« 富樫倫太郎『土方歳三』上巻 鉄板の青年土方伝 | トップページ | 風野真知雄『猫鳴小路のおそろし屋 3 江戸城奇譚』 ついに明かされる江戸/東京最大の秘密 »

2015.06.01

『お江戸ねこぱんち』第十二号 猫時代漫画誌、半年ぶりのお目見え

 実に半年ぶりの発売となった『お江戸ねこぱんち』。間に『江戸ぱんち』が挟まっていたため、言われてみれば、という感はあるものの、やはり新作を読めるのは嬉しいもの。今回はTV時代劇『猫侍』の漫画版第2弾も掲載され、なかなかに賑やかであります。

 さて、今回も個人的に印象に残った作品を挙げていくこととしましょう。

『猫暦』(ねこしみず美濃)
 ほぼ一枚看板になった印象もある本作、司天台で己の夢に邁進する少女・おえいと、その許嫁を称する猫又のヤツメを中心に展開するのはいつも通りですが、今回はなかなかの急展開の印象であります。

 前回、大奥に使いに出たおえいが出会った通詞の美女・七尾。実は正体不明の魔物、大奥で続発する神隠しの張本人である七尾に狙われながらも、ヤツメのおかげで難を逃れたおえいの前に、再び七尾が姿を見せることとなります。

 人の世に魔が忍び込むという日蝕の中、おえいに迫る七尾。そしてクライマックスで明かされるその正体は……えっ。
 と、驚かされること請け合いであります。

 もしかすると(伝奇物語として)今後の物語に大きな大きな影響を与えるかもしれない今回の展開ですが、その一方で、七尾に何故女子の身で司天台にいるのかと問われた時のおえいの言葉が、宙に、星に夢を抱く者であれば涙ものの内容で、この辺りのうまさもさすがとしか言いようがありません。


『今宵も猫月夜』(須田翔子)
 江戸に潜む悪を、魔を斬るリアル猫侍・眠夜月之進の活躍を描く連作シリーズ、今回は
そんな月之進の姿を見ることができる少年・セイ太を中心に展開する少々異色作。

 実は月之進の姿は普通の人間には猫にしか見えず、侍姿に見えるのは、人ならぬ者に縁深い者のみ、という本作の基本設定。
 では何故セイ太が月之進を見ることができるのか、そして彼と縁のある「人ならぬ者」とは……と、そこから一ひねりした展開がなかなかに面白いのであります。

 個人的には、これくらいのことで……という印象はありますし、結末ですれ違いの姿をはっきりと描いても良かったのでは、と思ったりもするのですが、そこは好きずきでありましょう。
 何よりも、本作ならではのユニークな設定と物語が噛み合った点は、評価できます。


『ねこみぶ』(宮川亜希子)
 個人的には、今回、一番「やられた!」と思わされた作品
 おそらくは今回が初登場の作者による、本作は、この雑誌には非常に珍しい、劇画タッチの絵柄で描かれる新選組ものなのですが……

 実は本作はギャグ漫画。あの強面の武闘派集団新選組と猫が――という組み合わせだけでもう反則なのですが、ギャグのテンポがまた良いのです。
 何と全3話構成の本作、非情の密偵・斎藤一の意外な素顔が見られる第2話、近藤勇の華麗な剣技(?)が堪能できる第3話も良いのですが、隊士が一堂に会しての評定の模様を描く第1話は、土方のツッコミも絶妙で、爆笑させていただきました。

 優れたコメディアンは自分では笑わないもの、などと申しますが、それを地で行くような、大真面目で、大いにおかしい怪作です。


 というわけで、3作品挙げさせていただきましたが、実際にはどの作品も水準以上の印象。最近『猫絵十兵衛』が掲載されなくなったのは残念ですが、それだけ作品が揃ってきたということなのでしょう。

 ちなみにこの『お江戸ねこぱんち』誌、読者コーナーの投書を見ると、50代60代の女性(おそらく)の割合が非常に大きく(その一方で一桁の年齢の子供のイラストも混じっていたりして)、この辺りも大いに興味深いところであります。


『お江戸ねこぱんち』第十二号(少年画報社) Amazon
お江戸ねこぱんち 十二 (にゃんCOMI(ペーパーバックスタイル廉価コンビニ・女性向け猫漫画))


関連記事
 「お江戸ねこぱんち」第二号
 「お江戸ねこぱんち」第三号 猫漫画で時代もので…
 「お江戸ねこぱんち」第四号 猫を通じて江戸時代を描く
 「お江戸ねこぱんち」第5号 半年に一度のお楽しみ
 「お江戸ねこぱんち」第六号 岐路に立つお江戸猫漫画誌?
 「お江戸ねこぱんち」第七号 ニューフェイスに期待しつつも…
 「お江戸ねこぱんち」第八号 そろそろ安定の猫時代漫画誌
 「お江戸ねこぱんち」第九号(その一) 約半年ぶりの賑やかさ
 「お江戸ねこぱんち」第九号(その二) 次号が待ち遠しい内容の作品群
 「お江戸ねこぱんち」第十号 猫時代漫画専門誌、ついに二桁突入も…
 『お江戸ねこぱんち』第十一号 久々の登場は水準以上

|

« 富樫倫太郎『土方歳三』上巻 鉄板の青年土方伝 | トップページ | 風野真知雄『猫鳴小路のおそろし屋 3 江戸城奇譚』 ついに明かされる江戸/東京最大の秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/61675847

この記事へのトラックバック一覧です: 『お江戸ねこぱんち』第十二号 猫時代漫画誌、半年ぶりのお目見え:

« 富樫倫太郎『土方歳三』上巻 鉄板の青年土方伝 | トップページ | 風野真知雄『猫鳴小路のおそろし屋 3 江戸城奇譚』 ついに明かされる江戸/東京最大の秘密 »