« 『天穹は遥か 景月伝』第1巻 武侠か歴史か、向かう先は | トップページ | 高田崇史『鬼神伝 龍の巻』 鬼と人の戦いの先にあるもの »

2015.08.29

『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』 仰天の武侠アクションミステリ怪獣映画!

 扶余国攻略に送られた唐水軍の大艦隊が、謎の「龍王」により一瞬のうちに壊滅させられた。判事として赴任したばかりのディーは、龍王の生贄に選ばれた都一番の花魁・インが謎の一団により攫われかけたのを助けるが、そこに謎の怪人が出現、乱戦となる。一連の怪事の背後に潜む驚くべき陰謀とは……

 狄仁傑(ディー・レンチ)は、中国の唐の時代に実在した官僚・政治家であり、特にかの武則天に重用され、異民族の撃退や政治の安定、そして公明な裁判で知られた人物であります。
 その存在は後世まで民衆に親しまれ、公案小説――日本で言えば大岡政談のようなお裁きもの――の主人公として描かれることとなったディー。そしてそれを題材に中国通のオランダ人作家ロバート・ファン・ヒューリックが発表したミステリがディー判事シリーズであり……それをそのまた題材としたのが、本作(と前作に当たる『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』)であります。

 と、説明が長くなりましたが、本作はそんな判事ディーの若き日の活躍を描くいわばエピソード・ゼロもの……という枠には及ばない、様々なエンターテイメントの要素をこれでもかと詰め込んだ怪作、いや大快作であります。

 何しろ冒頭で描かれるのは、戦争中の扶余国に送られた十万もの兵を満載した唐水軍の船団が、水中から襲い来る何者かにより瞬く間に壊滅させられる顛末。
 そしてそこから続いて本作のヒロインの花魁・インの艶姿(本当に最初から最後まで、ため息の出るほどたおやかな美人!)が登場したと思えば、面白武器を手にした謎の一団に彼女が襲われ、それを察知したディーが颯爽と駆けつける……

 という序盤だけでも実に盛り上がりますが、そこに水軍壊滅事件の捜査を命じられた武術の達人にして司法長官ユーチが乱戦に加わり、さらにさらにインに忍び寄るは半漁人めいた異様な姿の怪人!
 という時点で、もうこちらのボンクラ魂は鷲掴み。いや、正確に言えば、冒頭で水軍が壊滅した直後に、やたらと仰々しく「監督:ツイ・ハーク」と出てくる時点で、こちらのテンションは既に最高なのであります。

 そう、本作の監督はツイ・ハーク。これまで30年以上にわたり、香港映画界の第一線で活躍し、数々の名作を送り出してきた人物。そしてそんなビッグネームでありつつも、とんでもないボンクラ魂を持った映画を撮ってしまう、愛すべき巨匠であって……本作もそんな監督が還暦を過ぎてもなお衰えぬパワーを見せつけた作品なのです。

 本作のジャンルを一言で表せば、武侠アクションミステリ怪獣映画でありましょう。
 武侠アクションはもちろんよいでしょう。ディーやユーチ、さらには敵の一団が展開する本作のアクションは、とにかく回る! 飛ぶ! と派手なワイヤーワークと(こればかりは今ひとつな)CGによって彩られた、香港映画の一つの王道なのですから。

 またミステリの方は、謎の龍王と半漁人、薄幸の美女という大変な三題噺が、やがて唐と扶余(時期的にここで言う扶余とは百済の方かと思いますが)の戦いという背景と絡めて展開される巨大な陰謀として浮かび上がるというダイナミックな展開が実に楽しい。
 この辺り、ちょっと豪快すぎるところもあるのですが、そこをディーの推理がロジカルにまとめ上げてみせるというのも、本作の巧みなところでありましょう。

 そして怪獣ですが――これはもうネタバレになりますが書いてしまえば、もうはっきりと怪獣が登場いたします。何らかのトリックでもなく怪獣っぽいものではなく、そのものが、それもデザイン等、なかなかに魅力的なものが……
 それも冒頭では姿を見せず、中盤ではその一部を見せ、クライマックスで初めてその奇怪な全貌が露わになるという、基本に忠実な見せ方なのも心憎い。

 冷静に考えれば、映画的な派手な仕掛けとしては別に怪獣でなくとも良いのでしょうが、ここで敢えて怪獣を出すのは、これはもう監督の趣味以外の何ものでもないのだろうなあ……と微笑ましくも共感を覚える次第です(少なくとも、あの同好の士であれば絶賛するであろう、エンディングに流れる今後のシリーズ展開を描いたストーリーボードを見れば、好きでやっているとしか……)


 大御所を集めた前作に比べれば、キャストの面では少々見劣りするかもしれません。しかしそれを補ってあまりあるキャラクター造形の妙、物語の妙、題材の妙を楽しませてくれる本作。
 これぞジャンル映画、と言いたくなるような痛快な作品であります。

『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』(パラマウントホームエンタテインメントジャパン DVDソフト) Amazon
ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪 [DVD]

|

« 『天穹は遥か 景月伝』第1巻 武侠か歴史か、向かう先は | トップページ | 高田崇史『鬼神伝 龍の巻』 鬼と人の戦いの先にあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/62180134

この記事へのトラックバック一覧です: 『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』 仰天の武侠アクションミステリ怪獣映画!:

« 『天穹は遥か 景月伝』第1巻 武侠か歴史か、向かう先は | トップページ | 高田崇史『鬼神伝 龍の巻』 鬼と人の戦いの先にあるもの »