« 吉川うたた『鳥啼き魚の目は泪 おくのほそみち秘録』第4巻 ついに明かされる芭蕉隠密説の謎!? | トップページ | 芝村凉也『素浪人半四郎百鬼夜行 五 夢告の訣れ』 新たなる魔の出現、そして次章へ »

2015.09.24

山田正紀『桜花忍法帖 バジリスク新章』刊行!? 

 新たな文芸レーベルに対して気になるのは、好きな作家の、好きなジャンルの作品があるかでしょう。そんなわけで新レーベル「講談社タイガ」のラインナップに注目していたところ、そこには山田正紀『桜花忍法帖 バジリスク新章』のタイトルが。そして先日公開された冒頭部分に記されていたのは……

 念のためご紹介すれば、ここでいう『バジリスク』とは、山田風太郎の『甲賀忍法帖』を、せがわまさきが漫画化した作品。原作を忠実にビジュアライズしつつも、同時にそこに独自の味わいを交えたその内容は、原作既読・未読を問わず多くの読者に好評を持って迎えられ、アニメ化もされております。

 しかし『甲賀忍法帖』の、『バジリスク』は、三代将軍の座を巡り、甲賀と伊賀、それぞれの代表選手が死闘を繰り広げるというもの。その結末については――あまりに有名ではあるものの――ここでは触れませんが、しかしそうそう簡単に続編が作れるようなものではありません。
 その『バジリスク』の新章とは……気になる点の一つ目であります。

 そしてもう一つ気になるのは、作者が山田正紀であること。言うまでもなくSFで、いやミステリ、冒険、時代小説etc.様々なジャンルで活躍する大ベテラン、私も大ファンの作家であります。
 元より作者が山田風太郎ファンであることはよく知られたことであり、事実、『甲賀』オマージュの『神君幻法帖』を発表しているほどであり、(また意外と企画ものにも参加される方であって)ある意味適任ではありますが、それにしても……

 と、何ともやきもきさせられていたところに先日Kindleで公開されたのが、『「講談社タイガ」期間限定創刊試し読み冊子』。同レーベルの第一弾、第二弾作品の一部を収録したものですが、その中に第二弾で刊行される『桜花忍法帖』が収録されていたのです。

 収録されているのはあらすじと、冒頭部分ではありますが、しかしそれで見た限りでは、なるほど本作は確かに新章――あの物語の後日譚で間違いなさそうであります。


 あの甲賀vs伊賀の死闘が繰り広げられた1614年から12年後の1626年……冒頭に登場するのは、甲賀の敗北により将軍の座に就くことが出来なかった徳川国千代――すなわち徳川忠長。
 何故かただ一人旅路をゆく彼の前に立ちふさがった、奇怪な忍法を操る伊賀の黒鍬者に対し、忠長の陰の守護者たる甲賀五宝連が現れて……

 と、ほんの冒頭部分ですが、超人的な忍法とそれを何となくあり得べきものとして納得させてしまう解説(そして視覚的ですらある響きの忍者のネーミング)は、なるほど忍法帖のそれであります。

 扉に記されたあらすじによれば、本作はこの甲賀五宝連と、対する伊賀五花撰の対決となる模様ですが……非常に気になってしまうのは、それぞれを率いる二人の――いずれも眼術を操る――忍者が、同じ父母から生まれた双子であるという設定。

 もちろんその父母が誰であるかは記されてはいませんが、しかし『バジリスク』の内容から考えれば、どうしても浮かんでくるのはあの二人ではありませんか。
 もちろんそんな余裕があったかと言えばそれは難しいわけですが、しかし本作の冒頭部分には、『バジリスク』に――もちろん『甲賀忍法帖』にも――ない、ある描写が加わっており、その点を考えれば……その可能性は決してゼロではない、いやむしろわざわざあの物語の続きを描くのであれば、そうである可能性は極めて高いのではありますまいか。


 もちろんこれはあくまでもこちらの勝手な予想であります。そして何よりも、一度完全に、これ以上なく哀しく美しく終わった作品に、別の作家がその後の物語を書いてよいのか、ということもありましょう。
(個人的に『神君幻法帖』に乗れなかったこともあり……)

 それでもやはり気になってしまうのは、忍法帖ファン、時代伝奇ファン、二人の山田ファン、せがわファン(本作のイラストはせがわまさきが担当とのこと)の性でありましょう。
 その期待に応える作品と出会えることを心から楽しみにして、再来月を待つこととしましょう。



関連記事
 「神君幻法帖」 描写は最高、物語は…

|

« 吉川うたた『鳥啼き魚の目は泪 おくのほそみち秘録』第4巻 ついに明かされる芭蕉隠密説の謎!? | トップページ | 芝村凉也『素浪人半四郎百鬼夜行 五 夢告の訣れ』 新たなる魔の出現、そして次章へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/62340210

この記事へのトラックバック一覧です: 山田正紀『桜花忍法帖 バジリスク新章』刊行!? :

« 吉川うたた『鳥啼き魚の目は泪 おくのほそみち秘録』第4巻 ついに明かされる芭蕉隠密説の謎!? | トップページ | 芝村凉也『素浪人半四郎百鬼夜行 五 夢告の訣れ』 新たなる魔の出現、そして次章へ »