« 11月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「嶽神伝 無坂」下巻 掟と情と…そして新たなる物語へ »

2013.10.27

「逢魔ヶ辻 晴明と道長」 晴明、藤原三代を動かす?

 少女漫画の世界で一貫して歴史ものを描いてきた河村恵利が、道長に至るまでの藤原家三代と、かの大陰陽師・安倍晴明との不思議な縁を描く、ユニークな恋愛奇譚とでも言うべき作品であります。

 安倍晴明といえば、今や平安時代のスターの一人的扱い、そのビジュアルも美形として描かれることが多いやに思いますが、本作の晴明は垂れ目でちょっと野暮ったい風貌の持ち主。
 しかしその力は本物で、恋の道に悩む藤原家の男たちの前に現れては、不思議な形でその想いを成就させていくことになります。

 実は本作においては晴明は狂言回し的立場。物語の中心となるのは、道長・兼家・師輔と、三代に渡る藤原家の男たち…と、ここで気づいた方もいらっしゃるかと思いますが、本作においては、時代が道長から遡っていくのが面白いところ。
(当然、晴明も老年・青年・少年とそれぞれの年代で登場することになります)

 さて、その第一話は、藤原家とはいわばライバル関係にある家の姫に懸想してしまった道長が、彼女に別れを告げようと思うも直接会いに行く勇気もなく…というところに偶然出会った不思議な老人(もちろん晴明)が、自分と道長の姿を取り替えて姫に会いに行かせるという物語。
 一方第二話は、文を送っても返してくれない姫に落胆した兼家が、文に変わる不思議な鳥を連れた男(もちろん略)とこれまた顔を交換して、姫のもとを訪れることになります。

 こうしてみると、その一とその二で晴明と姿を取り替えるという趣向は重なるところではあります。
 しかしもちろんそれぞれのエピソードで、それぞれの状況を踏まえた伏線の張り方や題材の見せ方が行われているのは言うまでもないお話(特に兼家の懸想する姫に「和歌の才があるとの噂」は、彼女のその後を考えるとなるほど! と)。
 さらに言えばこの展開は、姫君が御簾の向こうで顔を見せないという、この当時ならではの文化ならではのものであって、この辺りの構成の妙は、作者ならではと言えるでしょう。

 もちろん、師輔がある少年(略)に託した恋人への文が、誤って(?)その妹に渡ったことでその後幾年にもわたる不思議な恋の因縁が生まれるという第三話も面白く(君たちはそれでいいのか、と登場人物に対して思いはしますが)、三人三様の恋の形を楽しませていただきました。

 が…この藤原三代の恋の成就が、後の摂関家としての藤原家の栄華を生み出したと考えれば、それを陰で支えた晴明はその立て役者であります。
 そして晴明がその当時の最高権力者となった道長に近しい位置にいたことを思えば――狂言回しどころか、とんだ傀儡師だったのでは、などと考えられるのも、また楽しいところであります。


 なお本書にはあと二編、「逢魔ヶ辻」とは独立した短編が収録されています。

 その一つ「清水聖」は、その名の通り清水坂に庵を結ぶ僧正とふとしたことから知り合った女房が、その日から不思議な美貌の公家につきまとわれるという一編(ちなみにその女房は…という点で、「逢魔ヶ辻」の次の世代に関する物語でもあります)。

 また「平安怪盗伝 真結び」は、以前に刊行された作者の「平安怪盗伝」の新作。
 盗賊と間違えられて腕自慢の貴族に射殺された府生(下級役人)の遺体を持ち去った盗賊・袴垂(という名前は本作では出ませんが)が、実は府生とその家の姫が慕い合っていることを知って強請に出るも…
 と、オチ自体は途中で読めるのですが、凶悪な盗賊が一転皮肉な役回りを演じる辺りは(相変わらずだなあと思いつつも、)実際に平安時代の説話にありそうな味わいだと感じます。

 独立した作品といえど、どちらも恋の病に苦しむ人々を描いたという点では、「逢魔ヶ辻」と共通する作品たちであり、その意味でやはり一貫した作品集と言うべきでしょう。
 妙手の技を楽しませていただきました。


「逢魔ヶ辻 晴明と道長」(河村恵利 秋田書店プリンセスコミックス) Amazon
逢魔ケ辻~晴明と道長~ (プリンセスコミックス)

|

« 11月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「嶽神伝 無坂」下巻 掟と情と…そして新たなる物語へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/58463259

この記事へのトラックバック一覧です: 「逢魔ヶ辻 晴明と道長」 晴明、藤原三代を動かす?:

« 11月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「嶽神伝 無坂」下巻 掟と情と…そして新たなる物語へ »