« 「かたるかたり 志ん輔出世怪噺」 落語+妖怪の爽快成長譚 | トップページ | 「百万のマルコ」 百万長者が教えてくれた自由の翼 »

2013.11.01

「平安怪盗伝」 凶賊転じて恋の天使になる?

 先日紹介いたしました河村恵利の「逢魔ヶ辻」に「平安怪盗伝」を冠した作品が収録されていましたが、今回紹介するのはその本編(?)に当たる作品。作者の時代ロマンシリーズの一つであり、平安京を騒がす盗賊が毎回皮肉な運命に巻き込まれる、ユニークな短編連作であります。

 この連作の主人公…というより狂言回しとなる盗賊は、まだ年若く見かけは盗賊とも思えぬような優男ですが、しかしその実、人殺しなど顔色一つ変えずにやってしまうという男。
 盗みの余罪も山のようにあり、捕らえられればまず処刑は免れない…と、そんな剣呑な人物であります。

 そんな盗賊が、仕事の最中や、追われて逃げ込んだ先で様々な事件に巻き込まれるのですが――

 ある男の着物を奪ったところ、別の男たちに襲われ、返り討ちにした末捕らえられた盗賊のもとをさる姫君が訪れたことから事件の真相が明らかになる「白波夜話」
 役人を斬って追われた末、逃げ込んだ屋敷で、とんでもなく不器用な姫君と出会った盗賊が、彼女の恋する役人と出くわした末の意外な顛末「きつね矢」
 賊に襲われていた姫君と侍女を助け、都まで送っていくこととなった滝口の武士が、その侍女と恋に落ちてしまうも…という「甘露」
 板東武者と駆け落ちしたという姫を探す検非違使が出会った鳥辺野の寺に詣でるという夫婦と童は…「とりべ野」

 以上四話、シチュエーションは様々でありますが、凶暴な盗賊が、いつの間にやら人様のキューピッド役になってしまうという趣向は共通。
 自分の欲望のままに振る舞う(と言いつつも存外人がいいところもあるのですが)盗賊が、一転イイ役になってしまう皮肉さが実に楽しいのです。

 その中でも第二話の「きつね矢」は、姫君のキャラクターと盗賊とのやりとりの面白さもさることながら、何気なく語られた事柄が思わぬ伏線となり、終盤の展開にあっと驚かされた上で真相が明かされるというミステリタッチの構成が面白い。
 姫君が自分で必死に縫っていた衣が…という結末も良く、個人的には本書でベストに挙げたい作品であります。

 ちなみに本作で活躍する盗賊の名が冒頭で語られるのですが、それがなんと袴垂。
 袴垂と言えば、今昔物語集や宇治拾遺物語に登場する「盗人の大将軍」とも呼ばれた盗賊。 後に実在の盗賊であった藤原保輔と同一視(合体)されるなど、なかなかにユニークな人物でありますが…
 このシリーズにおいては、彼はあくまでも狂言回し。袴垂という名も、平安の闇を騒がした盗賊のアイコンと思っておいてよいかもしれません。


 なお、本書にはその他独立した短編が二編収録されています。
 一作目の「涼し音」は、美しい音の琴を弾く姫君に惹かれた色好みの少将が真実の愛に目覚めるも…という作品。これが結末に至り、深草の少将と小野小町のエピソードを裏返して描いたものだとわかる構成がお見事であります。
 もう一作の「野の宮」は伊勢物語に描かれる斎宮のエピソードをベースに、斎宮の恬子内親王と在原業平の禁じられた恋の物語(これは一種の伝説として知られているものであります)として再構成したもの。

 どちらの作品も原典の換骨奪胎が巧みで、他の諸作にも通じる、作者のセンスというものがうかがえる作品であります。


「平安怪盗伝」(河村恵利 秋田書店プリンセスコミックス) Amazon
平安怪盗伝 (プリンセスコミックス)


関連記事
 「逢魔ヶ辻 晴明と道長」 晴明、藤原三代を動かす?

|

« 「かたるかたり 志ん輔出世怪噺」 落語+妖怪の爽快成長譚 | トップページ | 「百万のマルコ」 百万長者が教えてくれた自由の翼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/58463395

この記事へのトラックバック一覧です: 「平安怪盗伝」 凶賊転じて恋の天使になる?:

« 「かたるかたり 志ん輔出世怪噺」 落語+妖怪の爽快成長譚 | トップページ | 「百万のマルコ」 百万長者が教えてくれた自由の翼 »