« 「読楽」2014年7月号 短編特集「斬撃の輪舞曲」(その1) | トップページ | 「天保水滸伝」 己の道を貫いた竜の美しき心意気 »

2014.07.01

「読楽」2014年7月号 短編特集「斬撃の輪舞曲」(その2)

 「読楽」誌7月号の時代伝奇小説特集「斬撃の輪舞曲」掲載作品の紹介、後半であります。全四編のうち、今回紹介するのは残り二編、いずれもユニークな作品であります。

「狐剣は摧れず」(荒山徹)

 主君の愛妾の正体が狐であると知ってしまった弦之丞。彼女を斬る決意を固める弦之丞だが、その背後には意外な真実があった。

 当代、時代伝奇小説といった時に、時代伝奇ラブに燃えるこの作者を無視するわけにはいきますまい。先日も超古代伝奇「シャクチ」が文庫化されたばかりの荒山徹であります。
 そして本作のタイトルは…先生、今度は柴錬ですか、と言いたくなるのですが(そして中身はほとんど全く関係ないのがまた)、それはさておき、作者一流の奇想と描写力に支えられた伝奇活劇であります。

 宿直の晩、偶然迷い込んだ先で、主君の寵愛する葛葉御前のシルエットが狐に変わるのを目撃してしまった夕霧弦之丞。彼の仕える渡辺基綱が領する和泉国は、かねてより美女に変じた狐の伝説が伝わる地であり、彼女が妖魔の眷属であることを確信した弦之丞は、決死の覚悟を固めるのですが…

 正直に申し上げれば、葛葉御前のネーミングの時点で題材はわかってしまうように感じられる本作。しかしそれは早計、物語の半分しか理解していないことを思い知らされます。
 一転、舞台を江戸に移して描かれるのは、これも作者らしい無惨かつ怪異な一幕。果たしてこれが、和泉国での妖狐の跳梁と如何に結びつくかと思いきや――いや、やられました。

 メジャーな題材を用いつつも、そこに一ひねりも二ひねりも加えた上で、恐るべき超常の暗闘を描いてみせるのは、これは作者ならではと言うべきでありましょう。
 ただ残念なのは、この物語は、短編で描くには少々分量が足りないことで――その気になれば長編一本もいけるアイディア、ぜひともその全貌を見てみたいものです。


「妖刀・籠釣瓶」(毛利亘宏)

 顔の醜い痣から女と無縁の次郎左衛門の慰めは、妖刀・籠釣瓶だった。しかし彼が花魁・八ッ橋に惹かれた時、惨劇の扉が…

 特集最後に収められた本作ですが…恥ずかしながら、これを読むまで作者のことは存じ上げませんでした。巻末の作者紹介を見てみれば、劇団の主催であり、「仮面ライダーオーズ」「ゴーバスターズ」といった特撮ものの脚本も書かれている方とのこと。

 そんな作者の本作もまた、見る人が見れば、本作のタイトル、そして主人公――佐野次郎左衛門の名から、いかなる物語であるかは容易に予想できるでしょう。
 …そしてまた、その予想は裏切られることとなります。なぜならば本作の語り手は、タイトルにある籠釣瓶、己の意志を持つ妖刀たる「彼女」なのですから。

 生真面目に商売を続け、江戸でもそれなりに知られるようになった商人の次郎左衛門。しかし生来の醜い痣から女に相手にされなかった彼の楽しみは、籠釣瓶の刀身に己の顔を――痣のない部分を映して見ることでありました。そんな彼が、ある日付き合いで連れて行かれた吉原で、己の痣を恐れない八ッ橋太夫と出会ったことで、二人の、籠釣瓶の、いや周囲の人々の運命は大きく狂っていくことになります。

 本作のベースとなっているのは、史実上のとある事件であり、上でほのめかしたように歌舞伎「籠釣瓶花街酔醒」であります。そして本作の、これまで異性に愛されなかった男が愛を見つけるものの、裏切られて…というプロットもまた、新味ないと言えるでしょう。

 しかしそれが、刀から、それも本来であれば人の血を見なければ収まらない、しかし持ち主を(異性として)愛してしまった妖刀からという第三者の視点から描くことで、本作は生まれ変わります。
 そこにあるのは、異常な、そして哀切な三角関係の物語であり――次郎左衛門も八ッ橋も、そこで通り一遍のものではない、複雑な人格を持った「人間」として生まれ変わるのであります。

 繰り返し述べたとおり、結末自体は予想がつくものではあります。その点は物足りなくはありますが、しかしそこに浮かび上がる心の有り様には奇妙に惹かれる――そんな作品であります。


 以上四編、一口に時代伝奇小説といっても、そして特集のタイトルにあるように刀(剣戟)をモチーフとしつつも、しかし内容は実に個性的な作品揃い。
 時代伝奇ものの持つ自由さ、豊穣さを示すものとして、第二弾、第三弾にも期待したくなってしまうのであります。


「読楽」2014年7月号(徳間書店) Amazon
読楽 2014年 07月号 [雑誌]


関連記事
 「読楽」2014年1月号 「時代小説ワンダー2014」(その1)
 「読楽」2014年1月号 「時代小説ワンダー2014」(その2)

|

« 「読楽」2014年7月号 短編特集「斬撃の輪舞曲」(その1) | トップページ | 「天保水滸伝」 己の道を貫いた竜の美しき心意気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/59895235

この記事へのトラックバック一覧です: 「読楽」2014年7月号 短編特集「斬撃の輪舞曲」(その2):

« 「読楽」2014年7月号 短編特集「斬撃の輪舞曲」(その1) | トップページ | 「天保水滸伝」 己の道を貫いた竜の美しき心意気 »