« 鳴神響一『影の火盗犯科帳 1 七つの送り火』 火盗にして忍者の捕物帳開幕! | トップページ | 荻原規子『風神秘抄』下巻 死と生、神と人の間を歩んだ果てに »

2016.05.05

『牙狼 紅蓮ノ月』 第23話「嶐鑼」

 星明は救出されたものの、代わりに依代になってしまった晴明。復活した道満は晴明を奪い、ルドラ復活の儀式を遂行、ついに紅蓮ノ月からルドラが出現する。その巨体で都を炎に包むルドラに対して決死の戦いを挑む雷吼・星明・金時。一方、光宮に押し寄せた民衆を閉め出そうとする道長に対し頼信は……

 見たことのない漢字で構成された今回のサブタイトル、嶐は「る」、鑼は「どら」……すなわち、ルドラであります。

 稲荷の計算違いか、あっさりと意識を取り戻してしまった道満。焦る頼信と金時を無視して彼が向かったのは、前回、泰山府君の法により星明からルドラの闇を移して自らが依代となった晴明のもとでありました。
 覚悟を決めた雷吼が晴明を討とうとした時、晴明の肉体を奪った道満は、星明の術で拘束された自らの片腕を断ち切るという、とんだ羅城門の鬼ぶりを見せて異空間に消えるのでした。

 そしてついに復活の儀式を遂行した道満により、紅蓮ノ月を破って出現するルドラ。その姿はあたかも阿修羅像と昆虫を混淆したような奇怪かつ巨大なものであり、牙狼のラスボスとしてふさわしいものでありましょう。
 そのルドラにその身を差し出した道満は、食われたかと思いきや頭部にフェードイン。そのままルドラは怪光線と火炎で、都を焼き払っていくのでありました。

 その恐怖から逃れんとして光宮に押し寄せる都の民ですが、道長は冷酷にも文字通り門前払いを食らわせて自らは光宮に籠もるという状態。怒った頼信が直談判に向かい、都の民を救って欲しいと請うも、民を光に集う羽虫呼ばわりする道長は、民の犠牲を一顧だにしないのでありました。
 しかし頼信は、その道長の命と偽って光宮の門を開けさせ、民を収容。この辺り、兄と違って宮仕え経験のある彼らしいところですが、醜い内心を隠し、民の前では自分の功績を強調し、自分の配下の黄金騎士がルドラを倒すとまで言ってのける道長の狸ぶりの方が一枚上手でしょうか。もっとも、頼信の行動に怒り狂い、抹殺命令を出す姿からは、前回までの落ち着き払った姿が、単なる虚勢に過ぎなかったことがよくわかるのですが……

 一方、久々に三人揃った雷吼・星明・金時は、強大なルドラに対しても一歩も引かず迎撃を決意。久々に登場した星明の母の魔導具・雷獣に雷吼と金時が飛び乗り、星明は闇堕ち時代に手にしていた巨大な筆を獲物に、ルドラの腕に的を絞って攻撃を開始いたします。
 巨体だけに小回りがきかないのはラスボスの常、雷吼たちの攻撃は確実にダメージを与えていく……かに見えたものの、落とされた腕がなおも命を持って暴れるような怪物相手にはさすがに分が悪く、徐々に押されていくのでありました。

 そしてルドラの攻撃が三人を捉えんとした時、竹の封印でルドラを抑えようとする赫夜ですが、しかしいかに彼女とてこれは荷が重く、攻撃に吹き飛ばされる羽目に。しかしその衝撃が、彼女の記憶を――これまでブツブツと思い出していた謎の文言こそがルドラ封印の呪文であり、その文言が全部で12あることを思い出すのでありました。
 しかしまだ2つの呪文が思い出せない……というところでようやく(格好良く)駆けつけたのは斬牙こと保輔。彼が差し出した星明の書物により、赫夜はついに全ての呪文を思い出すことに――

 にこのどこかで見たような書物、よくよく見てみれば、第19話で道長と晴明が向かった光宮の隠し部屋に安置されていた書物であり、今回道長が光宮を護る結界の要として頼りにしていたもの。
 なるほど、ルドラ封印の秘法が記されていたものであればその効果も納得であります。第21話ラストで稲荷が保輔が盗むよう命じたものがこの書物でありましょう(この時、保輔は無視したように見えましたが……)。光宮の中枢からこの書物を奪ってくるとはさすがは袴垂と言うべきか、道長の愕然とする顔が目に浮かぶようであります。


 何はともあれ、封印の手段が整い、役者が揃ったところで次回最終決戦。
 その行方以上に、個人的には、何か考えているようで実は全く考えていなかった小物ぶりが明らかになってしまった道長の去就が気になるのですが――


『牙狼 紅蓮ノ月』Blu-ray BOX 1(ポニーキャニオン BDソフト) Amazon
牙狼-紅蓮ノ月- Blu-ray BOX 1


関連記事
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第1話「陰陽」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第2話「縁刀」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第3話「呪詛」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第4話「赫夜」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第5話「袴垂」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第6話「伏魔」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第7話「母娘」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第8話「兄弟」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第9話「光滅」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第10話「一寸」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第11話「斬牙」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第13話「相克」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第14話「星明」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第15話「心月」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第16話「最低」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第17話「兇悪」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第18話「星滅」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第19話「繚乱」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第20話「依代」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第21話「対決」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第22話「共鳴」

関連サイト
 公式サイト

|

« 鳴神響一『影の火盗犯科帳 1 七つの送り火』 火盗にして忍者の捕物帳開幕! | トップページ | 荻原規子『風神秘抄』下巻 死と生、神と人の間を歩んだ果てに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63576752

この記事へのトラックバック一覧です: 『牙狼 紅蓮ノ月』 第23話「嶐鑼」:

« 鳴神響一『影の火盗犯科帳 1 七つの送り火』 火盗にして忍者の捕物帳開幕! | トップページ | 荻原規子『風神秘抄』下巻 死と生、神と人の間を歩んだ果てに »