« 鈴木英治『義元謀殺』上巻 「その時」に向けて交錯する陰謀 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第7話「妖術一つ目」 »

2016.02.01

折口真喜子『おっかなの晩 船宿若狭屋あやかし話』 あの世とこの世を繋ぐ場所で出会う者たち

 与謝蕪村を主役にしたちょっと不思議な連作短編集『踊る猫』『恋する狐』で登場した折口真喜子が、江戸は箱崎の船宿・若狭屋の女将を狂言回しに描く、やはりちょっと不思議で心温まる連作集であります。

 浅草川のほとり、日本橋は箱崎にある船宿・若狭屋。抱える船頭は二人と、決して大きくはないものの、さっぱりした気性で30過ぎの女将・お涼の客あしらいの良さもあって、吉原に向かう粋人などを得意先として、まずまずの繁盛を見せております。
 元々若狭屋のあるじは、お涼の父で元船頭の甚八。しかし最近はいささか惚けが出て、隠居してお涼の母と二人で暮らすことになったため、お涼が跡を継いだのであります。

 本書に収められた物語が関わるのは、この若狭屋とお涼、甚八たち。彼女たちを通じて、不思議で優しく、時にはちょっと恐ろしい八つの物語が語られていくこととなります。以下のような――

 狐憑きと同輩から陰口を叩かれる花魁が胸中に秘める想いと粋な切り返し「狐憑き」
 村八分となり、僧となった親友を気遣う若者が知った彼の想い「おっかなの晩」
 若狭屋の船頭が乗せた商家の子供が川で消えたことをきっかけに語られる奇譚「海へ」
 客の幇間が退屈しのぎに語った怪談が、思わぬ形で現実に関わる因縁咄「夏の夜咄」
 病の母のためにその故郷を訪れたお涼が、山姥と出会い、思わぬ頼まれ事をされる「鰐口とどんぐり」
 同輩から苛められた末に身投げしようとした売れない役者が辿る思わぬ運命「嫉妬」
 水害で生まれたばかりの娘を失いかけた男が水神に祈ったことから、思わぬ形でその代償を求められる「江戸の夢」
 亡くなった兄を慕い、三途の川を渡りたいと願う少年の前に現れたもの「三途の川」

 いずれの物語も、決して派手ではないものの(もっとも、中にはアッと驚かされるような意外な趣向もありますが)、穏やかでユーモラスで、そして暖かい佳品揃い。
 もちろんと言うべきか、いずれの物語にも、もののけや亡霊、神様やそれらが起こす不思議な現象が登場するのですが、しかしいずれも、恐ろしさや気味悪さなどよりも、どこか親しみやすさすら感じさせるのが楽しいところであります。

 それはもちろん、狂言回したるお涼や甚八の気持ちのよいキャラクターによるところも大きいかとは思いますが、何よりも、デビュー作から変わらぬ、つかず離れずで存在する、人とそれ以外の距離感を絶妙のバランスで描く作者の筆あってのことでありましょう。

 そんな感覚がよく表れた作品の一つが、江戸を離れたお涼が出会った不思議な存在を描く「鰐口とどんぐり」でしょう。

 床に伏して、懐かしいアケビが食べたいという母のため、その故郷に向かったお涼。アケビを探して山に入った彼女は、そこで村で噂になっていた山姥と呼ばれる老女に出会います。
 みすぼらしい身なりながら、能を解するなど、どこか本物の山姥めいた老女がお涼に頼んだのは、何年も前に山中の沼に消えたという息子探し。なりゆきから引き受け、沼に入ったお涼を待ち受けていたのは、なんと……

 まさに山中異界というべき地でお涼が出会うのは、山姥をはじめとする不思議な存在たち。しかし本作においてはそんな存在たちを、ことさらに恐ろしく異常なものとして描くのではなく、お涼がごく普通に接することができるような、ある意味当たり前の存在として描き出します。
 そこにあるのは、人もそれ以外も、皆等しくこの世のに天然自然の産物として「在る」ものとして受け入れる眼差しであり――そしてその眼差しの暖かさが、本作の、本書の作品の基調として存在しているのであります。


 あの世とこの世を繋ぐ場所である川と、その川を行き来し、人を渡すことを生業とする船宿。なるほど、人とそれ以外の物語を描くのに、船宿というのは極めて相応しい場所なのかもしれません。
 まだまだ人とそれ以外の物語と出会いたい、この不思議な暖かさに浸っていたい……そんな気持ちになる作品集です。


『おっかなの晩 船宿若狭屋あやかし話』(折口真喜子 東京創元社) Amazon
おっかなの晩 (船宿若狭屋あやかし話)

|

« 鈴木英治『義元謀殺』上巻 「その時」に向けて交錯する陰謀 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第7話「妖術一つ目」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63148051

この記事へのトラックバック一覧です: 折口真喜子『おっかなの晩 船宿若狭屋あやかし話』 あの世とこの世を繋ぐ場所で出会う者たち:

« 鈴木英治『義元謀殺』上巻 「その時」に向けて交錯する陰謀 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第7話「妖術一つ目」 »