« 鈴木英治『梟の裂く闇』 失われた過去と現在の復讐と | トップページ | 芝村凉也『素浪人半四郎百鬼夜行 四 怨鬼の執』 人の想いが生む怪異に挑む剣 »

2015.06.16

辻真先『未来S高校航時部レポート 戦国OSAKA夏の陣』 大坂城に消えたアンドロイドの謎を追え!

 学園祭を目前とした未来S高校航時部の前に現れたタイムパトロール・宮本武蔵。彼は、夏の陣目前の大坂城内でアンドロイドが失踪した事件の陰にテロリストの影を感じ、航時部に協力を要請してきたのだ。大坂の陣の結果が覆されれば、自分たちの時代も危ない。大坂城に向かった航時部の面々だが……

 エンターテイメント界の大ベテラン・辻真先による、学園青春SF時代ミステリノベル、待望の続編であります。

 前作ではある事情によりタイムマシンで時を越え、二十二世紀から享保年間を訪れた未来S高校航時部――男装の美少女・黎、歴史マニアの男の娘・真琴、お調子者の超能力者・越人、クールな古武術の達人・凜音、推理の天才・学、そして顧問の残念美女教師・蓮橘。
 そこで巻き込まれた事件をきっかけに、歴史改変を企むタイムテロリストと激闘を繰り広げた彼らは、その甲斐あって今は平和な学園生活を送っていたのですが……

 そこに現れたのはかの宮本武蔵。クローンなどではなく本人、それも実はタイムパトロールであった彼は、航時部の力を借りるべくやってきたのであります。
 武蔵らタイムパトロールが連れるアシスタントのアンドロイド。見かけは美少女ながら内部は未来科学を満載した彼女たちの一人が、大坂城内で突如消息を絶った――あり得べからざるこの事態を究明し、歴史の流れを守るべく、武蔵は、航時部に助っ人を依頼してきたのでした。

 大きく歴史が動いた大坂の陣で何かがあれば、その後の歴史も変わり、現在の自分たちの世界も変わってしまうかもしれない……
 かくて、再び時を越えることとなった航時部ですが、出発早々、思わぬ事態で仲間の一人を失うことに。そしてようやくたどり着いた大坂城では、何とあの淀君が密室で何者かに殺害されて――

 と、今回もこれでもか、とばかりにジャンルをまたいだ物語が展開される本作。ストーリーだけでなく、いきなりクライマックスの第八章から始まる構成や、作者のツッコミやフォローも楽しい注釈など、ノリノリであります。

 タイムトラベル、航時部という存在自体に巨大な謎が仕組まれていた前作に比べると、仕掛けの大きさという点ではさすがに一歩譲りますが、しかしその一方で、SFミステリとしての楽しさ、アイディアの巧みさという点では、本作が上回っているという感があります。

 何しろ、今回描かれる事件の一つは、完全にモニター下におかれ、半永久的に駆動可能である(そして超科学で武装した)アンドロイドが、密室大坂城で失踪したという怪事件。
 さらに、調査にやってきた航時部に送られてきた、失踪したはずのアンドロイドからの映像に映っていたのは淀君が殺害される姿で……

 と、不可解極まりない謎と、想像を絶するしかしロジカルなその答えというのは、まさにSFミステリの醍醐味でありましょう。
 さらに――ちょっと詳細は書けませんが――クライマックスで炸裂するバカSF忍法バトルとも言うべき戦いの楽しさは無類で、本作ならでは、本作でなければ絶対にお目にかかれないような物語を存分に味合わせていただきました。

 その一方で、物語の結末はある意味SFの優等生的回答に留まった感があるのは、これは贅沢の言いすぎかもしれませんが、いささか残念に感じられたところではあります。

 とはいえ、これまでに述べてきたように、時空はおろかジャンルを超えた本作の楽しさ、イキの良さは唯一無二のものであり、前作に勝るとも劣らぬものがあったのは言うまでもないお話。
 自由奔放に空想を巡らせることの素晴らしさを、改めて感じさせていただきました。


 ……ちなみに物語の前半、真田幸村ら大坂城五人衆が登場する場面で、航時部の面々が五人衆の人物を評する場面があります。
 ここでの評価がなかなかに面白く、ああ、若者の、高校生の視点というのは新鮮だなあ――と思った後で、作者の御年を思い出してハッとさせられた次第です。


『未来S高校航時部レポート 戦国OSAKA夏の陣』(辻真先 講談社ノベルス) Amazon
未来S高校航時部レポート 戦国OSAKA夏の陣 (講談社ノベルス)


関連記事
 『未来S高校航時部レポート TERA小屋探偵団』 未来の少年少女が過去から現在に伝えるもの

|

« 鈴木英治『梟の裂く闇』 失われた過去と現在の復讐と | トップページ | 芝村凉也『素浪人半四郎百鬼夜行 四 怨鬼の執』 人の想いが生む怪異に挑む剣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/61743069

この記事へのトラックバック一覧です: 辻真先『未来S高校航時部レポート 戦国OSAKA夏の陣』 大坂城に消えたアンドロイドの謎を追え!:

« 鈴木英治『梟の裂く闇』 失われた過去と現在の復讐と | トップページ | 芝村凉也『素浪人半四郎百鬼夜行 四 怨鬼の執』 人の想いが生む怪異に挑む剣 »