« 永尾まる『猫絵十兵衛 御伽草紙』第14巻 人と猫股、男と女 それぞれの想い | トップページ | 『鬼神の如く 黒田叛臣伝』(その二) 叛臣か忠臣か、鬼神か聖者か »

2015.11.13

『鬼神の如く 黒田叛臣伝』(その一) 不可解な御家騒動を彩る要素

 長崎奉行・竹中采女正の依頼で、弟子の卓馬と舞を間者として福岡藩黒田家家老・栗山大膳に仕えさせた夢想権之介。主君たる忠之と深刻な対立を続けているという大膳だが、二人の目には、大膳は何かの大きな覚悟を決めた人物として映る。そしてついに大膳は、主君を幕府に訴え出るという行動に出るが……

 黒田騒動といえば、加賀騒動・伊達騒動と並ぶ、三大お家騒動の一つ。代々黒田家に仕える重臣・栗山大膳が、こともあろうに主君・黒田忠之に謀反の疑いありと幕府に訴え出たというとんでもない騒動ですが……
 しかしこの騒動、裁定の結果、忠之に謀反の事実はなしとお咎めは(――家中取締の不備も問われず)なし。そして一方の大膳も、南部藩預かりとなったものの、罪人扱いされることもなく、悠々自適の余生を送ったといいます。

 当時は三代将軍家光がその権勢を振るい始めた時期、大名家の取り潰しが相次いだことを考えれば、不可解というほかない結末の騒動ですが……その謎に、これまでの作品とは全く異なる角度から光を当てたのが本作であります。

 足軽を大量に雇い入れる、大船を建造すると、幕府に咎めを受けかねぬ行動を繰り返す黒田忠之。代々の臣を遠ざけ、寵臣の倉八十太夫に権を与えたことで、家中の不満は高まるばかりですが――
 そこで忠之と真っ正面から対立したのは、黒田官兵衛の腹心として活躍した栗山利安の子・大膳利章。自身も黒田長政に仕え、後事を託されたほどの人物ですが、短気我が儘な忠之に対し、主君を主君とも思わぬ態度で大膳が接し、藩主と家老ながら会話どころか対面もない異常事態となります。

 そんな状況から始まる本作ですが――しかし冒頭から登場するのが、宮本武蔵のライバルであり、杖術の達人である夢想権之介というのに、私のような人間は「おっ」と身を乗り出したくなります。
 豊後府内藩藩主であり、長崎奉行でもある竹中采女正(かの竹中半兵衛の子孫)に恩義があったことから、その求めに応じ、弟子の卓馬と舞を大膳の家中に潜り込ませる権之介。実は采女正は、黒田家の非違を見つけだして取り潰すことで自らの業績とせんとしていたのであります。

 しかし大膳にとっては采女正の策はお見通し、それを承知で自分たちを受け入れた大膳の器量に惹かれ、卓馬と舞、そして権之介は大膳のために行動するようになります。
 そう、その真意がすべて明らかになったわけではないものの、自らの身を顧みない彼の行動は、全ては黒田家のためのものなのですから――


 というわけで、本作は大膳を一種の忠臣として描いた作品ではありますが、しかし、叛臣としてあえて汚名をかぶった大膳が、黒田家を救う……という変形の御家騒動ものとしてだけはなく、様々な要素から織りなされる物語として成立しています。

 その一つ目が、キリスト教です。
 黒田家の祖である官兵衛がキリスト教徒であり、長政もまた、後に棄教したとはいえ、やはりキリスト教徒であったのは史実でありますが……しかし本作の物語の時点、既に幕府により禁教令が出された時代となっては、それは汚点となってもプラスにはなりません。

 そしてそのキリスト教が、物語の中で思わぬ意味を持つこととなります。九州各地ではなおもキリシタンたちが密かに信仰を続け、それに対する諸大名の弾圧が激化の一途を辿っていた頃、その潮流は黒田家とも無縁ではありません。
 さらに本作の中心人物の一人・舞もまたキリシタン。そして大膳の命で長崎に向かった舞は、そこで一人のキリシタンの美少年と出会うのであります。天草四郎と名乗る少年と……


 長くなりますので次回に続きます。


『鬼神の如く 黒田叛臣伝』(葉室麟 新潮社) Amazon
鬼神の如く: 黒田叛臣伝

|

« 永尾まる『猫絵十兵衛 御伽草紙』第14巻 人と猫股、男と女 それぞれの想い | トップページ | 『鬼神の如く 黒田叛臣伝』(その二) 叛臣か忠臣か、鬼神か聖者か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/62648324

この記事へのトラックバック一覧です: 『鬼神の如く 黒田叛臣伝』(その一) 不可解な御家騒動を彩る要素:

« 永尾まる『猫絵十兵衛 御伽草紙』第14巻 人と猫股、男と女 それぞれの想い | トップページ | 『鬼神の如く 黒田叛臣伝』(その二) 叛臣か忠臣か、鬼神か聖者か »