« 『絵でみる江戸の妖怪図巻』 ある意味オーバースペックながら楽しい一冊 | トップページ | 谷津矢車『ふたり十兵衛 柳生剣法帖』 唯一無二の複数十兵衛! »

2015.10.02

『仮面の忍者赤影』 第2話「甲賀の悪童子」

 信長からの使者に化けて藤吉郎暗殺を狙う傀儡甚内。青影の活躍で甚内を追い詰めるが、悪童子の登場で逆に青影が捕らえられてしまう。青影を救うため、湖上に仕掛けられた罠の中に飛び込む赤影だが、大凧で宙を舞う悪童子に苦戦。しかしそこに駆けつけた白影が空中戦の末、悪童子を倒すのだった。

 横山城の藤吉郎のもとに向かう信長の使者の前に突如現れた竜巻。それに巻き込まれて意識を失った使者の前に現れたのは、怪しげな黒い紗(というかストッキング的なもの)を被った黒装束の男・傀儡甚内であります。

 念力なのか、身振りだけで刀を奪い取り、使者を打ち据えると、使者の顔を地面に押しつけ、今度は自分の顔を押しつける甚内。そして何と自分の顔の周りに小刀で切れ目を入れるとベリリと剥いで……その下から現れたのは使者の顔。これぞ忍法顔盗み!
 まんまと甚内は使者として横山城に潜入するのですが……しかし本物を生かしておいたため、その場を通りかかった青影に助けられてしまったのは間抜けであります。

 一方、城に潜入した甚内は、夜中に起き出して懐から出した数本の木の棒(?)に念を送ると……奇怪な黒覆面の怪人に変身。この忍法傀儡変化で城内を攪乱すると、寝所に忍び込んだ甚内は、寝ている藤吉郎刀をブスリ!
 と思いきや、そこにいたのは身代わりを務めていた青影。本物の使者と対峙し、この期に及んで自分が本物と白を切る甚内ですが、藤吉郎を殺しかけておいてそれはありません。

 結局、傀儡を皆蹴散らした青影に追い詰められ、外に飛び出そうとしたところを鎖で宙づりにされるのですが……助けを呼ぶ甚内の声に応えるように空から響く怪音。上から降ってきたビニール膜のようなものに囚われた青影は、そのまま宙に消えるのでした。

 その翌日か、編み笠姿で旅をしていた赤影に襲いかかるのは、旅の娘を装って彼と共に旅をしていた闇姫と甚内。ぱっとその場から消えた赤影に右往左往する二人を前に「さよう、お目当ての赤影が現れてはご迷惑かな」と呵々大笑する赤影は実に颯爽として格好良いのですが、七人衆も負けてはいません。
 連獅子の如く黒髪を振り回すことで嵐を、竜巻を引き起こす忍法髪あらしの前には、さすがの赤影も意識を失うのでした。

 と、赤影が目を覚ませば、そこは湖のほとり。そして湖上では、爆弾とともに小舟に乗せられた青影の姿が……もちろん見捨ててはおけぬと、小舟と陸に綱を張り、綱渡りの要領で小舟に向かう赤影。
 水中から飛び出してくる下忍たちは次々と叩き斬っていく赤影ですが、しかしその時ローター音とともに(!)空中から現れたのは、大凧に乗った怪人・悪童子であります。

 アヒャヒャともウホホともつかぬ奇声とともに上空から火矢を降らし、油でも撒いてあったか湖面を炎に包む悪童子。さすがの赤影も上空からの攻撃には手が出せず、赤影と青影の命も風前の灯火……というその時!
 高らかなサイレン音(?)とともに流れる主題歌3番に乗って登場したのは、第三の影、白影! 白の大凧に乗って駆けつけた白影は、爆薬で湖面の炎を消し飛ばすと、悪童子の火矢に凧を焼かれつつも果敢に突撃、叩き落とされた凧もろとも悪童子は爆死、赤影は無事青影を助け出したのでありました。


 というわけで、クライマックスに派手な登場を飾った白影が印象に残ると同時に、それとともに、いよいよ派手な忍法合戦が繰り広げられるのが楽しい今回。特に甚内の顔盗みは、ある意味定番の忍法をビジュアルできっちり見せてくれたのが嬉しいところです。
 その一方で甚内を圧倒した青影の活躍も印象的で、単なるマスコットキャラではない、チームの一員であることを描いてくれているのが嬉しいのであります。


<今回の忍者>
傀儡甚内
 黒い覆面で顔を覆った霞谷七人衆の一人。相手と同じ顔に変じる顔盗み、黒装束の傀儡を操る傀儡変化などの忍法を使い、念力めいた技も操る。

傀儡変化
 甚内の忍法傀儡変化によって木の棒から生み出された等身大の傀儡。人形らしくぎこちない動きで歩き回る。

闇姫
 霞谷七人衆の紅一点。長い髪を振り乱し竜巻を起こす忍法髪あらしの遣い手。

悪童子
 西洋道化師の服を着たカッパのような姿の霞谷七人衆。ほとんど言葉を喋らず、奇声を発する。宙を舞う大凧からの攻撃を行うが、白影に敗れて墜落、七人衆最初の死者となった。


『仮面の忍者赤影』Vol.1(TOEI COMPANY,LTD BDソフト) Amazon
仮面の忍者 赤影 Blu‐ray BOX VOL.1 (初回生産限定) [Blu-ray]


関連記事
 『仮面の忍者赤影』 放映リスト&キャラクター紹介

|

« 『絵でみる江戸の妖怪図巻』 ある意味オーバースペックながら楽しい一冊 | トップページ | 谷津矢車『ふたり十兵衛 柳生剣法帖』 唯一無二の複数十兵衛! »

コメント

特撮ファンには有名ですが当初は東映は白土三平先生の「ワタリ」を劇場版に引き続いてTV化を・・・と計画していましたが、映画版の原作から離れた展開に先生が怒ってOKが貰えなかったので代わりに赤影のTV化になったとか。

映画「ワタリ」でワタリ役の金子さんが青影、四貫目役の牧さんが白影、楯岡の道順役の天津さんが幻妖斎とこれで全員集合?となりました。

投稿: ジャラル | 2015.10.04 23:23

ジャラル様:
恥ずかしながらまだ『ワタリ』を観ていないのですが、あとの二人はともかく、四貫目の牧さんはちょっとイメージと違う感じですね……

投稿: 三田主水 | 2015.10.06 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/62367061

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮面の忍者赤影』 第2話「甲賀の悪童子」:

« 『絵でみる江戸の妖怪図巻』 ある意味オーバースペックながら楽しい一冊 | トップページ | 谷津矢車『ふたり十兵衛 柳生剣法帖』 唯一無二の複数十兵衛! »