« 「時代活劇画伝 斬」 「PEACE MAKER鐵」「曇天に笑う」ファン必読の一冊 | トップページ | 「天王船」(その一) こぼれ落ちた奇想の数々 »

2014.01.08

「新笑傲江湖」第7話 ようやく弟子入りした人と遊郭ドタバタ騒動

 久々の紹介となります「新笑傲江湖」、第7話の今回も相変わらず原作通りのようなそうでもないような展開。東方不敗がいる時点でもう原作と異なるわけですが…それでもようやく林平之が華山派に弟子入りすることになります。

 衡山派の劉正風引退式に出席するために集まった正派の総帥たち…ですがその話題は、令狐冲の悪評。本人が死にかけ&行方不明になっている間に、田伯光と一緒に儀琳を拐かし、青城派の弟子を殺害した(これはまあ正しい)ということになっております。
 このままでは欠席裁判で詰め腹を切らされることに、というところに帰ってきたのは件の儀琳、彼女の証言でようやく令狐冲への嫌疑は晴れるのですが…いきなり令狐冲が死んだと言いだし、では死体はと言われたらいつの間にか消えましたと、彼女の発言も大概であります。
(ただまあ、自分は助けられたのに令狐冲が田伯光の一味と明確に嘘をつき、それがばれた後も平然としていた天門道長は人間のクズってはっきりわかんだね)

 と、そこで盗み聞きしていた林平之が見つかってしまい、追いかけた余滄海と木高峰が激突。さらにそこに無数の蜂が入り込み、一同がそれを追い払ううちに、飛び込んできた東方不敗が儀琳をさらっていきます。そしてその後を蝙蝠に追わせる余滄海…こんな技があったとは、いかにも悪人らしくてよろしい。

 さて、その令狐冲は前回描かれたとおり曲洋に救われ、遊郭で(令狐冲を助け、曲洋の力を削ごうとする)東方不敗の命を受けた曲洋に気を吹き込まれておりました。
 ここで曲洋が内力を削って自分に吹き込んでいること、彼が友人のことを心配してることを知った令狐冲は、死にかけの自分のことは構わずに友人のところへ行ってくれと何の躊躇いもなく言い放ちます。
 なるほど、これぞ好漢! と思ってみていたら、その思いは曲洋も同じだったか、高笑いして令狐冲を大いに気に入った様子です。

 そこに曲洋と入れ替わりにやってきたのは儀琳を連れた東方不敗。妓楼の寝台に男が寝ているだけで相手も見ずに顔を伏せるほど無駄におぼこい儀琳が何の役に立つのか…と思いきや、恒山派には秘薬があったのでした。
 と、そこに蝙蝠を追いかけて来たのは余滄海ら正派の面々。顔を合わすと面倒だと逃げる令狐冲たちがよその部屋で出会ったのは、店で遊んでいた田伯光…このドラマ版の田伯光は、色魔というよりアホみたいな女好きで、なかなか面白いキャラであります。

 その田伯光に 武林の連中の足止めを頼んだところ、彼が足止めしたのは恒山派の定逸師太のみというのが、ある意味彼らしいというか…結局、東方不敗と儀琳を庇った令狐冲は余滄海と弟子に見つかってしまうのでした。
 ネチネチ嫌みを言ってくる余滄海ですが、口では令狐冲に勝てるわけがない。カッときて襲いかかってきたところに割って入った…というか割って入らせたのは林平之。なんだかわからないまでも余滄海が狙っているならスゴイものなのだろうと辟邪剣譜を狙うことにした木高峰と余滄海の戦いがここで始まるのですが…(しかし散々狙っておきながら平之の顔を余滄海が知らなかったのは面白い。知らないと言えば、原作と異なり、木高峰は辟邪剣譜の存在を知らなかったのもちょっと面白い)

 ここで掌と掌の激突の間に挟まってしまった平之。二つの気がぶつかる間にいてはとても助からないところですが、余滄海はもちろんのこと、木高峰も引こうとはしません。幸い岳不群が割って入ったおかげで助かった平之は、木高峰に不信を抱き、岳不群に弟子入りを直訴して認められるのでした。
 実は私は林平之の何がいけなかったのか、「笑傲江湖」に触れるたびに思うのですが、要するにこの人は短慮ですぐ周囲が見えなくなってしまうのがいけなかったのだろうなあ…と、この辺りのシーンを見て改めて感じた次第です。

 さて、機転を利かせて余滄海の弟子をダウンさせ、遊郭にはつきものの(?)抜け道から脱出した令狐冲・東方不敗・儀琳。何も考えてない儀琳に強烈な薬を飲まされたおかげで意識朦朧の令狐冲を廃屋に担ぎ込んだ東方不敗はどこかに消え、令狐冲と儀琳のみが残されます。
 ここで令狐冲に薬を塗ってあげる儀琳ですが、男の素肌を見たおかげで、自分がケダモノとなった令狐冲に襲われるのではないか…と失礼な妄想(令狐冲の顔が狼になる無駄なCG付き)を始めた、本当にどうでもいいシーンでこの回は終わります。


 いや、今回本当にドタバタしているうちに終わったな…という印象であります。



関連サイト
 公式サイト

関連記事
 「新笑傲江湖」第1話 まさかのエピソードゼロ!?
 「新笑傲江湖」第2話 東方不敗、妓楼に笑う
 「新笑傲江湖」第3話 マジッククレーン!? そしてようやく原作へ
 「新笑傲江湖」第4話 理解に苦しむ船上の惨劇、そして新婚初夜?
 「新笑傲江湖」第5話 今明かされる田伯光の過去!?
 「新笑傲江湖」第6話 正派と邪派の壁を越える想い(と自分を棚に上げる人)

|

« 「時代活劇画伝 斬」 「PEACE MAKER鐵」「曇天に笑う」ファン必読の一冊 | トップページ | 「天王船」(その一) こぼれ落ちた奇想の数々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/58892319

この記事へのトラックバック一覧です: 「新笑傲江湖」第7話 ようやく弟子入りした人と遊郭ドタバタ騒動:

« 「時代活劇画伝 斬」 「PEACE MAKER鐵」「曇天に笑う」ファン必読の一冊 | トップページ | 「天王船」(その一) こぼれ落ちた奇想の数々 »