« 『お江戸の百太郎』 「過去」から「現在」に甦った少年探偵 | トップページ | 『戦国武将列伝』2015年4月号(その二) 強き女性たちの物語 »

2015.03.08

『戦国武将列伝』2015年4月号(その一) 舞台なき舞人の舞い始め

 少々紹介が遅れましたが、リイド社『戦国武将列伝』最新号であります。今号で注目は、前号で『後藤又兵衛』が終了したばかりのかわのいちろうの新連載『バイラリン 真田幸村』と、北崎拓の読み切り『井伊家の童女』ですが、もちろん連載陣も相変わらず元気であります。

 今回も、特に印象に残った作品を挙げていきましょう。

『バイラリン 真田幸村』(かわのいちろう)
 冒頭に述べたとおり、今号から新連載の本作は、タイトルのとおり、真田幸村が主人公。時代は関ヶ原の戦直前、幸村が僅かな供を連れて、四阿山を訪れる場面から始まります。
 彼の目的は、四阿山を本拠とする修験者=忍びたちの首魁を自分の配下とすること。これまで同盟関係にあった真田家からの臣従の申し出に怒り、拒絶する修験者たちですが、しかし幸村の人を食ったような交渉術の前に、自分たちの代表を遣わして幸村の力を確かめることとなります。
 その人物の名はサスケ――彼らの中でも最強の忍びの名であり、そして当代のサスケは華奢な少女。しかしその実力は……

 というわけで、作者の得意とする戦国武将ものでありつつも、もう一つ得意とする忍者もの、アクションものの色彩も濃い本作。まだまだ物語は始まったばかりですが、幸村vsサスケの場面は、作者ならではの高速アクション描写が冴え、これからの展開に期待させてくれます。

 しかしそれ以上に印象に残るのは、飄々とした、しかしどこか得体の知れないものを秘めた幸村のキャラクター。初陣の時にはほぼ天下が統一され、武人としての戦う場所をなくした彼は、作中の言葉を借りれば「舞台なき舞人」。
 そんな彼が関ヶ原の戦という舞台で如何に舞うのか――タイトルの「バイラリン」(bailarin)とは、スペイン語で舞踏家、つまり舞人のこと。是非とも派手に、奇想天外に舞っていただきたいところです。


『セキガハラ』(長谷川哲也)
 その関ヶ原をタイトルとする本作も、時間軸的にはそこで行われる決戦に向けて一年を切った時期ですが、今回はその前哨戦とも言うべき三成・宇喜多秀家・前田利長vs榊原康政・井伊直政の徳川四天王二人との対決が描かれることになります。

 が、これがほとんどワンサイドゲーム。触れたもの全てを喰らう「無」を操る榊原康政、その姿を見、声を聴いた男は全て行動不能(婉曲な表現)となる井伊直政……どちらも反則級の能力の持ち主であります。
 それは主人公たる三成も例外ではなく、辛うじて撃退したものの……というかなりマズい状態(ここで前田利長が史実に合わせて加賀に帰ってしまうのはちょっと面白い)。

 しかしそこから転じて仲間集めへ、というのはある意味定番ではありますが、やはり盛り上がる展開であります。

 しかし井伊直政が女性(たぶん)というのは、その養母である直虎のイメージを引いてのことかしら……と思うのですが、その直虎が主人公の作品については次回紹介します。


『戦国武将列伝』2015年4月号(リイド社) Amazon
コミック乱ツインズ戦国武将列伝 2015年 04月号 [雑誌]


関連記事
 「戦国武将列伝」2013年6月号 新登場、二つの剣豪伝
 「戦国武将列伝」2013年10月号(その一) 鬼を斬る少年、見参!
 「戦国武将列伝」2013年10月号(その二) 見よ、又兵衛の瞬発力!
 「戦国武将列伝」2013年12月号(その一) 大剣豪、その奥義は
 「戦国武将列伝」2013年12月号(その二) 若き剣豪、その歩む先は
 「戦国武将列伝」2014年2月号 自衛隊と鬼と、二つの新連載
 「戦国武将列伝」 2014年4月号 層の厚さ、安定の内容
 「戦国武将列伝」 2014年6月号 呪術と自衛隊と鬼と
 「戦国武将列伝」2014年8月号(その一) 戦国に生まれる魔の子、その名は…
 「戦国武将列伝」2014年8月号(その二) 平安に生まれる鬼の子、その姿は…
 「戦国武将列伝」2014年10月号(その一) 真の敵、その正体は
 「戦国武将列伝」2014年10月号(その二) ネガティブ兵士が見た戦場
 『戦国武将列伝』2014年12月号(その一) 迷彩服が象徴する二つの力
 『戦国武将列伝』2014年12月号(その二) 理を超える愛の先に
 『戦国武将列伝』2015年2月号(その一) 少年、戦国に戻る
 『戦国武将列伝』2015年2月号(その二) 戦国に命を繋ぐ料理

|

« 『お江戸の百太郎』 「過去」から「現在」に甦った少年探偵 | トップページ | 『戦国武将列伝』2015年4月号(その二) 強き女性たちの物語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/61251331

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦国武将列伝』2015年4月号(その一) 舞台なき舞人の舞い始め:

« 『お江戸の百太郎』 「過去」から「現在」に甦った少年探偵 | トップページ | 『戦国武将列伝』2015年4月号(その二) 強き女性たちの物語 »