« 『信長の忍び外伝 尾張統一記』第1巻 内憂外患、若き日の信長 | トップページ | 『十 忍法魔界転生』第5巻 本戦開始直前、ゲームのルール定まる »

2014.09.09

『信長の忍び』第8巻 二つのクライマックス、二人の忍び

 前回紹介した『信長の忍び外伝 尾張統一記』第1巻と同時に、『信長の忍び』本編の最新巻も発売されました。その第8巻で描かれるのは、徳川家康と武田信玄が激突した三方原の戦。そして信玄を巡り、信長の忍び・千鳥は恐るべき強敵と激突するのですが…

 これまでほとんどの場合、信長の近くで戦ってきた千鳥ですが、この巻ではほとんど全編、信長のもとを離れて活動することとなります。

 大げさに言えば、それではタイトルに偽りあり、かといえばもちろんそんなことはなく、彼女が向かった先は、進撃する信玄を迎え撃つ立場にある、信長の同盟者・家康の陣。
 そしてこの時期に信長を窮地に陥れていた包囲網の要が信玄であったことを思えば、これもまた、信長の忍びの戦いであることは間違いありますまい。

 そんなこの巻のクライマックスは、もちろん三方原の戦でありましょう。
 徳川軍と武田軍、ともにこれまであまりメインになることのなかった両者ですが、今回はこれまでの分を一気に取り返すかのように大活躍。本作らしく史実をきっちりと踏まえながらも、そこに一ひねり二ひねり(ギャグを)加えてキャラを立ててくる手法はもちろん健在で、武田四名臣など、ずっと以前からいたような存在感なのが楽しい。

 楽しいといえば、これまでどちらかといえば地味な存在だった家康も大活躍。三方原の家康といえば…な、あのイベント(?)も容赦なく発生しますし、(『尾張統一記』にもちらりと顔を出していましたが)正室の瀬名(築山殿)の富んだヤンデレっぷりも見事なのであります。


 しかし――この巻の史実上のクライマックスが三方原の戦だとすれば、千鳥の物語のクライマックスはむしろその後、であります。

 戦ののちに不可解な動きを見せる武田軍にある疑念を抱き、甲州に潜入した千鳥。そしてその前に立ちふさがるのが、信玄の忍び・望月千代女であります。

 実在の(?)忍びである千代女ですが、本作で描かれるその姿は――本作らしい、ちょっと間の抜けたところもあるものの――千鳥よりもはるかに忍びのイメージに近い、すなわち非情の存在。
 千鳥であればできない、あるいは躊躇うであろう手段を使ってくる彼女は、ある意味ネガの千鳥とも言うべき存在なのであります(共通するのは、共に主君に絶対的な忠誠と敬愛を抱いている点でしょうか)。

 そんな自分と互角以上の相手との対決の末に千鳥を待つ運命は…
 いやはや、比叡山焼き討ちの際もそうであったように、時に驚くほど冷徹な描写も躊躇わずに投入してくる本作ですが、まさかここでこう来るとは、と驚くような展開。

 正直に申し上げれば――本作の可愛らしい絵柄であってすら――かなりキツい展開なのですが、ここで助蔵が思わぬ意地を見せ(今回どう考えてもフラグを立てまくりなのですが、さて)、物語は、そして歴史は大きく動き出すこととなるのですが…
 ここで次巻に続く、というのが何とも心憎いところであります。


 ちなみに巻末には、連載150回記念小説として雑誌掲載された西尾維新による短編「りぽぐらの忍び」を収録。
 タイトルどおりリポグラム…というよりむしろその逆の千鳥が(ある意味)出ずっぱり状態ですが、武田軍の側から描くことにより、千鳥を得体の知れぬ存在として描く試みはなかなかユニークでありました。

(個人的には「剣士」「剣士」と連呼されているのが色々な意味で気になりましたが…)


『信長の忍び』第8巻(重野なおき 白泉社ジェッツコミックス) Amazon
信長の忍び 8 (ジェッツコミックス)


関連記事
 「信長の忍び」第1巻 忍びから見た信長記
 「信長の忍び」第3巻 千鳥と二人の戦国大名
 「信長の忍び」第4巻 まさかまさかのシリアス展開!?
 「信長の忍び」第5巻&「戦国雀王のぶながさん」 シリアス(?)とコメディの信長二本立て
 「信長の忍び」第6巻 長編四コマ漫画というスタイルと歴史を描くということ
 「信長の忍び」第7巻 くノ一、比叡山に地獄を生む

|

« 『信長の忍び外伝 尾張統一記』第1巻 内憂外患、若き日の信長 | トップページ | 『十 忍法魔界転生』第5巻 本戦開始直前、ゲームのルール定まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/60277857

この記事へのトラックバック一覧です: 『信長の忍び』第8巻 二つのクライマックス、二人の忍び:

« 『信長の忍び外伝 尾張統一記』第1巻 内憂外患、若き日の信長 | トップページ | 『十 忍法魔界転生』第5巻 本戦開始直前、ゲームのルール定まる »