« 篠原景『春は遠く 柏屋藍治郎密か話』 「生きにくさ」を抱きしめて | トップページ | 仁木英之『恋せよ魂魄 僕僕先生』 人を生かす者と殺す者の生の交わるところに »

2015.10.23

『仮面の忍者赤影』 第4話「怪奇忍び屋敷」

 霞谷に向かう途中、敵の襲撃で一人はぐれた白影は、傀儡甚内にすり替わられてしまう。彼に甲賀屋敷に誘き寄せられ、次々と罠に襲われる赤影と青影。地底で赤影が甚内と対決する間に屋敷は爆発したものの、青影は無事生き延び、さらに駆けつけた白影の助けで、赤影たちは甚内を倒し脱出するのだった。

 なかなかたどり着けない霞谷への道、それでも明るく旅を続ける赤影・白影・青影ですが、そこに突然地中から襲いかかるのは謎の巨大な鉄柱。頭部に回転ノコギリを装着、当たるを幸いなぎ倒す謎の鉄柱に追われ、一人白影ははぐれてしまいます。
 と、この襲撃に巻き込まれた老人を助けた……と思えばこれが傀儡甚内の変装、さらに再び現れた鉄柱から発射される怪光線に悩まされた白影は気絶、甚内は忍法顔盗みで白影に化けるのでした。

 素知らぬ顔をして赤影たちに合流した甚内は、毒薬入りの水を青影に飲ませ、苦しむ青影を休ませるため、無住の屋敷を見つけたと赤影たちを誘って入り込みます。
 この屋敷、実は地中から出現した(!)甲賀屋敷。何も知らず眠りこける赤影・青影に対し、甚内が動かした仕掛けにより無数の槍が天井から降り注ぐのですが……

 もちろんこれで二人が倒されるわけもない。入れ替わりに天井に張り付いて参上の名乗りを上げる赤影、そして回復した青影は、襲い来る下忍たちを倒していきます。(「だいじょうーぶ」のポーズは今回が初めて?)
 しかし奇っ怪なカラクリだらけのこの屋敷、落とし穴の一つに落ちたと思えば、その先は巨大な蜘蛛の巣! 赤影も青影も動けずにいるところに迫ってきたのは、ヒーイヒーイ厭な声を出しながら襲ってくる等身大の蜘蛛!
 と、二人がピンチに陥っているところで、、白影はと言えば、前回に続き今回も囚われの身。しかし何とか縛めを解いたと思えば、そこに現れたのは七人衆の闇姫であります。得意の忍法髪あらしは、大風どころか竜巻を起こし、赤影も一度は手も足も出ずに敗れた技。白影もやはり吹き飛ばされた……
 と思いきや、天高く飛び出したのは白い大凧。髪あらしの風を利用して舞い上がった白影は、そのままその場を逃れ、甲賀屋敷に向かうのでした(凧はどこから出てきたとか、どこに綱を結んでいるかとか言わない)

 さて、赤影たちには、造形は甘めのながら厭な感じ満点の大蜘蛛が迫り、今にもその毒牙が赤影の顔に……と言うところでお得意の仮面からの電流が蜘蛛を直撃。泡を吹いた蜘蛛は、登ってきた穴に転落するのでした。
 そして穴を脱した赤影が、隠し階段から上った先の小部屋に入ってみれば、そこに待ち構えていたのは甚内。甚内が装置を動かせば、小部屋はみるみるうちに下へ、下へ……なんと小部屋はエレベーターだったのです。

 一対一では赤影に全く敵わない甚内ですが、赤影に追い詰められても、自分を殺せば地上に戻れなくなると嫌らしく嘯きます(赤影が躊躇うのを見て、その場にどっかと座り込むのも面白い)。さらに、今頃地上では屋敷が大爆発しているぞ、と揺さぶりをかけてくる甚内。事実、駆けつけた白影は空から屋敷の大爆発を目撃しますが、屋敷には青影が残されているはず――! 

 ようやく地底に到着したものの、臍をかむ赤影。しかしその時、小部屋の屋根を叩く音が。そして「こんばんは」と顔を出したのは青影……小部屋の後を追ってロープを垂らし、地底に降りてきていたのでした。
 もう生かしておく必要はないとばかりに甚内を仕留める赤影。そして甚内の覆面を剥いでみれば、その素顔は白いのっぺらぼう……
 さて地上に戻ろうと、白影の助けを得て登り始めた二人ですが、今回の仕掛けはまだ終わりません。地中から迫ってきたのはあの鉄柱、ほとんど魂斗羅のようなノリで追いかけてくる鉄柱から必死に逃げる二人は、間一髪白影の凧に助けられるのですが――
 地中から出現したのは、巨大な独楽! なんと鉄柱は独楽の軸の部分、そしてそこには幻妖斎が……まだまだ戦いは続きます。


 というわけで、いよいよ忍者もの離れした仕掛けが飛び出してきた今回ですが、巨大な歯車により動かされる仕掛けの数々は、今見るとちょっとスチームパンク風味……というのは言い過ぎでしょうか。
 そして今回退場の甚内、敵が仲間の顔を盗んで潜入……というのは、『甲賀忍法帖』の昔からの定番パターンですが、メイクなしで悪人演技を見せる牧冬吉さんの存在感もあって、なかなか見せる展開でありました。


<今回の忍者>
傀儡甚内
 忍法顔盗みで相手に瓜二つに化ける覆面の忍者。白影に化けて赤影たちを甲賀屋敷に誘き寄せるが、全ての策が敗れて倒された。素顔は口しかないのっぺらぼうだった……


『仮面の忍者赤影』Vol.1(TOEI COMPANY,LTD BDソフト) Amazon
仮面の忍者 赤影 Blu‐ray BOX VOL.1 (初回生産限定) [Blu-ray]


関連記事
 『仮面の忍者赤影』 放映リスト&キャラクター紹介

|

« 篠原景『春は遠く 柏屋藍治郎密か話』 「生きにくさ」を抱きしめて | トップページ | 仁木英之『恋せよ魂魄 僕僕先生』 人を生かす者と殺す者の生の交わるところに »

コメント

特撮雑誌「宇宙船」に連載されていた東映の平山プロデューサーの連載によると、幻妖斎は西洋に留学?していた時代があるそうで、その時に西洋の科学技術(機械知識)を習得して日本に帰国したという裏設定があるそうです。今回の大独楽もそうですし、後に敵として出てくる例のアレやコレも全てマッドサイエンティスト幻妖斎の発明なんだと思われます。

投稿: ジャラル | 2015.10.24 23:49

ジャラル様:
そういう裏設定があったのですか!
道理で、特に第二部に登場する連中とかはアレだったわけですね……「ファイヤー!」とか普通に言う奴がいるし

投稿: 三田主水 | 2015.10.25 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/62502224

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮面の忍者赤影』 第4話「怪奇忍び屋敷」:

« 篠原景『春は遠く 柏屋藍治郎密か話』 「生きにくさ」を抱きしめて | トップページ | 仁木英之『恋せよ魂魄 僕僕先生』 人を生かす者と殺す者の生の交わるところに »