« 『くノ一秘録 1 死霊大名』 戦国ゾンビー・ハンター開幕!? | トップページ | 『忍び道 忍者の学舎開校の巻』 非情から有情の新たな忍者へ »

2014.10.23

『明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者』第6巻 面倒くさい二人の関係、動く?

 じゃじゃ馬女学生・菊乃と、彼女を婚約者&主君とする失業忍者・清十郎が、明治の世にとまどい、すれ違いながらも距離を縮めていく時代ラブコメ(?)『明治失業忍法帖』も、はや第6巻。何ともじれったい状態が続いていた二人の関係ですが、この巻では大きな変化が生じることに……

 前の巻では、謎の軍人・楡との対決もあってか、どちらかといえば清十郎の過去に重点が置かれていた印象がありますが、楡も撃退(?)し、そちらには一段落したこの巻。
 菊乃と清十郎の関係も落ち着いて……と言いたいところですが、そこで簡単にはいかないのが男女の――というよりこの二人の面倒なところであります。

 特にこれまで陰謀と騙しの世界で生きてきた清十郎にとって、あまりにまっすぐな菊乃の瞳は眩しすぎる。本当に自分は彼女に愛されているのか、自分は彼女を愛しているのか、いやそれ以上に愛して良いのかと思考の迷路に入って堂々巡りを……ああ本当に面白くも面倒くさい。

 この辺りの感情は、まあ時代を超えて誰でも経験のあるモノだと思いますが、しかしそれを抱えるのが歴戦の忍びであり、そして背景となるのが近世と近代の境目の時代という本作ならではの味付けが加わることで、グッと深刻度(そしてそれと背中合わせの面白さ)が増すのが――実に面白い。

 特に清十郎の場合、物語当初の得体の知れなさがどこへやらの純な取り乱しようが――あまりのギャップに、最初はそれも演技だったのかと思いこんでいましたが、本気だったのにこちらがびっくり――微笑ましくもあり、可哀想でもあり……この巻では思いあまって(?)菊乃の実家の丁稚になってしまうのもまた楽しいのです。


 しかしそんな二人の関係にも、いよいよ進展が見られることになります。
 女学校が夏休みに入り、知人の異国人・ランスの誘いで横浜に出かけた菊乃。そこでも彼女は、権高な謎の少女と喧嘩したり、洋犬の誘拐事件(これがまた時代/社会背景を踏まえたもので面白い)に首を突っ込んだりと相変わらず騒動の渦中に置かれることとなります。

 そんな彼女を追いかけて、横浜に随行で行くという楡にくっついて横浜にやってきた清十郎。事件も片づいて、帰路についたところで、しかし意外な相手に清十郎が襲われて――

 とまあ、色々あった末に、ようやく少し素直になれた二人。もっとも、この二人については(偽りとはいえ)もともと婚約者であったわけで、収まるべきところに収まったという感がありますが……大変そうなのは、この巻のラストエピソードで描かれる別の二人でありましょう。

 菊乃に横恋慕していた薩摩出身の警察官・槇と、菊乃の同級生で会津藩士の娘・桃井――以前のエピソードで接点が生まれた二人ですが、言うまでもなくこの二人の場合、生まれた時と土地が悪すぎる。

 実際に戊辰戦争でその刃を振るってきた槇。会津籠城戦に参加し、許婚を失った桃井。直接に刃を交わしたわけではないとはいえ、宿敵同士、そして勝者と敗者に分かれた二人にそもそもそういう感情が生まれる余地があるのか?
 というのは実際の作品で確かめていただければと思いますが、仮にそうなれば、それはある意味、新時代の幕開けに象徴的な、素晴らしいことであるのですが……

 しかしそれが容易いことではないことは、言うまでもありません。
 このエピソードの背景となっているのは、明治政府による秩禄処分という史実。勝者が別の意味の敗者と転落し、そしてこの国で最後の内戦に向かう時代のうねりに、個人の想いなどは容易く砕かれそうですが……


 と、ラブコメにつきものの無責任な外野からの感想を言うのが不謹慎に思えてしまうような、「明治」という時代をしっかりと踏まえた物語造りが魅力の本作。
 菊乃と清十郎の間もこのままめでたく――とは思えませんし、さてさてこの先もまだまだ楽しませていただけそうです(と、結局無責任な外野目線ですが……)


『明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者』第6巻(杉山小弥花 秋田書店ボニータCOMICSα) Amazon
明治失業忍法帖~じゃじゃ馬主君とリストラ忍者~(6)(ボニータ・コミックスα)


関連記事
 「明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者」第1巻
 「明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者」第2巻 明治が背負う断絶の向こうに
 「明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者」第3巻 時代が生む男の悩み、女の惑い
 「明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者」第4巻 自分が自分であること、隙を見せるということ
 「明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者」第5巻 すれ違う近代人の感情と理性

|

« 『くノ一秘録 1 死霊大名』 戦国ゾンビー・ハンター開幕!? | トップページ | 『忍び道 忍者の学舎開校の巻』 非情から有情の新たな忍者へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/60500809

この記事へのトラックバック一覧です: 『明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者』第6巻 面倒くさい二人の関係、動く?:

« 『くノ一秘録 1 死霊大名』 戦国ゾンビー・ハンター開幕!? | トップページ | 『忍び道 忍者の学舎開校の巻』 非情から有情の新たな忍者へ »