« 「遠野物語remix」(その2) 加除により生まれ変わる物語 | トップページ | 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次花語り」第1巻 時代に散る花の物語、開幕 »

2014.07.31

「必殺仕事人2014」 仕事人と仇討ち屋の間にあるものは

 ある晩、渡辺小五郎の前に表れ、これからの激動を予告する安倍川の仙吉。その言葉通り、復讐代行業「仇討ち屋」が幕府により許可され、仕事人の出番はなくなってしまう。一方、とある村の寺に厄介になっていた経師屋の涼次は、住職の隆斎とその息子・隆生と出会うのだが…

 レギュラーシリーズであった「必殺仕事人2009」以来、ほぼ一年に一作のペースでスペシャルが制作されてきた、東山紀之演じる渡辺小五郎主演の必殺シリーズ最新作であります。
 当初からの仕事人チームは、他には経師屋の涼次(松岡昌宏)と花御殿のお菊(和久井映見)だけになってしまいましたが、今回は初の平成生まれが演じるニューフェイス・隆生(知念侑李)が登場。脇を高橋英樹や中村梅雀が固めるという、それなりの布陣となっております。

 冒頭から描かれるのは、小五郎によるヤクザへの仕掛け。首尾よく仕留めたものの、依頼人の子供は団子を買う鐚銭すらなくし、仕事の翌朝には冷たくなっていた…
 と、小銭で仕事を請け負う印象が多かった小五郎チームにカウンターを食らわせるような開幕であります。

 さて、良くも悪くも時事ネタとは無縁でいられない必殺シリーズでありますが、今回題材となっているのは、TPPと…それ以上に、東京オリンピックに向けたいわゆる町の浄化作戦。
 開国に向けて招いた海外の視察団が江戸を訪れる前に、江戸の悪所を一掃しようともくろんだ開国派の若手老中・加門により、江戸に「仇討ち屋」なる商売が認められたことをきっかけに大騒動が起きることとなります。

 この「仇討ち屋」、簡単に言ってしまえば復讐代行業。町の人々の依頼で恨み重なる相手に制裁を――すなわち殺しを――請け負うという、仕事人と同様の存在ながら、決定的に異なるのはこれが表の稼業であること。
 かつて小五郎たちと因縁のあった同業者・安倍川の仙吉(高橋英樹)らは、この仇討ち屋として、大手を振って仕事を行うようになります。

 しかし急に規模が大きくなれば綻びが生じるのも当然の話であります。仕掛ける相手を間違えて別人を殺した、相手に返り討ちにされた…仇討ち屋に関するトラブルも続発し、さらに公然と暴力を振るう彼らの存在に、次第に町の人々は恐怖を感じるようになっていきます。

 そこに現れたのが、父の仇を追って江戸にやってきた少年・隆生と許嫁のおつう。故郷で涼次と、そして江戸で小五郎とおかしな縁で知り合った隆生は、復讐に猛る心を次第に沈めていくのですが…


 これまで、悪徳仕事人、ライバル仕事人登場というのは(特にスペシャルでは)珍しくないパターンでありますが、しかし今回決定的に異なるのは、彼らが幕府公認という点であることは言うまでもありますまい。
 そこに働くのは幕府側の思惑…というのは当たり前と言えば当たり前ですが、それだけでなく、復讐を望む側も軽い気持ちで、覚悟なく依頼してくるという描写があるのは、なるほど面白い視点であります。

 この幕府側の強引かつ浅薄なやり口に、安易に暴力に走る者たちとそれを許容する者たちが加わって起きる狂奔の中に、薄幸の若きカップルが巻き込まれて…というのが今回の展開。
 権力の手で守られることのなかった人々の恨みを晴らすはずの仕事人がその権力自体によって作られ、そしてそれがさらに無辜の人々を害し、新たな仕事人を生み出す…という極めて皮肉に満ちた展開は、なかなかに魅力的であります。


 …が、どうにも引っかかってしまうのは、本来であれば本作の肝であろう、仕事人と仇討ち屋の違いが、ほとんど全く作中から伝わって来なかった点であります。

 晴らせぬ恨みを晴らすための暴力は許されるのか、暴力はさらなる暴力を生むだけではないのか――
 ある意味、悪を討つ(公権力に属さない)正義の味方につきまとう問題を、最も先鋭化した形で描くことが可能な、いや描かなければならない「必殺」という物語。

 それをスルーしたのでは、本作は単なる荒唐無稽な時代劇となってしまいます。
 上で触れた冒頭のシーケンス、あるいは初めての仕事での隆生の言葉など、印象に残る部分も少なくないのですが、もう少し設定を活かした物語が描けたのではないかと、久しぶりの再会にも関わらず感じてしまったというのが正直なところであります。

関連サイト
 公式サイト


関連記事
 今ごろ「必殺仕事人2007」
 「必殺仕事人2009」 一年半ぶり、帰ってきた仕事人!
 「必殺仕事人2009」第01話 ひねりにひねった変化球
 「必殺仕事人2009」第02話&第03話をまとめて
 「必殺仕事人2009」第04話「薬物地獄」
 「必殺仕事人2009」第06話「夫殺し」
 「必殺仕事人2009」 第8話「一発勝負」
 「必殺仕事人2009」 第10話「鬼の末路」
 「必殺仕事人2009」 第11話「仕事人、死す!!」
 「必殺仕事人2009」 第13話「給付金VS新仕事人」
 「必殺仕事人2009」 第14話「武士の異常愛」
 「必殺仕事人2009」 第17話「ゴミ屋敷」
 「必殺仕事人2009」 第21話「最終章~仕事人狩り!」
 「必殺仕事人2009」 最終話「最後の大仕事!!」
 「必殺仕事人2010」 帰ってきた小五郎チーム!

|

« 「遠野物語remix」(その2) 加除により生まれ変わる物語 | トップページ | 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次花語り」第1巻 時代に散る花の物語、開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/60060403

この記事へのトラックバック一覧です: 「必殺仕事人2014」 仕事人と仇討ち屋の間にあるものは:

« 「遠野物語remix」(その2) 加除により生まれ変わる物語 | トップページ | 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次花語り」第1巻 時代に散る花の物語、開幕 »