« 『メイザース ソロモンの魔術師と明治の文豪』第1巻 近代合理精神と古怪な魔術と | トップページ | 『荒神』 怪獣の猛威と人間の善意と »

2014.09.23

10月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 いつ終わるのかと思っていた暑さがフッと途切れ、日差しは強いものの不快感はない、そんな秋の空気が感じられる毎日となってきました。秋といえば断然、読書の秋…というのは毎年言っている気もしますが、やはり秋は読書が似合う季節、10月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 文庫小説の方は、新作・新登場は一点のみなのですが、しかしこれが大注目作。
 風野真知雄『くノ一秘録 1 死霊大名』――タイトルからしてそそられますが、舞台は戦国時代、主人公のくノ一が挑む相手は松永久秀と、バリバリの伝奇ものであります。 作者の戦国伝奇は実に久しぶり、これに期待するなという方が無理でしょう。

 その他、シリーズものの新刊としては、上田秀人『お髷番承り候 9 登竜の標』、友野詳『あやかし秘帖千槍組』第2巻、瀬川貴次『ばけもの好む中将』第3巻と、やはり数は多くないものの、粒よりの作品が刊行されます。

 文庫化では、乾緑郎の『忍び秘伝』が『塞の巫女 甲州忍び秘伝』のタイトルで登場。
 また、8月末に誕生したばかりの新レーベル・新潮文庫nexからは、三國青葉『かおばな憑依帖』が刊行されます。初刊時には色々と厳しいことを書きましたが、色々と改稿されているとのことで期待しております。
 そして武内涼『忍びの森』が光文社文庫から…ん? これは?


 漫画の方では、新作でなんと言っても注目は、映画第三弾が上映されたばかりの和月伸宏『るろうに剣心・裏幕 炎を統べる』。映画タイアップではありますが、それに留まらない作者ならではの作品です。
 そのほか、「お江戸ねこぱんち」で連載中の天体観測にまつわる美しい物語、ねこしみず美濃『猫暦』、原作を遙か彼方に置き去りにして爆走する森秀樹&半村良『戦国自衛隊』も第1巻が登場です。

 そしてシリーズものの新刊で目を引くのは、波津彬子『雨柳堂夢咄』第15巻。こういう表現は失礼かとは思いますが、前巻からたった1年で! というのはファンとして嬉しい驚きであります。

 そしてそのほかにも灰原薬『応天の門』第2巻、幸田廣信&太田ぐいや『蒼眼赤髪 ローマから来た戦国武将』第2巻、唐々煙『煉獄に笑う』第2巻、杉山小弥花『明治失業忍法帖じゃじゃ馬主君とリストラ忍者』第6巻、梶川卓郎&西村ミツル『信長のシェフ』第11巻、霜月かいり『BRAVE10 S』第6巻、荻野真『孔雀王 戦国転生』第2巻、とみ新蔵『剣術抄』第2巻、重野なおき『軍師 黒田官兵衛伝』第2巻…

 と、平安から戦国、明治時代まで楽しみな作品揃い。新刊を追いかけているだけで10月が終わってしまいそうな勢いであります。



|

« 『メイザース ソロモンの魔術師と明治の文豪』第1巻 近代合理精神と古怪な魔術と | トップページ | 『荒神』 怪獣の猛威と人間の善意と »

コメント

10月27日に「ドリフターズ」第四巻が発売されていました! 内容は表紙になっている廃棄物のあの方と島津豊久が激突! 「島津、島津、島津!」と襲いかかる幕末最強クラスの剣士にどう戦うか? 次巻が楽しみになる展開でした。

投稿: ジャラル | 2014.11.01 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/60363332

この記事へのトラックバック一覧です: 10月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 『メイザース ソロモンの魔術師と明治の文豪』第1巻 近代合理精神と古怪な魔術と | トップページ | 『荒神』 怪獣の猛威と人間の善意と »