« 『未来記の番人』 予言の書争奪戦の中に浮かぶ救いの姿 | トップページ | 漫画版『夢源氏剣祭文』連載再開! »

2015.02.04

『もののふ莫迦』 格好悪く情けないもののふの好もしさ、美しさ

 秀吉の天下統一が進む中、傲慢な加藤清正の所業に怒り出奔した肥後武士・岡本越後守。国人一揆に巻き込まれた彼は、田中城主の姫・たけを助けるが、清正に捕らえられ、二人は引き裂かれてしまう。清正に仕えることとなり、従軍した朝鮮で彼の「もののふの道」に反するものを見た越後守の選択は……

 主に戦国時代を舞台に、己の道を行く男たちの姿を描いてきた中路啓太の、インパクト充分のタイトルの本作は、そのタイトルに負けることない強烈な男・岡本越後守の生き様を描いた作品であります。

 岡本越後守は、肥後の小豪族に仕える武士の出身。戦に出れば槍も銃もよくする一騎当千の強者であり、周囲の者たちを惹きつけ、士気を高めてしまう天性の魅力を持った男であります。

 そんな彼の気性はまさに日本三大頑固の一「肥後もっこす」そのもの。己の、もののふの生きるべき道として「おのれを恥じたくない」という思い――そしてそこには「むやみに人を辱めること」や、「人を見下すやつを見て見ぬふりすること」も含まれるのですが――を胸に抱き、それに反する者には、たとえどんな権力者であっても屈しない筋金入りの頑固者。
 秀吉の九州征伐の際に肥後に入り、自分たちを田舎者と見て侮る加藤清正と、そんな彼の前に卑屈に畏まる周囲に反発した末に出奔、しまいには解死人(村で養われる代わりに、何かあった際に身代わりとなって命を差し出す者)になってしまう始末であります。

 本作はそんな越後守が、生涯を通じて清正と対峙し、ついには日本国をも敵に回す姿を描く……というと、痛快な豪傑譚を想像されるかと思いますが、そうではないのが本作のユニークなところであり、そして最大の魅力であります。


 己の信じるもののふの道を征くためであれば、富も名誉も安定した暮らしも擲つ、まさしく「もののふ莫迦」としか言い様のない越後守。その姿はまさに英雄豪傑――と言いたいところですが、しかしその道はまさに前途多難。
 何しろ相手は天下の権力者の後ろ盾を持つ男、一個人が相手にするには大きすぎる相手……ということではありません。もののふたるもの、やるだけやって負ければ死ねばいい(と彼は考えている)のですから。

 しかし、いざとなればその身を縛るのは人の情。己は良くとも、周囲の人間たちを――自分を信じてついてきた人々を、死出の旅に巻き添えにしてよいのか? 彼を愛し、遺されて泣く者はどうなるのか?
 どこまでも一本気で、純な人間たる彼は、もののふとしての道と、そんな人の情の間の板挟みとなって、悩み、悔やみ、(それを表にも出せず)苦しむのであります。

 そんな彼の姿は、英雄豪傑とは対極にあるものであり――そんな存在の痛快な大暴れを期待した向きには、大袈裟に言えば裏切りと感じられるかもしれません。
 しかし私にとっては、まさにその彼の姿こそが、本作の最大の魅力に感じられます。

 彼のもののふの道――自分が勝って事足るのではなく、勝ってなお相手の想いを忖度し、その誇りを尊重するその道は、同時に人としてあらまほしき道でありましょう。
 そしてそれは、敵をを傷つけ、殺すことで生きる武士という存在とは、本質的に矛盾するものでもあります。

 強き者、負けを知らぬ英雄豪傑の活躍は、確かに痛快、胸がすくものであり、私も好むところではあります。しかし同時に、英雄豪傑ならぬ身にとっては、その一種マチズモを感じさせる姿には、それだけでよいのかと感じてしまうのもまた事実であります。

 本作の越後守の姿は、まさにその私の想いに応えるものであり――その矛盾する道を行くために、時に格好悪く情けなく悩む姿に、強く共感し、魅力を感じるところです。
 そしてまた、それは越後守のみならず、彼の宿敵たる清正も、二人の間に挟まれるヒロイン・たけも、物語の目撃者として越後守に惹かれ、憎む粂吉も、誰もが持つ人間としての等身大の姿なのであります。


 越後守が活躍した時代から遙か後、落魄した粂吉が過去を振り返るというスタイルが必ずしも効果的に機能しているとは思えませんし、上に述べた越後守以外の人々の視点にも紙幅を割いたことで、越後守の印象がやや薄れた、という部分は否めません。

 その意味では百点満点というわけではないのですが――しかし、これまで様々な作家が描いてきたのとはまた異なる、そして個人的にはより好もしく美しき「もののふ」の、「人間」の姿を描いた本作に触れることができて良かった……そう感じたのであります。

『もののふ莫迦』(中路啓太 中央公論新社) Amazon
もののふ莫迦

|

« 『未来記の番人』 予言の書争奪戦の中に浮かぶ救いの姿 | トップページ | 漫画版『夢源氏剣祭文』連載再開! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/61070547

この記事へのトラックバック一覧です: 『もののふ莫迦』 格好悪く情けないもののふの好もしさ、美しさ:

« 『未来記の番人』 予言の書争奪戦の中に浮かぶ救いの姿 | トップページ | 漫画版『夢源氏剣祭文』連載再開! »