« 『蔦屋』 彼を縛るもの、力づけるもの | トップページ | 『ばけもの好む中将 参 天狗の神隠し』 怪異を好む者、弄ぶ者 »

2014.10.27

『もぐら屋化物語 3 用心棒は就活中』 内藤新宿崩壊の危機!?

 内藤新宿の旅籠・土龍屋を守る百年土龍のムグラさまと喧嘩した末、飛び出してしまった楠岡平馬。間の悪いことに、宿場を守る閻魔像の目玉を盗んだと疑われた平馬は、目玉を探して奔走する。そんな中、牢屋に囚われていた謎めいた優男・高村と知り合う平馬だが、その後も宿場では様々な事件が……

 先日舞台化もされた澤見彰の『もぐら屋化物語』の第三弾であります。
人と化け物が混在している魔界宿場・内藤新宿のうらぶれた旅籠・土龍屋を舞台に、脱藩牢人の平馬、土龍屋の幼い女将・お熊ちゃん、そして地獄に通じる井戸を守るという大モグラのムグラさまのおかしなトリオは今回も元気……
 と言いたいところですが、それぞれに大きな事件に巻き込まれていくこととなります。

 前作のラストでムグラさまと喧嘩した挙げ句、土龍屋を飛び出した平馬ですが、元々が行く当てもなく行き倒れしかかって土龍屋に拾われただけに、たちまち暮らしに困る始末。そこでタイトルどおりに就活に勤しんでもそうそう上手くいくわけもありません。
 しかもそれまでそれなりに仲良くしていたはずの宿場の人々からは、閻魔像の目玉を盗んだと文字通り石を以て追われることに――

 一方、土龍屋には怪しげな荷物を抱えた化け獺が現れ、お熊ちゃんがその荷物が盗まれた目玉ではないかと疑ったことから獺は逃走。偶然出会った平馬と獺は、ともに疑われた者同士、濡れ衣を晴らすために奔走するのですが……というのが第一話のお話。

 その後も、土龍屋の常連客である犬の渡世人のシロさんの秘密が語られる第二話、そして内藤新宿を天変地異が襲い、文字通り地獄の釜の蓋が開く第三話と騒動は続きますが、そんな物語を貫くのは、閻魔像の目玉と、謎の優男・高村の存在であります。

 実は地獄に通じる二つの井戸を持ち、奪衣婆が店を出していたりと、地獄と現世の接点にある内藤新宿。その守り神である閻魔像の目玉が失われた時、宿場を天変地異が襲うというのですが――
 それだからこそ、宿場の人々が目の色を変えて平馬を追いかけてきたのですが、しかし何者がそのように恐ろしい目玉を盗んだのか?

 そして騒動の中、牢屋に閉じこめられていたところを偶然平馬と出会ったのが、髪から衣装まで白ずくめの若者・高村であります。
 飄々とした、そして気さくな態度を崩さない高村はたちまち平馬とも仲良くなるのですが、さて彼が何故牢屋に囚われていたのか、そして何故内藤新宿に現れたかは謎のまま。

 二つの謎は意外な形で交錯し、そして地獄から亡者たちが復活するカタストロフの中で明らかになるムグラさまの正体。そしてもう一人、意外な人物の正体が――


 と、物語の根幹に関わる真実が明らかとなり、ほとんどクライマックスのような今回。特に幾多の謎が明かされる第三話には圧倒されるばかりですが、特に上でも触れた「意外な人物」にまつわる真実には、全く予想もしていなかっただけに愕然とさせられます。

 物語のスタイル的にも、登場するキャラクター的にも、一見明るく脳天気に見える本シリーズではありますが、しかしその実、物語の背後にあるのは、むしろシビアで重い真実である……というのは、シリーズ冒頭から共通する要素であります。

 これまで陰に陽に描かれてきたこの要素が、本作においてはほとんど最初から最後まで全面に出ている印象があり、想像以上に重い味わいになっている……というのは正直なところ。
 この辺りは賛否が分かれるのではないかと思いますが、しかしそんな中でも輝くのが、変わらぬ平馬の優しさであることは、誰もが頷いてくれるのではないでしょうか。

 これまでの作品同様、それなりに活躍はするものの、あくまでも平馬のスタンスは「ふやけ浪人」。頑張るのだけれども、肝心なところであまり役に立たず、お人好しすぎてどうにも頼りない男なのですが……
 しかし彼は、人として忘れてはならないもの、例えば優しさ、思いやりといったものを持ち続け、そしてそれに恥じぬように――たとえ叶わぬものであったとしても――行動する男でもあります。
 その彼の優しさがどれだけの救いになることか……!


 今回大きく動いたこの物語が、この先どこに向かうのかはわかりません。しかし、この先も――いつか来たるべきその日まで――平馬が土龍屋を離れることはありますまい。
 そして次回は、土龍屋トリオに、周囲の人々に少しでも多くの笑顔が浮かぶことに期待するところであります。


『もぐら屋化物語 3 用心棒は就活中』(澤見彰 廣済堂モノノケ文庫) Amazon
もぐら屋化物語り3 用心棒は就活中 (廣済堂モノノケ文庫)


関連記事
 「もぐら屋化物語 用心棒は迷走中」 人の陰と陽の狭間で?
 「もぐら屋化物語 2 用心棒は婚活中」 ふやけ浪人の逸らさぬまなざし

|

« 『蔦屋』 彼を縛るもの、力づけるもの | トップページ | 『ばけもの好む中将 参 天狗の神隠し』 怪異を好む者、弄ぶ者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/60549563

この記事へのトラックバック一覧です: 『もぐら屋化物語 3 用心棒は就活中』 内藤新宿崩壊の危機!?:

« 『蔦屋』 彼を縛るもの、力づけるもの | トップページ | 『ばけもの好む中将 参 天狗の神隠し』 怪異を好む者、弄ぶ者 »