« 鎌谷悠希『ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録』第4巻 合身! 人と仏と神の間で | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第11話「鬼念坊鉄車」 »

2016.02.27

原哲夫『いくさの子 織田三郎信長伝』第8巻 さらばひげ船長! そして新たなる戦いへ

 少年時代――すなわち、うつけ者時代の小田三郎信長の破天荒な大暴れを描く物語も、早いものでもう第8巻。ここしばらく描かれてきた秘宝「光の天」争奪戦にもようやく終止符が打たれ、信長の冒険も、新たな段階に突入することとなります。

 持つ者に己の未来を見せるという「光の天」。その秘石を、尾張を狙う今川義元が求めていることを知り、その秘石を運ぶ南蛮の海賊ジョゼ船長の船に潜入した信長と仲間たち。
 「海の伝説」の異名を取る怪人ジョゼに対し、彼の船で奴隷として酷使される少年たちを味方につけた信長は一気に蜂起し、激闘の末、ついにジョゼ船長を追いつめるのですが……


 というわけで、原哲夫漫画であることを差し引いても(?)異常にテンションの高い言動で、この数巻に渡り物語をひっかき回してきた面白ヒゲ船長もようやくここで退場(しかし……)。

 しかし単に彼を退治しておしまい、とはならず、ジョゼと信長が対決する理由であった「光の天」とその力に、二人が如何に相対したかを描き、それを通じて、二人の人間としての在り方の違いを浮き彫りにしてみせたのが面白い。
 そしてこれにより、ジョゼの男を徒に下げることなく信長を立てて見せたのは、これは一貫して男の中の男たちの格好良さを描いてきた作者ならではでありましょう。
(あのジョゼ船長までが「男の顔」になってしまうのには、さすがと言うべきか……)


 そして争奪戦が終結した後に信長を待っていたのは、既に亡くなっている彼の父・信秀の、その影武者が亡くなったという報。

 もともと信長のうつけぶりは、いわば義元から尾張を守り、そして義元への反撃体勢が整うまでの時間稼ぎのために、彼の才を隠していたものであります。
 信秀の影武者もその時間稼ぎの一環ではありましたが、しかしその彼も亡くなったとあらば、いよいよ信長が真の姿を見せるとき……

 ということにはすぐにならず、久々に尾張に帰ってきたと思えば、世紀末な風貌の小悪党一味と大喧嘩を展開する信長のうつけっぷりは、どこまでが素なのかわかりませんが、だがそれがいい。
 その一方で、ジョゼ船長の船で仲間たちを救うために身を捧げ続けた少年を送る場面、今川家の下で忍従を強いられる松平家の士を見る場面等、人前でも憚るところなく熱い涙を流すストレートさも、実にいいのであります。

 彼を囲む少年たちも、前田利家や丹羽長秀などお馴染みの名前もそろそろ集まり始め、それぞれのキャラクターが見え始めたのも楽しいところであります(丹羽長秀の意外な美少年ぶりに吃驚)。


 もっとも、この辺りは、次なる大展開の前の凪といった印象。ビジュアルはさておき、完全に思想は世紀末であることが改めて明らかになった今川義元との対決との対決はまだまだ先ですが……そこまでに何が描かれるのか。
 ジョゼ船長のような、思わぬキャラクターの登場にも期待……あ、いや、あれは一人でいいかなあ。


『いくさの子 織田三郎信長伝』第8巻(原哲夫&北原星望 徳間書店ゼノンコミックス) Amazon
いくさの子 ~織田三郎信長伝~ 8 (ゼノンコミックス)


関連記事
 「いくさの子 織田三郎信長伝」第1巻
 「いくさの子 織田三郎信長伝」第2巻 あまりにも原哲夫な…
 「いくさの子 織田三郎信長伝」第3巻 父と子の涙!
 「いくさの子 織田三郎信長伝」第4巻 風雲児、海へ!
 「いくさの子 織田三郎信長伝」第5巻 意外なヒロインと伝説の宝と
 『いくさの子 織田三郎信長伝』第6巻 立ちすぎたキャラクターの善し悪し
 原哲夫『いくさの子 織田三郎信長伝』第7巻 加速する現代の講談

|

« 鎌谷悠希『ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録』第4巻 合身! 人と仏と神の間で | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第11話「鬼念坊鉄車」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63270697

この記事へのトラックバック一覧です: 原哲夫『いくさの子 織田三郎信長伝』第8巻 さらばひげ船長! そして新たなる戦いへ:

« 鎌谷悠希『ぶっしのぶっしん 鎌倉半分仏師録』第4巻 合身! 人と仏と神の間で | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第11話「鬼念坊鉄車」 »