« 荻原規子『風神秘抄』上巻 歌舞音曲が結びつけた二人の向かう先に | トップページ | 『牙狼 紅蓮ノ月』 第10話「一寸」 »

2015.12.26

2016年1月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 今月は20℃超えなどという日もありましたが、今年も残すところあと数日。社会人的には今年の正月休みはきっちり三が日で終わるのが本当に辛いところですが、そんな気持ちを新刊に寄りかかって乗り越えましょう。というわけで、2016年1月の時代伝奇アイテム発売スケジュールです。

 まず文庫新刊では、奇数月ということで白泉社招き猫文庫。好評シリーズ第3弾の平谷美樹『貸し物屋お庸 娘店主、捕物に出張る』、そして第一回富士見新時代小説大賞受賞者の近藤五郎による伝奇もの『黄金の剣士 島原異聞』が気になるところです。

 また、シリーズものの新刊では、新章突入の芝村凉也『素浪人半四郎百鬼夜行 6 孤闘の寂』、シリーズもはや第9弾の上田秀人『御広敷用人大奥記録 9 典雅の闇』(同月には『織江緋之介見参 3 孤影の太刀』の新装版も登場)、先月の第一弾に続き連続で登場の時代ハードボイルドの片倉出雲『女賞金稼ぎ 紅雀 閃刃篇』、そしてこちらも間は開きましたが第二弾の和田はつ子『鬼の大江戸ふしぎ帖 鬼が飛ぶ』に注目です。

 そして文庫化の方では、『鬼船の城塞』も好評だった鳴神響一『私が愛したサムライの娘』が早くも登場。また、まだ文庫化されてなかったのが少々意外ですが、京極夏彦の『旧怪談』が『旧談』のタイトルで文庫化されます。

 また、夢枕獏の『大江戸恐龍伝』が第5巻&第6巻刊行でついに完結いたします。そして夢枕獏といえば、あの『大帝の剣』がついに完全版の文庫化がスタート。1月は『〈天魔降臨編〉〈妖魔復活編〉』『〈神魔咆哮編〉〈凶魔襲来編〉』が刊行されますが、単行本は少々手に入りにくくなっていただけにまことにありがたいことです。


 そして漫画の方ですが、こちらでも獏先生の作品が完結。睦月ムンクが作画を担当した『陰陽師 瀧夜叉姫』第7巻&第8巻同時刊行で大団円を迎えます。
 その他、唐々煙『煉獄に笑う』第4巻、鷹野久『向ヒ兎堂日記』第6巻、くせつきこ『かみがたり 女陰陽師と房総の青鬼』第2巻と、シリーズものの続刊が続きます。

 また、新登場としては、巻数的には途中ですが昭和編スタートの川原正敏『修羅の刻』第16巻があります。
 もう一つ、かわのいちろうの『舞将真田幸村 忍び之章』は、『バイラリン』のことかと思いますが、いきなりコンビニコミックで登場なのが少々心配ではあります(普通の単行本は……)


 最後に、その他の小説としては、伽古屋圭市の大正ミステリ『からくり探偵・百栗柿三郎 櫻の中の記憶』が登場。毎回とんでもないドンデン返しで驚かせてくれる作者の、初の続編作品ということで、期待が高まります。



|

« 荻原規子『風神秘抄』上巻 歌舞音曲が結びつけた二人の向かう先に | トップページ | 『牙狼 紅蓮ノ月』 第10話「一寸」 »

コメント

『からくり同心 景 黒い好敵手』が25日出版するはずだったのが中止になって落ち込んでいます。あの「原案:石森○太郎」と言いたくなる内容で「黒い好敵手」とすると拳銃使いの黒いからくり戦士が出ると思っていたのですがwww

あと1/15にアース・スターノベルから「小説家になろう」で連載中のWEB小説の書籍化『戦国小町苦労譚』が発売されます。一人の少女が戦国時代へタイムスリップし、織田信長と出会い歴史に関わっていく・・・主に生産、そして「信長のシェフ」のように料理で信長をうならせながら、色々と活躍します。生産担当の割に部下?が後で「戦国一のかぶき者」「笹の紋の槍使い」「鬼武蔵」が加わるのですが(笑)。

投稿: ジャラル | 2015.12.27 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/62943196

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 荻原規子『風神秘抄』上巻 歌舞音曲が結びつけた二人の向かう先に | トップページ | 『牙狼 紅蓮ノ月』 第10話「一寸」 »