« たみ『クロボーズ』 第二撃「異郷の友は色々不詳」 | トップページ | 琥狗ハヤテ『メテオラ 参』 いま明かされる「魔星(メテオラ)」の真実! »

2016.04.12

西条真二『みなごろしのストラット 真田幸村異聞録』第1巻 死人たち、幕末史に介入するも……

 昨日も幕府と薩長、そして生ける死人の三者の戦いを描いた作品をご紹介しましたが、本作もそれと重なる構図を持つ作品であります。しかし本作の死人は、死人は死人でも己の意志を持つ存在、しかも豊臣方の武将たちという変わり種。そしてその中心に立つのは、あの真田幸村なのです。

 将軍家茂の頃、家茂の妹であり、徳川家とロマノフ家(!)の血を引く美少女・徳川タリナ。本作は、彼女が率いる銃火器で武装した女性ばかりの治安維持部隊・公武騎兵団が、大坂城は山里丸の芦田曲輪の籾蔵を訪れたことから始まります。

 当時の大坂で跳梁する奇怪な魔物・死人憑き。その魔物たちを退けつつ、大坂城石垣の中に隠された通路を行くタリナたちの目的地は、大坂城の地下に存在する逆しまの城・逆天城でありました。
 そしてそこに集うのは、関ヶ原で、大坂の陣で……すなわち、二百年以上も前に命を落とした武将たちを中心とする死人憑きの群れ。彼らは何者かによって死の眠りから目覚めさせられ、以来、この逆天城で主を守り続けていたのです。

 そんな中に命がけでやってきたタリナの目的はただ一つ、死人憑きたちを徳川の味方につけること。そしてその見返りに、彼女は死人憑きの主に嫁ぐことを誓います。主……豊臣秀頼に! 
 しかし秀頼はかねてより眠り続けて目覚めることなく、そして徳川家と言えば、自分たちを滅ぼした怨敵。幸村ら、タリナの言葉を信じた者たちと、福島正則ら、徳川の味方につくのを良しとしない者と――死人憑き同士の戦いが、幕府と薩長の戦いと重なるように、始まることとなります。


 と、ゾンビものというよりは有名人転生ものの趣がある本作ですが、いずれにせよとんでもない設定であることは間違いありません。
 正直なところ、戦国の有名武将が江戸時代に蘇って……という趣向の作品は、そこまで珍しいわけでもなく、また、手綱さばきを間違えると、単なるオールスター戦になってしまうのですが、本作はその中心に、逆しまの城で眠り続ける秀頼という存在を置くことで、うまく差別化を図っていると感じます。

 そしてまた、登場する武将たちが、超有名人だけではないのもまた楽しい。何しろ、タリナたちの前に最初に現れる名前憑きが、大野道犬なのですから(ちなみに、火炙りに処されても、黒こげの状態から立ち上がって一人道連れにしたという巷説がある道犬がここで登場するのは、やはり意識してのものでありましょう)。

 そして何よりも本作の作者は西条真二。ニコニコしながらとんでもないことをやらかすキャラクターを描かせたら右に出る者がいない漫画家であります。
 そんな作者だけに、本作の見かけは飄々とした少年である幸村(復活の際に若返っていたという設定)も、美少女揃いの公武騎兵団も、にこやかな顔をして相手を平然とブチ殺すようなキャラクターが勢ぞろい。そのキレっぷりは、むしろ爽快ですらあります。


 しかし……正直なことを申し上げれば、本作には、素直にノれない部分も少なくありません。

 その一つが、大坂城に集う死人憑きの顔ぶれ。大坂の陣で大坂方につき、そこで討ち死にした者たちはいて当然として(その意味では片桐且元がいるのはどうなの、と)、関ヶ原で東軍に属した面子もいるのはどうなのかなあ、と感じます。
 その辺りは豊臣恩顧の武将ということかもしれませんが、中に今井宗薫が混じっているのは不思議でありますし(そもそも武人ですらない)、豊臣家と接点がないはずのザビエルがいるに至っては……であります。

 しかし個人的にそれよりも残念なのは、彼ら死人憑きをはじめするキャラデザインが、あまりに「らしさ」が感じられないこと。
 アレンジは大歓迎ですが、しかし必然性のない、そして全く時代ものらしくないデザインは、厳しいことを申し上げれば興ざめであります。

 物語がぶっ飛んでいるからこそ、その他の部分は時代ものであって欲しい……現実があればこそ、奇想が際立つのですから。
 設定は面白いだけに、この点は本当に残念だと言わざるを得ません。


『みなごろしのストラット 真田幸村異聞録』第1巻(西条真二 KADOKAWA/富士見書房ドラゴンコミックスエイジ) Amazon
みなごろしのストラット-真田幸村異聞録- (1) (ドラゴンコミックスエイジ さ 10-1-1)

|

« たみ『クロボーズ』 第二撃「異郷の友は色々不詳」 | トップページ | 琥狗ハヤテ『メテオラ 参』 いま明かされる「魔星(メテオラ)」の真実! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63467902

この記事へのトラックバック一覧です: 西条真二『みなごろしのストラット 真田幸村異聞録』第1巻 死人たち、幕末史に介入するも……:

« たみ『クロボーズ』 第二撃「異郷の友は色々不詳」 | トップページ | 琥狗ハヤテ『メテオラ 参』 いま明かされる「魔星(メテオラ)」の真実! »