« 『お伽もよう綾にしき ふたたび』第3-4巻 過去から繋がる人と人の絆 | トップページ | 『神変武甲伝奇』 古き良き世界の横軸を超えて »

2015.01.11

2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 この年末年始は長いと大喜びしていたのもつかの間、もう休みは空けて新年のお仕事もスタート。そんな中で楽しみなのは時代伝奇アイテムですが……純粋に日数が少ないなかにどれだけのアイテムが発売されるか、期待と不安の2月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 さて、故あって今回は漫画の方から紹介しますが、まず驚き&期待は、廉価版コミックで発売される外薗昌也の『鞍馬天狗(仮)』。まず間違いなく、以前『コミック乱ツインズ』誌に連載された作品かと思いますが、実は単行本は中絶状態。
 今回こそ全て収録されることを祈っております。

 さて、その他もなかなかのラインナップ。
せがわまさきはいよいよ本戦突入の『十 忍法魔界転生』第6巻に加え、新装版『鬼斬り十蔵』第1巻が登場。長らく幻の作品となっていただけに嬉しいところです。

 また、何が起こるかわからない決戦の真っ最中の水上悟志『戦国妖狐』第14巻、いよいよ物語も核心に近づく睦月ムンク『陰陽師 瀧夜叉姫』第6巻、もはや安定の域の梶川卓郎『信長のシェフ』第12巻、前巻からかなり短い間隔の刊行で嬉しい驚きの永尾まる『猫絵十兵衛御伽草紙』第12巻、物語もこれからが本番であろう漆原玖『姫路城リビングデッド』第2巻――
 楽しみなシリーズものの最新巻が並びます。

 また、袴垂を主人公とした連作シリーズの最新巻である河村恵利『平安怪盗伝 恋の秘めごと』、新釈水滸伝も無事に続巻登場の琥狗ハヤテ『メテオラ』第2巻なども楽しみなのです。

 もう一つ、これを時代ものと呼ぶと怒られますが、個人的に大好きなそにしけんじ『トロピカル侍』第3巻も……
 武蔵はハワイに行ったり現代で暴れたりと相変わらず大変ですね。


 さて、文庫小説の方ですが……これが驚くくらい少ない。あまりに寂しいので漫画の方を先にしてしまったほどであります。

 『夢の燈影』も好評の小松エメルの久々のシリーズ最新巻『うわん 2(仮)』、ラインナップも楽しみながら戸部新十郎の(もしかしたらアンソロジー?)『身は錆刀 忍者小説セレクション(仮)』、そしてシリーズもいよいよクライマックスであろう中谷航太郎『シャクシャインの秘宝 秘闘秘録新三郎&魁』。

 これだけというのはまことに残念ですが、いずれも粒選り、見逃せない作品であります。


 しかしそれにしてもあまりに寂しい……来月は過去の名作も合わせて読むことといたしましょうか。



|

« 『お伽もよう綾にしき ふたたび』第3-4巻 過去から繋がる人と人の絆 | トップページ | 『神変武甲伝奇』 古き良き世界の横軸を超えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 『お伽もよう綾にしき ふたたび』第3-4巻 過去から繋がる人と人の絆 | トップページ | 『神変武甲伝奇』 古き良き世界の横軸を超えて »