« 近藤五郎『黄金の剣士 島原異聞』 お家再興と秘宝探しと……正調時代伝奇活劇見参! | トップページ | 『牙狼 紅蓮ノ月』 第13話「相克」 »

2016.01.17

2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール

 楽しかった年末年始のお休みもあっという間に終わり、気が付けばもう一月も半ば。今年も1/24が! というのはさておき、もう二月の足音も聞こえてきました。というわけで今年も相変わらず続けます、2月の時代伝奇アイテム発売スケジュールであります。

 2月は普通の月より少ない故か、残念ながらアイテムは少な目。特に文庫小説は結構寂しい印象があります。

 そんな中でも最も注目すべきは、やはり武内涼『妖草師 魔性納言』。『この時代小説がすごい!! 2016年度版』で第1位を獲得したシリーズの最新巻であります。しかし同誌によれば、このシリーズ、これで完結ということで、その意味からも気になる作品です。

 また、ミステリでは芦辺拓の好評パスティーシュ第3弾『金田一耕助、パノラマ島へ行く/明智小五郎、獄門島へ行く(仮)』が登場。タイトルが全てを物語っている感はありますが、しかしそこで何が起こるかは、全く予想が付きません。

 そして文庫化・再刊では、なんと20年前にノベルスで刊行された司悠司の『忍者太閤秀吉(仮)』が、何故か復活。また新装版では、昨年から刊行の続いている上田秀人『織江緋之介見参 4 散華の太刀』、そして『海狼伝』に続く形で白石一郎『海王伝』が刊行されます。

 一方、漫画の方は、新登場こそないものの、既刊シリーズでは気になる作品が続々登場。
 およそ勢いという点では屈指の平安バイオレンス伝奇である武村勇治『天威無法 武蔵坊弁慶』第6巻、個人的には大いに推している時にコミカル、時にどシリアスな鎌谷悠希『ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録』第4巻、最終決戦にいよいよ突入の水上悟志『戦国妖狐』第16巻、個人的にはここで完結なのが本当に惜しい、是非続編も漫画化をお願いしたい森川侑『一鬼夜行』第3巻、そして安定飛行のようで波瀾万丈の予感も漂う杉山小弥花『明治失業忍法帖 じゃじゃ馬主君とリストラ忍者』第8巻が、注目でしょう。

 その他、たかぎ七彦『アンゴルモア 元寇合戦記』第5巻、重野なおき『信長の忍び外伝 尾張統一記』第2巻、せがわまさき『十 忍法魔界転生』第8巻も要チェック……という辺りで、この月の漫画の充実ぶりがおわかりになられるのではないでしょうか。

 また、倉田三ノ路の武侠漫画『天穹は遥か 景月伝』第2巻も、どこに向かうのか気になるところではあります。


 最後にもう一つ、これは小説ですが、講談社タイガから刊行の篠田真由美『レディ・ヴィクトリア アンカー・ウォークの魔女たち』も気になる作品です。
 タイトルどおりヴィクトリア朝を舞台としたファンタジー色の強い作品のようですが、ここでこの作者の登板か! と驚きつつも楽しみにしております。



|

« 近藤五郎『黄金の剣士 島原異聞』 お家再興と秘宝探しと……正調時代伝奇活劇見参! | トップページ | 『牙狼 紅蓮ノ月』 第13話「相克」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63080357

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の時代伝奇アイテム発売スケジュール:

« 近藤五郎『黄金の剣士 島原異聞』 お家再興と秘宝探しと……正調時代伝奇活劇見参! | トップページ | 『牙狼 紅蓮ノ月』 第13話「相克」 »