« 「新・若さま同心徳川竜之助 5 薄闇の唄」 キャラと謎解きと最悪の敵と | トップページ | 「王子降臨」 王子、戦国の荒野に立つ »

2013.11.22

「新笑傲江湖」第4話 理解に苦しむ船上の惨劇、そして新婚初夜?

 さて、ようやく原作冒頭の展開に辿り着いたように見えた「新笑傲江湖」ですが、やっていることは同じはずなのになんだか色々と不安になるような展開。一方、主人公の前に現れた人物の意外な姿は…

 岳霊珊に絡んだのを注意した相手を、DQNの喧嘩のような成り行きで刺し殺してしまった林平之。後になって相手が青城派観主の余滄海の息子だと知り、とりあえず岳霊珊と労徳諾に口止めし、死体を埋めて去ります。
 その晩、船上で語り合う林家の親子。林家の先祖・遠図が家伝の辟邪剣譜でかつて青城派の観主を破ったこと、そして平之に隠していたのはその奥義のことだったと語る父・震南ですが…そこで、風呂(この当時にすごい船ですな…)に入っていた使用人二人が変死しているのが発見されます。
(ちなみに本作では錦衣衛だったらしい林震南は、職を辞して故郷に帰る途中だった模様)

 ここで息子から昼間のいきさつを聞いた林震南は、これが青城派の仕業と気づきますが、時既に遅し。異様な静けさに甲板に出てみれば、船を操っていた者たちは皆そのままの姿勢で殺されているという、金庸というよりは古龍みたいな展開(しかしこれ、船縁にへばりついて様子を窺っていた労徳諾の仕業ではあるまいな…)

 慌てて船底から水中に出る林親子ですが…いや、本当にこの場面の映像がひどい。前回、岳霊珊と林平之が出会った場面でもそうだったのですが、とにかく合成が(CGでデコレーションこそされているものの)数十年前のレベル。そもそも服を完全に着たままで水中を泳ぐというだけでいかがなものかと思うのですが…(青城派には水中で息が出来る奥義があるようですが、林家の人々も十分普通に泳いでいるような)

 原作ではこの辺りの展開は別に船上ではなかったのですが、舞台を変えるのは全く構わないとして、何故映像的に苦しくなる方に変えたのか、理解に苦しみます。
 水中で襲撃を受けた林親子は船上に戻り、船に仕掛けた火薬を爆発させて(ここで樽に隠れただけで爆発から助かるというのも理解不能)逃れようとするのですが、このCGもまたしょっぱいことこの上なし…繰り返しになりますが、オリジナル展開は別に良いものの――というよりむしろ好物ですが――何故描写的に苦しくなる方へ方へと向かうのか。

 閑話休題、何とか陸に逃れた林震南と平之ですが、林夫人は青城派に捕らわれたらしく、覆面を被せられて連行されていきます。そのまま、父子が隠れる前で木に吊され、いたぶられる夫人ですが…我慢できずに飛び出した平之の前で惨殺された覆面の下の顔は別人。
 ここは青城派の悪知恵がさすがだったと言うべきでしょうか(ははあ、これは役者さんが嫌がったので大胆に代役立てるための覆面だな、とか考えてすみませんでした)。

 結局捕まってしまった林親子三人を連行する青城派一門が、途中立ち寄ったのはなんだか穴蔵のような酒場(と言い張る場所)。五毒教でも出てきそうなそこで、一行の前に現れた変装した岳霊珊と労徳諾ですが…ここで出し物と称して強引な人体消失トリック(大きな箱の下に抜け道があるだけ…っていつそんなもの用意した!? というよりこの酒場と華山派の関係は)で林平之は岳霊珊に救出されたものの、追われるうちに二人ははぐれてしまいます。任盈盈と合流した父・岳不群は、林家の船の残骸を調べる青城派を見て、相手の狙いが辟邪剣譜であったと知るのですが…

 さて、別途劉正風の引退の儀に向かった令狐冲は、途中、恒山派の尼僧・儀琳(あ、今回の恒山派は有髪なんですね)おかしな男に絡まれているのを目撃します。この男は江湖で知られた色魔・田伯光…って、「水滸伝」の史進じゃないですか! 何だかもったいないくらいイケメンです。そして令狐冲の前から儀琳を拐かした田伯光は、儀琳ちゃんに「新婚初夜」を迫るのですが…
 新婚初夜って婉曲的表現かと思ったら、その晩、本当に結婚式を行おうとする田伯光(ちなみに儀琳は点穴されています)。花婿衣装を着てはしゃぐ姿は、史進というよりどう見ても周通…

 さらに、結婚式が行われている村に現れたのは、娘姿の東方不敗。自分の配下の曲洋と、劉正風が何やら仲良くしているらしいと、騒動の匂いを嗅ぎつけてやってきたのですが、どう考えてもこっちが騒動の種です。
 そして令狐冲はひそかに儀琳と入れ替わって田伯光を待ち受けるのですが…武術の腕はあるかにあちらが上。ズタズタにされながらも、一歩も引かない令狐冲…というところで次回に続きます。



関連サイト
 公式サイト

関連記事
 「新笑傲江湖」第1話 まさかのエピソードゼロ!?
 「新笑傲江湖」第2話 東方不敗、妓楼に笑う

|

« 「新・若さま同心徳川竜之助 5 薄闇の唄」 キャラと謎解きと最悪の敵と | トップページ | 「王子降臨」 王子、戦国の荒野に立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/58593989

この記事へのトラックバック一覧です: 「新笑傲江湖」第4話 理解に苦しむ船上の惨劇、そして新婚初夜?:

« 「新・若さま同心徳川竜之助 5 薄闇の唄」 キャラと謎解きと最悪の敵と | トップページ | 「王子降臨」 王子、戦国の荒野に立つ »