« 「長屋の神さま」 人情と神情が交わるところに | トップページ | 「妖草師」 常世に生まれ、人の心に育つ妖しの草に挑め »

2014.02.16

「妖怪ぞろぞろ俳句の本」 妖怪と俳句に見る人間と自然の関わり

 今回は、直接時代ものというわけではありませんが、江戸時代の文化に関連したユニークな児童書をご紹介。妖怪や神仏に関する俳句ばかりを集めた、カラフルで楽しい絵本であります。

 「妖怪・動物」と「鬼神・超人」の上下巻に分かれた本書は、タイトルどおりにそれぞれ25句の俳句を収録し、その句と、その題材となった妖怪神仏の解説を掲載したもの。
 見開きで一つの句を収録し、そこにカラーのイラストが付されているのも、目に楽しいところです。

 さて、そもそも本書のコンセプトたる、妖怪と俳句の取り合わせですが、果たしてそれはアリなのか、と疑問に思われる向きもあるかもしれません。
 しかし本書を見るまでもなく、妖怪を題材とした俳句は存外に多いのであります。特に妖怪を題材にした俳句が多いのは与謝蕪村ですが、蕪村はそもそもが妖怪好きであったらしく、現在は残念ながら散逸しているものの、「蕪村妖怪絵巻」として知られる自筆の絵巻をものしているくらいなのですから…(ちなみに折口真喜子「踊る猫」は、そんな蕪村を主人公とした短編集です)

 そして何よりも、本書は上巻の冒頭で、俳句と妖怪の取り合わせが、それほど奇妙なものではないことを、上巻の冒頭で極めて明確に説明します。
 すなわち日本では「自然との関わり方」として「技術ではなく、自分たちの意識を変えることで、理解できない不思議なことや自然界の恐怖をやらわげ」てきたのが「妖怪」であると――そして一方で自然の感動を詠んだのが俳句であるならば、ともに人間の自然との対面の仕方として、等しいものがあるのだと。

 なるほど、大いに納得できるではありませんか。


 そんな本書の五十句の俳句のうち、個人的に特に印象に残ったものを挙げれば――
「手をうてば木魂に明る夏の月」松尾芭蕉
「みのむしや秋ひだるしと鳴なめり」与謝蕪村
「陽炎や猫にもたかる歩行神」小林一茶
「秋たつや何におどろく陰陽師」与謝蕪村

 うち、何故ミノムシが、と思われるかもしれませんが、ミノムシは鬼の父親から生まれた子という伝承が「枕草子」などにあるとのこと。恥ずかしながら私はこの話を知らなかったのですが、いや、なかなか勉強になる(?)ものです。


 最後になりますが、本書の挿絵を担当しているのは山口マオ。二本足で歩く猫とも人ともつかぬ不思議な「マオ猫」の生みの親、と言えばご存じの方も多いでしょう。
 本書のイラストも、あの独特の、ユーモラスでいてどこかシュールな感覚で、妖怪と俳句の世界を切り出すという難事を軽々とクリアしています。
(そしてほとんど挿絵で登場しているマオ猫)


 パラパラとめくってみて、感心したりクスッとしたり――気軽に読める、しかしなかなかに内容の濃い絵本であります。


「妖怪ぞろぞろ俳句の本」(古舘綾子&山口マオ 童心社) 上巻 Amazon/ 下巻 Amazon
妖怪ぞろぞろ俳句の本〈上〉妖怪・動物妖怪ぞろぞろ俳句の本〈下〉鬼神・超人

|

« 「長屋の神さま」 人情と神情が交わるところに | トップページ | 「妖草師」 常世に生まれ、人の心に育つ妖しの草に挑め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/59145992

この記事へのトラックバック一覧です: 「妖怪ぞろぞろ俳句の本」 妖怪と俳句に見る人間と自然の関わり:

« 「長屋の神さま」 人情と神情が交わるところに | トップページ | 「妖草師」 常世に生まれ、人の心に育つ妖しの草に挑め »