« 『仮面の忍者赤影』 第2話「甲賀の悪童子」 | トップページ | 犬飼六岐『鷹ノ目』 戦国デッド・オア・アライブ 己の道を行く »

2015.10.03

谷津矢車『ふたり十兵衛 柳生剣法帖』 唯一無二の複数十兵衛!

 将軍から勘気を被り、小田原で謹慎中の柳生十兵衛。剣を手にすることもなく日がな読書ばかりの十兵衛に対し、小田原城主・阿部備中守は、城下の不逞浪人の調査を依頼。やむなく、隻眼で剣の達人の従者・一兵衛と探索を始めた十兵衛の前に現れたのは、奇怪な武器を操る剣士たちだった……

 二ヶ月連続で角川文庫から刊行された谷津矢車の書き下ろし時代小説。その第一弾『からくり同心 景』は先日紹介しましたが、続く本作は、ある意味より破格の作品。何しろあの柳生十兵衛が、まったく刀を握らない、握れないのですから……

 そもそも本作のタイトルは『ふたり十兵衛』。タイトルだけ見れば、柳生十兵衛二人(複数人)説を扱った作品に見えます。

 十兵衛複数人説は、要するにあの十兵衛に、影武者や替え玉がいた……という話ですが、実はフィクションの世界ではもの凄く珍しいというわけではない題材ではあります。
 おそらくは、隻眼で諸国を漫遊した剣士という虚構の十兵衛と、特に隻眼という記録もない史実の十兵衛のギャップを埋めるために生まれた説かと思いますが、十兵衛が隠密として活動する上で、より目立つ隻眼の替え玉を作っていた……というのは、過去の作品にも散見される趣向ではあります。

 しかし、そうした作品と本作がはっきり異なるのは、本作の十兵衛本人は、麒麟児と言われた過去はどこへやら、今は剣を手放し、眼鏡姿のちょっと俺様入った読書男子として暮らす毎日なのであります。
 そしてその十兵衛に代わって剣を振るうは、十兵衛の従者にして乳兄弟、筋骨隆々の剣の達人にして隻眼の青年・速水一兵衛――

 本作は、真の(?)、しかし剣はからっきしの十兵衛と、ビジュアルは従来の十兵衛のイメージそのままの一兵衛(とあと一人)が、小田原藩で何やら不穏な動きを見せる謎の一団と死闘を繰り広げる物語。
 小田原ということで、気付く方はすぐに気付くかとは思いますが、しかし「彼ら」に留まらず、二人の前に立ちふさがるのは謎の○○○剣法(しかも宗矩の代からの因縁つき!)なのも、伝奇ファン、剣豪ものファンにはたまらないのであります。


 かくて繰り広げられる、様々な剣法武術、権謀術数入り乱れての大活劇ですが……忘れてはならないのは、その活劇のの舞台となる時代のことでしょう。
 時はすでに三代将軍家光の治世、天下は既に泰平となり、小田原城主の阿部備中守のような戦場往来の荒武者は過去の存在となりつつある時代……いわば剣よりも政が(語呂を合わせれば権が)ものを言う時代なのであります。

 そんな時代において、いち早く時代の流れを見切り、剣から権へと身の置き所を変えたのが柳生宗矩以下の一門でありますが、しかしもちろん、そう割り切れるものたちばかりではありません。
 本作で十兵衛と一兵衛の前に立ちふさがるのは、そんな時代の趨勢に逆らい、なおも剣にしがみつく者たちなのであります。

 ……が、それでは十兵衛と一兵衛は剣と権、どちらを取るのか? 特に、実際に剣を取って戦う一兵衛は格別、剣を持たぬ十兵衛は?
 その彼らの選択は、本作の結末で示されることになりますが、その根底に、本作ならではのふたり十兵衛像があることは間違いありません。

 幼い頃から共に剣の腕を磨きながら、過去のある事件がもとで隻眼という大きなハンデを負った一兵衛。それと同時に十兵衛は剣を手放すのですが――しかし彼は剣を捨てたわけではありません。
 彼の目は、頭脳は、一兵衛のそれを補い、いわば二人で一人の十兵衛としてともに戦うのですから。


 そう、本作は二人の十兵衛ではなく、二人で一人の十兵衛を描く物語。そこにこそ本作の独自性と魅力があるのです。
 柳生十兵衛を描く作品が無数に、十兵衛複数人説を説く作品もいくつかある中で、唯一無二の二人十兵衛――これは先を楽しみにするなというのが無理でありましょう。

(ただ、うるさいことを言えば、この展開であれば味方サイドはこの二人だけで良かったのではないか……という気はするのですが)


『ふたり十兵衛 柳生剣法帖』(谷津矢車 角川文庫) Amazon
柳生剣法帖 ふたり十兵衛 (角川文庫)

|

« 『仮面の忍者赤影』 第2話「甲賀の悪童子」 | トップページ | 犬飼六岐『鷹ノ目』 戦国デッド・オア・アライブ 己の道を行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/62400689

この記事へのトラックバック一覧です: 谷津矢車『ふたり十兵衛 柳生剣法帖』 唯一無二の複数十兵衛!:

« 『仮面の忍者赤影』 第2話「甲賀の悪童子」 | トップページ | 犬飼六岐『鷹ノ目』 戦国デッド・オア・アライブ 己の道を行く »