« 「必殺仕事人2014」 仕事人と仇討ち屋の間にあるものは | トップページ | 『ますらお 秘本義経記 修羅の章』 「義経たち」の叫びの先に »

2014.08.01

「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次花語り」第1巻 時代に散る花の物語、開幕

「義風堂々!! 直江兼続」の第3シリーズにして最終シリーズ、「前田慶次花語り」の第1巻が刊行されました。原作は言うまでもなく原哲夫、作画担当は出口真人に替わり、豊臣秀吉の死から関ヶ原の戦に向かう怒濤の時代と、そこに生き、散っていった男たちの姿が描き出されることとなります。

 これまで、第1シリーズの「月語り」では、信長の時代を主な背景に兼続の青春時代と主君・上杉景勝との絆を、そして第2シリーズ「酒語り」では秀吉の天下取りを背景に兼続の出生の秘密が隠されたアイテムの争奪戦を描いてきた「義風堂々!! 直江兼続」。

 そしてこの「花語り」では、幕府樹立を狙う徳川家康とそれに抗する石田三成らの決戦である関ヶ原の戦――戦国時代の終わりの始まりが描かれることになります。
 その関ヶ原において上杉家が、兼続が独自の、大きな役割を果たしたことは言うまでもありません。本作においては、そんな彼の姿もまた、当然描かれることになるのでしょう。

 さて、「義風堂々!! 直江兼続」シリーズは、元々原哲夫の「花の慶次 雲のかなたに」のスピンオフという扱いであったと記憶しています。
 その「花の慶次」の終盤では、関ヶ原の戦前後の慶次の姿が描かれましたが、戦そのものはさして描かれていなかった印象。いわばミッシングリンクと言える部分であり、それがこうして読めるというのはなかなか感慨深いものがあります。

 しかしこの第1巻で描かれるは、まだ戦の2年前の時点。秀吉の死と、それを機にしての家康の暗躍、そして三成の苦闘が描かれることとなります。
 その中で中心となるのは、やはり三成の存在。兼続の親友であったことを考えれば当然かとは思いますが、本作においては敬愛する秀吉の死に涙を流し、家康の野望に苦しむ姿は、ほとんど主人公扱いと感じられます。

 この辺り、「花の慶次」で三成がさんざんコケにされていた姿を思うと隔世の感がありますが、フィクションの世界での三成観の変化もあると思うべきでしょうか。

 一方、兼続の方は、旧シリーズから登場している豊臣方の忍び・乱裁道宗によって秀吉の死と、豊臣家守護を託され…という扱い(北条氏康も武田信玄も、子には上杉謙信を頼れと遺言していたから、というロジックがちょっと面白い)。


 というわけで、この第1巻ではこれから三成が朝鮮からの撤兵調整に向かうという時点で、物語はまだまだこれから。
 唯一気になったのは、冒頭で触れたとおり、今回から交代となった作画が、明らかにパワーダウンしていることなのですが…

 ちらりと出てきた秀忠のキャラが、どう見ても隆慶作品の秀忠像だったり、家康の周りには影武者だらけという台詞があったりと、個人的にはツボの部分もあるのですが…
(もっともこの辺り、隆慶作品とはややこしい関係となっている本シリーズのことを考えると複雑な気分ではありますが…)

 物語はこれからが本番、この先の展開に期待しましょう。


「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次花語り」第1巻(出口真人&原哲夫・堀江信彦 徳間書店ゼノンコミックス) Amazon
義風堂々!!直江兼続 ~前田慶次花語り 1 (ゼノンコミックス)


関連記事
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」 雲の兼続起つ!
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第2巻 与六という爆弾!?
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第3巻 義の子・与六が行く
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第4巻 ついにあの男が登場!
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第5巻 己の義を通す者たち
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第6巻 兼続・慶次いよいよ見参!
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第8巻 秀吉の欲したもの
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次月語り」第9巻 そして新たなる時代へ
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第1巻
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第2巻 またもやの秘密…
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第3巻 義風は吹けども…
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第4巻 その男の眼帯の下に
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第5巻 動かぬ証拠は何処に
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第6巻 史実の裏表を行く二つの物語
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第7巻 大秘事争奪戦の意外な乱入者!?
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第8巻 兼続出陣、そして意外な助っ人?
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第9巻 兼続、知謀の働きを見せる?
 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次酒語り」第10巻 決着、地蔵菩薩争奪戦

|

« 「必殺仕事人2014」 仕事人と仇討ち屋の間にあるものは | トップページ | 『ますらお 秘本義経記 修羅の章』 「義経たち」の叫びの先に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/60054699

この記事へのトラックバック一覧です: 「義風堂々!! 直江兼続 前田慶次花語り」第1巻 時代に散る花の物語、開幕:

« 「必殺仕事人2014」 仕事人と仇討ち屋の間にあるものは | トップページ | 『ますらお 秘本義経記 修羅の章』 「義経たち」の叫びの先に »