« 小前亮『真田十勇士 2 決起、真田幸村』空白期間に舞う勇士たち | トップページ | 『戦国武将列伝』2016年4月号(前編) 決戦、二つの大戦 »

2016.03.10

瀬川貴次『鬼舞 見習い陰陽師といにしえの里』 これで完結、オールスターキャストの大決戦!

 芦屋道満の息子・宇原道冬と安倍晴明・吉昌たち、ネクストジェネレーションの陰陽師たちの活躍を描いてきた『鬼舞』シリーズも、ついにこの第17巻にて完結。藤原氏への怨念に燃える鬼、そして蜘蛛の怪と、宇原道冬ら「頼光四天王」の決戦が描かれることになります。

 伴氏の怨念を背負った鬼・呪天が去った跡の都に出現した奇怪な蜘蛛の妖魔。
 その正体が、源頼光が想いを寄せる薄幸の美女・胡蝶の母である照夜――橘氏の怨念を背負った文字通りの美魔女であるとは知らぬまま、道冬と吉昌は、幾度も蜘蛛の怪と対決することとなります。

 そんな中、頼光の主・東三条の大納言の妻が、夫に愛想を尽かし、長谷寺に籠もるという事件が発生。
 彼女を迎えに行くという大納言の供をすることになった頼光と渡辺綱をはじめとする四天王ですが、蜘蛛の怪に対応するために都に残った綱以外の三人に代わり、何と道冬と従者の行成、そして吉昌は四天王の替え玉を務めることになります。

 かくして長谷寺に向かった一行ですが、彼らを待つのは照夜と呪天、茨木という、藤原氏への怨念で結ばれた蜘蛛と鬼。そしてもう一人、心の隙を突かれて呪天の下僕と化した吉昌の兄・吉平で――

 と、長谷寺、そしてタイトルの「いにしえの里」を舞台に展開するのは、オールスターキャストでの大決戦。
 上に挙げた面々に加え、近衛少将――今は愛する人を失って僧籍に入った瑛晶、愛の亡霊・融の大臣と愛用の牛車・内藤二阡、さらに安倍晴明(の式神)、あと畳までもが加わり、賑やかに繰り広げられてきた本シリーズのクライマックスに相応しい顔ぶれです。

 そして、それぞれがそれぞれの因縁を抱え、宿敵(吉昌の場合はこの言葉を使っていいものかアレですが)と対峙することになりますが、しかし気になるのは道冬の中に眠る、怨念の黒い闇であります。
 一歩間違えれば全てをひっくり返しかねない力を持つこの闇が、クライマックスでは思わぬ役割を果たすことに……


 さて、正直に申しあげると本当にあと一冊で完結するのか半信半疑であったのですが、見事にと言うべきか、ファンとしては残念ながらと言うべきか、見事に本作でシリーズは完結。

 結末に関わる内容だけに詳しくは述べられませんが、終盤のある展開には「またか!?」と心臓が止まりそうになったものの、そこからある「史実」に繋げてみせたアクロバットには、さすがはこの作者ならではの業と、ただただ感心するばかりです。
(彼の名前が、一種のミスリイーディング的な効果を挙げているのもお見事)

 もっとも、第二章(便宜上そう呼びますが)に突入してからがあまりに短かったという印象は否めず、そして第一章のラストで道冬の物語に一段落ついたためか、第二章では道冬の存在感が今ひとつ薄かった――特に本作においては、安倍の兄弟対決がクローズアップされたこともあり――のは、やはり残念なところではあります。

 その点も含めて、まだまだ彼らの冒険を見たかった、彼らの成長を見たかった……という気持ちはありますが、しかし先に述べた通り、結末が見事にまとまったのは事実です。
 ここから先は、彼らの未来に向かう道筋を想像するのもまた一興……そう思うべきでしょうか。


 ちなみに、『暗夜鬼譚』とのリンクを最後まで明確にしなかったのは、これもお見事と言うべきでしょう。そのおかげで『鬼舞』は『鬼舞』として、美しい結末を迎えることができたのですから……

 と言っておいてなんですが、冒頭で語られる安倍兄弟誕生にまつわる衝撃の秘密には、あの方らしい……と感心したというか何というか。


『鬼舞 見習い陰陽師といにしえの里』(瀬川貴次 集英社コバルト文庫) Amazon
鬼舞 見習い陰陽師といにしえの里 (コバルト文庫)


関連記事
 「鬼舞 見習い陰陽師と御所の鬼」 ネクストジェネレーションの陰陽師たち
 「鬼舞 見習い陰陽師と橋姫の罠」 狙い所のど真ん中を射抜く快作
 「鬼舞 見習い陰陽師と百鬼の宴」 恐るべき百鬼夜行の罠!?
 「鬼舞 見習い陰陽師と試練の刻」 陰陽師たちの学園もの!?
 「鬼舞 見習い陰陽師と爛邪の香り」 現在の謎、過去の謎
 「鬼舞 見習い陰陽師と災厄の薫香」 大内裏に迫る危機 硬軟交えた屈指の快作!
 「鬼舞 見習い陰陽師と悪鬼の暗躍」 緩急自在のドラマ、そして畳
 「鬼舞 ある日の見習い陰陽師たち」 若き陰陽師たちの拾遺集
 「鬼舞 見習い陰陽師と呪われた姫宮」 ついに出現、真の敵!?
 「鬼舞 見習い陰陽師とさばえなす神」 ギャグとシリアス、両サイドとも待ったなし
 「鬼舞 見習い陰陽師と応天門の変」 ついに交わる史実と虚構
 「鬼舞 見習い陰陽師と漆黒の夜」 決着!? 炎の都に広がる闇
 『鬼舞 ふたりの大陰陽師』 「芦屋道満」の見た絶望と希望
 『鬼舞 見習い女房と安倍の姉妹』 新展開!? 何故か女装×3
 瀬川貴次『鬼舞 見習い陰陽師と囚われた蝶』 最終章突入、新たなる魔の影
 瀬川貴次『鬼舞 見習い陰陽師と妖しき蜘蛛』 決戦の準備は整った!

|

« 小前亮『真田十勇士 2 決起、真田幸村』空白期間に舞う勇士たち | トップページ | 『戦国武将列伝』2016年4月号(前編) 決戦、二つの大戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63309067

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬川貴次『鬼舞 見習い陰陽師といにしえの里』 これで完結、オールスターキャストの大決戦!:

« 小前亮『真田十勇士 2 決起、真田幸村』空白期間に舞う勇士たち | トップページ | 『戦国武将列伝』2016年4月号(前編) 決戦、二つの大戦 »