« 「剣と旗と城 旗の巻」 揃った役者が向かう先は | トップページ | 「猫絵十兵衛御伽草紙」第9巻 女性たちの活躍と猫たちの魅力と »

2014.05.17

「平安Haze」 桃太郎・金太郎・浦島太郎、平安の鬼に挑む

 源頼光に仕えることになった幼なじみの金太郎とともに京の都に出てきた桃太郎。都に出るなり百鬼夜行に出くわした桃太郎は、安倍晴明に助けられるが、その正体は…。そんな中、都を騒がす鬼たちが、帝も関心を持つかぐや姫を狙っていた。金太郎たちとともに、姫を守ろうとする桃太郎だが…

 今から約7年前に「コミック怪」誌に連載された、堤抄子の非常にユニークな平安ファンタジーであります。

 物語のメインの背景となるのは、源頼光と配下の四天王の鬼――大江山の酒呑童子退治の物語。
 …というのはさほど珍しくない、というより大変有名なエピソードですが、本作が何よりもユニークなのは、そこに絡むのが桃太郎、金太郎、浦島太郎といった、おとぎ話の主人公たちである点であります。

 なるほど、金太郎は頼光四天王の一人・坂田金時。彼が登場することはむしろ当然ですが、桃太郎と浦島太郎を含めた三人が幼なじみ同士というのは、何よりの独自性であります(二人ともモデルはいるわけですが、それは本作においてはオミット)。
 さらに鬼が狙うヒロインはかぐや姫、彼女の親友は若き日の紫式部(もちろん誌基部ではなく、「紫」という名の少女として登場)、帝の(中宮の定子の)側には清少納言。さらにはゲストキャラとして三年寝太郎と一寸法師が意外な形で…

 と、こう書いてしまうとまるでギャグのように聞こえるかもしれませんが、それを丁寧にディテールを積み上げることで歴としたオールスターの伝奇活劇として成立しているのが素晴らしい。
 一人一人のキャラクターが、原典のそれを踏まえつつも本作ならではのアレンジを加えられ、大きな物語の中に、ぴったりとその位置がはまって感じられる…それが本作ならではの「リアリティ」を生み出しているのであります。

 全体的に比較的派手さを抑えた描写と展開のため、作品的に地味に感じられる部分はあり、そこは勿体なく感じる点ではあるのですが――これは作者のカラーと言うべきでしょうか。


 ちなみに本作は単行本全2巻相当の分量であったところ、第1巻が発売されたものの、第2巻が発売されずじまいであった作品。
 それが絶版作品等を電子書籍として無料配信するJコミにおいて、未刊行部分も配信されたものであります。

 電子書籍自体はもう珍しくありませんが、こうした形で隠れた名品に再会できるようになったのは、何ともありがたいことです。


「平安Haze」(堤抄子 Jコミ 全2巻) Jコミ

|

« 「剣と旗と城 旗の巻」 揃った役者が向かう先は | トップページ | 「猫絵十兵衛御伽草紙」第9巻 女性たちの活躍と猫たちの魅力と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/59660554

この記事へのトラックバック一覧です: 「平安Haze」 桃太郎・金太郎・浦島太郎、平安の鬼に挑む:

« 「剣と旗と城 旗の巻」 揃った役者が向かう先は | トップページ | 「猫絵十兵衛御伽草紙」第9巻 女性たちの活躍と猫たちの魅力と »