« 玉井雪雄『ケダマメ』第4巻 そして「二人」の向かうべき「未来」 | トップページ | 熊谷敬太郎『華舫』 舫い合う船と船、結びつく人と人 »

2015.10.09

『仮面の忍者赤影』 第3話「逆襲蟇法師」

 金目教を拒否する山村出身の老爺たちと出会い同行する青影と白影。だが村に現れた蟇に白影が敗れ、囚われの身に。一方、傀儡甚内を捕らえた赤影は、甚内と引き替えに白影を救出。蟇の襲撃に苦戦するものの、青影が弱点のしびれ草を燃やしたことで逆転、蟇が逃げ込んだ洞窟を三人は爆破するのだった。

 タイトルどおり蟇法師が再登場する今回、冒頭から金目教を信じようとしない山村を千年蟇の大暴れから始まります。

 その頃、三人で一見暢気に川下りしていた赤影一行ですが、そこに襲いかかるは傀儡甚内率いる下忍軍団。いきなり抱え大筒をぶっ放して舟を爆破しますが、もちろん三人に効くはずもなく、下忍たちを散々に倒してどこかに消えるのでした。

 うち、青影と白影は、件の山村出身の老爺と孫娘と出会い(甚内が老爺たちを問い詰めている間、影の中に隠れていた二人)、山村に同行することに。
 一方、無駄足を踏んで戻ってきた甚内を待ち構えていたのは赤影。大木を舞台に重力を無視した(要するにカメラを横にしているだけなのですがこれはこれで楽しい)決闘の末、甚内は赤影の金縛りに倒され、またもグルグル巻きにされて吊されるのでした。
(ここで甚内が余計なことをしないよう、ためらいもなく顎を外してしまう赤影は、正義の味方とはいえやはり忍者だと思います)

 さて、村を訪れた白影と青影ですが、その晩再び千年蟇が出現。老爺たちを助けて逃げる二人は近くの洞窟に逃げ込みますが、奥の水たまりには蟇の子供たちが……どうやらここは蟇法師による蟇の養殖場だった模様です。
 蟇法師に連れられて現れた千年蟇に対し、三人を逃がして単身立ち向かう白影ですが、狭い洞窟の中の戦いは逆に不利。あえなく気絶した白影は、囚われの身となるのでした。

 そして赤影のもとに届けられる、白影と甚内の人質交換を申し出る幻妖斎の手紙。もちろんあっさり交換させてくれるはずもなく、待ち伏せが仕掛けられているわけですが、あっさりと裏をかいて白影を救出し、二人は下忍を蹴散らすのですが、そこに現れたのは千年蟇と蟇法師であります。

 赤影が仮面の額の宝石に刀をかざして発射する光線(忍法流れ星)をさりげなく初めて繰り出すも通じず、圧倒的な蟇のパワーの前に窮地に陥る二人ですが、そこに駆けつけたのは青影(と老爺と孫娘)。
 老爺の言葉から、蟇の弱点がしびれ草と知った青影は、草を大量に集めていたのであります。ちょっと驚くくらいの分量の草に火をつけ、玉転がしの要領で転がせば、なるほど大いに苦しむ千年蟇。

 ここでこれまた初登場の赤影の飛騨忍法「影一文字」――刀を構えて一直線に大ジャンプした赤影の一撃は見事に蟇の左目に突き刺さり、さらに赤影と白影の渾身の一撃が足を貫きます。
 これはたまらんとあの洞窟に逃げ込んだ千年蟇と、その後を追う蟇法師……その姿が洞窟に消えるや、赤影たちが三人揃って爆薬を投げ込んだことにより洞窟は崩落、蟇法師も千年蟇も蟇の子供たちも――皆瓦礫の下に消えるのでした。


 というわけで、第1話に登場した蟇法師……というより千年蟇との決着編である今回。実はほとんどストーリー的には進展はなかったわけですが、赤影たち三人にそれぞれ見せ場もあり、それなりに楽しめる回でした。

 しかし蟇法師は(第1話でもそうでしたが)歌舞伎調のオーバーな台詞回しが実に楽しいキャラ。どこかユーモラスな所作の千年蟇ともども、物語のスタートを盛り上げてくれた名脇役であり、ここで退場となるのはいささか勿体なく感じます(……と思いきや、実はもう少し後の回に何となく再登場するのですが)。


<今回の忍者・怪忍獣>
蟇法師
 鳥のような音の笛で千年蟇を操る怪老人。千年蟇で赤影たちを襲い、あわやというところまで追い詰める。

千年蟇
 蟇法師の操る巨大な蟇。巨体と口からの炎、強靱な皮膚で赤影たちを苦しめるが、弱点のしびれ草の煙に苦しんだところに反撃を喰らい、最後は洞窟の中で生き埋めとなった。


『仮面の忍者赤影』Vol.1(TOEI COMPANY,LTD BDソフト) Amazon
仮面の忍者 赤影 Blu‐ray BOX VOL.1 (初回生産限定) [Blu-ray]


関連記事
 『仮面の忍者赤影』 放映リスト&キャラクター紹介

|

« 玉井雪雄『ケダマメ』第4巻 そして「二人」の向かうべき「未来」 | トップページ | 熊谷敬太郎『華舫』 舫い合う船と船、結びつく人と人 »

コメント

ウィキペディアにも書かれていますが、この話に出てくる大蝦蟇は同じ東映の映画『怪竜大決戦』で主人公の自雷也が変身した物を流用したそうです。ちなみに『怪竜大決戦』で自雷也を演じたのは若き日の松方弘樹さんで、初共演になる大蛇丸役の大友柳太朗さんに胸を貸してもらったと以前TVで懐かしそうに話しておられました。

投稿: ジャラル | 2015.10.11 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/62418640

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮面の忍者赤影』 第3話「逆襲蟇法師」:

« 玉井雪雄『ケダマメ』第4巻 そして「二人」の向かうべき「未来」 | トップページ | 熊谷敬太郎『華舫』 舫い合う船と船、結びつく人と人 »