« 『遠乃物語』 閉ざされた異界と語られざる物語の逆襲 | トップページ | 『陰陽師 瀧夜叉姫』第6巻 対決 怪僧・浄蔵と魔人・将門公 »

2015.02.18

『ヨアケモノ』 激突、獣の力の新撰組隊士vs長州志士

 幼い頃から親友の銀とたった二人で生きてきた暁月刃郎。新撰組に加わるため京に向かった二人だが、脱走隊士・松永に斬られ、銀は落命、刃郎も瀕死の重傷を負う。土方歳三に与えられた謎の刃の力で復活し、山犬の力に目覚めた刃郎は、新撰組に入隊。沖田ら隊士とともに長州方の獣たちと激突する!

 既に連載が終了した今頃になって取り上げるのは非常に申し訳ないのですが、「週刊少年ジャンプ」に連載された新撰組もの漫画であります。

 本作のジャンルを一言で説明すれば、「異能バトルもの」ということになりましょう。
 黒船に乗っていた何者かがこの国にもたらしたという漆黒の刀・獣刃。その刃を自らに突き立て、刀に受け入れられたことで、人間を超えた獣の特性を手に入れた剣士たちが、新撰組(佐幕側)と長州(尊皇側)に分かれ激突する――

 そんな本作の主人公となるのが、幼い頃から犬と疎まれ、親友・銀とただ二人、半ば山賊めいた稼業で暮らしを立てていた少年・刃郎。
 かつて盗賊の濡れ衣を着せられ、顔に「山犬」と刺青を入れられた(少年誌とは思えぬハードな設定)彼らは、そんな自分たちでも侍になれるかもしれないと、新撰組の隊士募集に応募しようといたします。
 そこで長州の間者であることがばれて脱走してきた松永主膳(主計)を斬って自分たちの力を見せようとした二人は、獣刃の力を宿していた松永に返り討ちに遭い、そこに現れた土方から獣刃を受け取った刃郎のみが生き残り、「山犬(狼)」の力を持つ剣士として、新撰組に参加することになるのであります。

 本作ではその刃郎が、同年代の市村鉄之助と切磋琢磨していく姿が描かれるのですが、その最大の魅力が、獣刃の能力描写にあることは間違いありません。

 キャラクター一人一人にそれぞれ異なる能力、というのは能力バトルの定番でありますが、先に述べたとおり、本作はその個々の能力が、原則として野性の獣から取られているのが面白い。

 例えば山犬の力を持つ刃郎は尋常ではない体力によって可能となる連撃を放ち、雪豹の力を持つ鉄之助は体温操作によって気配を消し、猫の力を持つ沖田総司はその動体視力を生かしての三段突きを得意とし――
 必ずしも能力のベースとなった動物そのものの能力ではありませんが、動物からのイメージを昇華しての(そして沖田の猫のように、隊士のイメージ・逸話を絡めた)能力設定がなかなかに巧みで、新撰組ものとバトルものという二つの特性をうまく組み合わせてみせた、という印象があります。

 特にバトルものとしてみた場合、刃郎・鉄之助のコンビと、蛇の力による嗅覚と赤外線感知の力でほぼ完璧な防御能力を持つ岡田以蔵との対決など、刃郎と鉄之助それぞれの能力を生かした(そして彼ららしい実に無鉄砲な)能力対策が実に面白く、「燃える」展開でありました。


 しかしまことに残念なことに、物語はクライマックスとなる池田屋事件(とその後のバトル)を慌ただしく終えて完結。
 敵方の黒幕など、なかなか悪役として描かれることが少ない人物(そして持つ獣はその名前通りの……)であったり、実に面白かったのですが――

 長州側がほとんど軒並み単純な悪人として描かれていたのは、確かにやりすぎの印象もありますし、漫画チックにデフォルメされた(しかし今のジャンプらしいとも思いますが)絵柄と物語が今ひとつマッチしなかった、というのもあるかもしれません。あるいは、物語に火がつくのが若干遅かったことも……

 などと、完結してから読んだ人間が言うことではありませんが、しかし本作からは、題材に誠実に、この作品ならではのものを描こうという気概が感じられました(執筆時には古武術家にも取材して、その内容を作品にも反映していたとのこと)。
 聞くところによれば、作者のデビュー作は、明治時代を舞台に平賀源内の子孫が活躍するバトルものであったとのこと。時代ものは不遇なことが多いジャンプではありますが、この先もどうか時代もので活躍していただきたい……というのはこちらのわがままではありますが、この先の活躍を期待したいところであります。


『ヨアケモノ』(芝田優作 集英社ジャンプコミックス 全2巻) 第1巻 Amazon/ 第2巻 Amazon
ヨアケモノ 1 (ジャンプコミックス)ヨアケモノ 2 (ジャンプコミックス)

|

« 『遠乃物語』 閉ざされた異界と語られざる物語の逆襲 | トップページ | 『陰陽師 瀧夜叉姫』第6巻 対決 怪僧・浄蔵と魔人・将門公 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/61144068

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヨアケモノ』 激突、獣の力の新撰組隊士vs長州志士:

« 『遠乃物語』 閉ざされた異界と語られざる物語の逆襲 | トップページ | 『陰陽師 瀧夜叉姫』第6巻 対決 怪僧・浄蔵と魔人・将門公 »