« 「明治・妖モダン」 文明の灯が消し去ったもの | トップページ | 「韓流夢譚」 ○○封印いま破る!? »

2013.10.18

「いかさま博覧亭」同人ドラマCD3 豪華3エピソード収録…?

 掲載webコミック誌の終了等により、残念ながら連載中断状態になっている時代妖怪コメディ「いかさま博覧亭」ドラマCDの第3弾であります。今回は原作エピソード2つ+オリジナルエピソードの、豪華3話構成なのですが…

 白髪眼鏡の妖怪馬鹿・榊が営む両国の見世物小屋・博覧亭を舞台に、そこに集う榊の友人知人、さらには妖怪・付喪神たちを巻き込んでのドタバタ騒動を描く本作。
 今回ももちろん、毎度馬鹿馬鹿しくもテンポのよい妖怪絡みの騒動が起きるわけですが、今回の中心となるのは、尼寺・玄能寺――見かけは可愛らしい外見ながら、強力な法力を持つドSで守銭奴尼僧の空木と、同じく守銭奴尼僧ながら酒癖の悪さと怠け癖で空木に頭の上がらない石蕗の二人の寺であります。

 というわけで、第1話は、本作の前身である「怪異いかさま博覧亭」時代の、玄能寺に曰く付きの品物を漁りにきた榊が、空木に調きょ…封印されていた妖と渡り合う羽目になる「空木と雑霊」。第2話は、現在のところの最新巻である単行本第2巻に収録された、変人河童兄弟を懲らしめようとした榊の企てから、石蕗の意外すぎる過去が語られる「石蕗の過去話」が収録されております。

 正直なところ、内容的にはほとんど原作そのままで、その意味では正直なところファンにとっては新鮮味はないのですが、その分と言うべきか、既に手慣れた声優陣の声の芝居は実に楽しい。
 特に河童兄弟――本物の河童の河太郎を演じた山口勝平と、実はバテレンの河次郎役の岩崎ひろしの暴走ギリギリの熱演は凄まじく、いやこりゃ榊も激怒するわ…と言いたくなるウザ賑やかさで、大いに感心いたしました。


 と、残る1話はオリジナルということで、これは原作漫画が中断している今、ファンにとっては非常に期待していたのですが…
 単行本おまけ漫画の魔法少女八手のオリジナルエピソードでした。

 いや、確かにこれも「いかさま博覧亭」の一部ではありますし、ある意味実にドラマCD的な内容ではありますが。ありますが…
(個人的ながっかり度合いは0.9オレスコくらい)

 やはり時代ものとしての新作は、本編再開を待つほかないのでしょうか、とちょっと悲しくなった次第であります。


「いかさま博覧亭」同人ドラマCD3 Amazon


関連記事
 「怪異いかさま博覧亭」 面白さは本物の妖怪コメディ
 「怪異いかさま博覧亭」第2巻 妖怪馬鹿、真の目的?
 「怪異いかさま博覧亭」第3巻 この面白さに死角なし
 「怪異いかさま博覧亭」第4巻 陰と表裏一体の温かさ
 「怪異いかさま博覧亭」第5巻 博覧亭、これで見納め!?
 「いかさま博覧亭」第1巻 博覧亭、いよいよ新装開店!
 「いかさま博覧亭」第2巻 相変わらずの妖怪騒動
 「いかさま博覧亭」同人ドラマCD いかにもな感触のCD化
 「いかさま博覧亭」同人ドラマCD2 音だけでも楽しい大騒動

|

« 「明治・妖モダン」 文明の灯が消し去ったもの | トップページ | 「韓流夢譚」 ○○封印いま破る!? »

コメント

イブニングで打ち切られた「アバンチュリエ」みたいに別雑誌が拾ってくれる可能性もあるわけですから、希望を捨てずに待ちましょう。

投稿: ジャラル | 2013.10.18 12:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/58384634

この記事へのトラックバック一覧です: 「いかさま博覧亭」同人ドラマCD3 豪華3エピソード収録…?:

« 「明治・妖モダン」 文明の灯が消し去ったもの | トップページ | 「韓流夢譚」 ○○封印いま破る!? »