« 8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「遠野物語remix」(その2) 加除により生まれ変わる物語 »

2014.07.29

「遠野物語remix」(その1) 再構成された物語の世界

 柳田國男のあの「遠野物語」に、京極夏彦が新たな命を吹き込んでみせた「遠野物語remix」が文庫化されました。以前から気になっていた一冊でありましたが、この度の文庫化は2バージョン、通常版と、「遠野物語」の原典が併録されたものが刊行されております。

 「遠野物語」については、ここでくだくだしく述べる必要はありますまい。柳田国男が、遠野出身の友人・佐々木鏡石から聞き取ったその土地の様々な言い伝え、風聞を記した同書は、柳田にとって、そして何よりも日本の民俗学にとって、大きな意味を持つものであります。

 それに京極夏彦が手を加えたものが本書というわけですが…やはり何よりも気になるのは、タイトルに冠された「remix」の一語でありましょう。リライトではなくリミックス…何やら不思議な気がしますが、なるほど、一読すればリミックスと呼ぶほかないことがよくわかります。

 京極夏彦は、考えてみればその作品のかなりの割合で、古典を題材としている作家ですが、直接的に古典に手を加えたと言えば、思い出されるのは「旧怪談」。
 根岸鎮衛の「耳嚢」を現代風に訳した作品でしたが、これがリライトだとすれば、本作はやはりそれとは似て非なるものでしょう。

 本作は、その基本は原典に忠実に、その内容を現代語で記したものと言えます。それにremixが冠されている最大の理由は、やはり各挿話を、原典の収録順ではなく、作者(京極夏彦)の基準で並べ替えていることでありましょう。

 原典をご覧になれば瞭然ですが、原典の挿話の収録順は、その内容に依ってないと申しましょうか――悪く言えば雑然と、おそらくは語られた順、書き留めた順そのままに、内容・題材とは無関係に並んでいるのであります。
 それが本作においては、いったん原典の順番をリセットし、似たような題材、近しい内容、共通する人物の挿話をまとめることにより、「遠野物語」をあたかも一つの――あるいは幾つかの章にわかれた――「物語」として、再構成してみせるのです。

 しかし――(次回に続きます)


「遠野物語remix 付・遠野物語」(京極夏彦/柳田國男 角川ソフィア文庫) Amazon
遠野物語remix 付・遠野物語 (角川ソフィア文庫)


関連記事
 「旧怪談」 怪談の足し算引き算

|

« 8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「遠野物語remix」(その2) 加除により生まれ変わる物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/60054679

この記事へのトラックバック一覧です: 「遠野物語remix」(その1) 再構成された物語の世界:

« 8月の時代伝奇アイテム発売スケジュール | トップページ | 「遠野物語remix」(その2) 加除により生まれ変わる物語 »