れ木」 その男の探し求めたもの | トップページ | 「流動の渦 お髷番承り候」 二つの骨肉の争いの中で »

2013.10.13

「十 忍法魔界転生」第3巻 故山の剣侠、ついに主人公登場!

 第3巻にしてようやく主人公が表紙に登場した「十 忍法魔界転生」。どれほどこの時を待ったことか! とテンションは上がりますが、これまで縷々として「敵の編成」ばかりが描かれてきたのですから、そこにようやく現れた救い主の姿に盛り上がらないわけがないのであります。

 これまで次々と森宗意軒、そして天草四郎の悪魔の囁きの前に陥落し、魔界転生を行った剣豪たち。その顔ぶれも、荒木又右衛門・田宮坊太郎・宮本武蔵・宝蔵院胤舜・柳生宗矩・柳生如雲斎と、実に恐るべき顔ぶれであります。
 まさに原作でのあの名文、「彼らを「敵」とするものに呪いあれ。この恐るべき超絶の集団を敵として、万に一つもいのちある者が、この世にあろうとは思えない。のままでありますが(やむを得ないとはいえ、本作でこのフレーズが使われなかったのはまことに残念!)――この6人に四郎を加えて7人の転生衆に、さらにもう一名を加えようと宗意軒は企むのですが…

 と、ここでついに主人公のシルエットが! という演出がたまらない。
 そう、宗意軒が転生衆に迎えんと狙う男、そして彼らに立ち向かい、破邪顕正の太刀を振るう主人公こそ、我らが柳生十兵衛なのであります!

 ――というのは、本作の読者の九分九厘までがご存じかと思いますが、やはり溜めに溜めての登場、(別に封印されていたわけではないと思いますが)実に5年ぶりのせがわ十兵衛ときれば、これはもうファンとしては大いに盛り上がってしまうのであります。

 そして、このせがわ十兵衛Ver.十のビジュアルがまた実に格好良い。「Y十M」の時に比べて――絵柄の変化もあるのかもしれませんが――少し痩せて、少しだけ穏やかになったように見える十兵衛の姿は、前作のやんちゃぶりからから月日は流れ、少しだけ大人になった十兵衛を感じさせてくれるのであります。
 …もちろんその月日が、必ずしも十兵衛にとって歓迎すべきものだけではなかったであろうことは、彼のどこか達観したような表情から見て取れるのですが。

 と、十兵衛にばかり目が行ってしまいますが、同時に登場するのが、これもようやく登場のヒロイン三人娘。活発・怜悧・柔和と、それぞれに魅力的な彼女たちの健全な可愛らしさは、同じく今回登場した忍体三人娘の妖艶淫靡な美しさとは好対照で、こちらの活躍もまた、楽しみになるのであります。
(…あ、あと柳生十人衆も初登場ですね、そういえば)


 さて、そんなわけでようやく登場した十兵衛ではありますが、忍体三人娘の一人と対峙したものの、今回は顔見せで、本格的な活躍はまだまだこれから。
 こちらは早速事件の渦中に巻き込まれる形となったヒロイン三人娘の窮地を誰が救い、そしていつ十兵衛が立ち上がるのか。そして、今回は出番が少なかった転生衆の揃い踏みも――

 せがわ版魔界転生、いよいよ本番であります。


「十 忍法魔界転生」第3巻(せがわまさき&山田風太郎 講談社ヤンマガKCスペシャル) Amazon
十 ~忍法魔界転生~(3) (ヤングマガジンコミックス)


関連記事
 「十 忍法魔界転生」第1巻 剣豪たちを現代に甦らせる秘術としての作品
 「十 忍法魔界転生」第2巻 転生という誘惑の意味

|

« 「流れ木」 その男の探し求めたもの | トップページ | 「流動の渦 お髷番承り候」 二つの骨肉の争いの中で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/58379479

この記事へのトラックバック一覧です: 「十 忍法魔界転生」第3巻 故山の剣侠、ついに主人公登場!:

« 「流れ木」 その男の探し求めたもの | トップページ | 「流動の渦 お髷番承り候」 二つの骨肉の争いの中で »