« 『戦国武将列伝』2016年6月号(後編) 天下分け目の大戦、決着目前! | トップページ | 鳴海丈『鬼砲 あやかし小町 大江戸怪異事件帳』 さらにバラエティに富む怪異捕物帳 »

2016.05.12

『牙狼 紅蓮ノ月』 第24話「討月」

 封印のための記憶を取り戻した赫夜とともに、ルドラに最後の戦いを挑む雷吼・保輔・星明・金時。しかしどれだけのダメージを与えても人々の魂魄を喰らい再生するルドラを倒すためには、ルドラと一体化した道満の陰我を断たなければならない。しかし、長きに渡る戦いの中、雷吼に心滅の時が迫る……

 いよいよ本作も最終回。そのわりには結構作画的に不安になる箇所もありましたが、決めるべき場面ではケレン味効かせまくり、派手に動きまくりの、クライマックスに相応しいアクションを見ることができました。

 保輔が盗み出した晴明の書を手にしたことにより、封印の魔導具としての記憶を取り戻した赫夜。後はルドラを弱らせ封印させるのみであります。小回りの効かないルドラは、闘志満々、二人の魔戒騎士の連続攻撃にダメージを蓄積し、封印も目前かと思われましたが……しかしここでルドラは都中の人々の魂魄を大量に吸収することで全回復。
 被害を抑えるため、ルドラを転送しようとする星明の術も、ルドラの咆哮により粉砕されてしまうのでした。

 ドラクエのラスボスなみのしぶとさを見せるルドラの力は、かつて赫夜が封印した時とは比較にならぬほど。その力の源は、ルドラに呑まれてその額に半身を浮き出させた道満……ならばその道満を切り離せば、と星明の結界の中に閉じ込めたルドラに、雷吼と保輔はド派手なアクションで挑みます。

 そして見事道満を切り離したかに見えたものの、再び再生してしまう道満とルドラ。それでも再び挑む雷吼と保輔の身に異変が……ルドラが暴れたことでひびが入った結界。そこから「時」が流れ込んだことで鎧の活動限界が迫り、心滅の刻限が迫ったのです。
 さらに雷吼を飲み込まんとするルドラ。彼を助けようと、自らの限界も顧みず挑む保輔ですが、しかし吹き飛ばされて変身は解除され、ついに雷吼はルドラの闇の中へ……

 その闇の中で雷吼が見たものは、赤子の時に捨てられ、そして絶望から自らの顔に無数の傷を刻んだ道満の姿。同じ捨てられてた者同士、闇に落ちろと呪いの言葉を吐く道満ですが……そしてルドラの中から現れたのは、黒く、そして獣のように変容した雷吼の、牙狼の姿。たった一人の従者として、鎧を解除すべく決死の戦いを挑もうとした金時ですが、しかし星明は彼を止めます(この辺りの信頼感の現れが素晴らしい)。

 その言葉のとおり、自らの力で正気を取り戻した雷吼。そう、彼は既に一度、鎧に呑まれ、そしてそこから復活したことがあるのですから。そして道満を含め、全ての人を救うという雷吼の宣言に、レオタードから陰陽師姿に変化した星明は「私の魔戒騎士」などと可愛いことを言いつつ、彼に力を与えます。黄金騎士の鎧にしっかりと結ばれた赤い綱、そして背中から生えた純白の翼を――

 これでもかというアクションで飛びまくり斬りまくる雷吼に、自分には光などないと煽る道満。しかしお前がルドラの中で姿を保っているのは、まだ光が残っているからだと返した雷吼は、ついに道満の陰我を両断! 最後のあがきを見せるルドラの猛攻を、復活した保輔ともども雷吼が防ぎ、そして星明の持つ安倍家の血が赫夜の力を発動させ……ついにルドラは封印されるのでありました。

 そして赫夜は天に去り、残された荒廃した都に立つ雷吼たち。その前に現れたのは、生きていた道満――なおも自分には闇しかないと言う道満をついに斬る雷吼。しかし道満を抱き留めた星明の、自分が闇を引き受けるという言葉に、道満は光を感じて消えていくのでありました。まるで、母の胸に抱かれた幼子のような安らいだ表情で――


 と、いささか予定調和のきらいはあるもののまずは大団円……と言いたいところですが、しかし前回その黒々とした、そして矮小とした素顔を顕わにした道長の登場はなし!(ついでに、その道長に堂々と逆らった頼信もなし)
 どう考えても碌な最期を遂げるとは思えない道長の末路が見たかったというつもりはありませんが(というよりこれ以上実在の人物が死んでいくのは勘弁)、道満の陰我が解放されるには、深い因縁を持つ道長の存在が不可欠だったのでは、と感じます。

 今回道満が語ったように、共に親から捨てられて辛酸を舐め、その一方で幸福に育てられてきた兄弟がいるという共通点を持つ雷吼と道満。その雷吼が己の運命を受け入れ、光を選んだ姿は、本作で屈指の名編「兄弟」で感動的に描かれましたが、道満に対してのそれを見たかったと感じます。

 平安京のその後は別に気になりませんし、雷吼や頼信も彼ららしく幸せに暮らしたと思いますが、道満と道長の姿だけはもう少し掘り下げて欲しかった……が、この点だけは強く引っかかり、残念に感じた次第です。


『牙狼 紅蓮ノ月』Blu-ray BOX 1(ポニーキャニオン BDソフト) Amazon
牙狼-紅蓮ノ月- Blu-ray BOX 1


関連記事
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第1話「陰陽」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第2話「縁刀」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第3話「呪詛」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第4話「赫夜」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第5話「袴垂」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第6話「伏魔」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第7話「母娘」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第8話「兄弟」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第9話「光滅」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第10話「一寸」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第11話「斬牙」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第13話「相克」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第14話「星明」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第15話「心月」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第16話「最低」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第17話「兇悪」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第18話「星滅」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第19話「繚乱」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第20話「依代」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第21話「対決」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第22話「共鳴」
 『牙狼 紅蓮ノ月』 第23話「嶐鑼」

関連サイト
 公式サイト

|

« 『戦国武将列伝』2016年6月号(後編) 天下分け目の大戦、決着目前! | トップページ | 鳴海丈『鬼砲 あやかし小町 大江戸怪異事件帳』 さらにバラエティに富む怪異捕物帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63606656

この記事へのトラックバック一覧です: 『牙狼 紅蓮ノ月』 第24話「討月」:

« 『戦国武将列伝』2016年6月号(後編) 天下分け目の大戦、決着目前! | トップページ | 鳴海丈『鬼砲 あやかし小町 大江戸怪異事件帳』 さらにバラエティに富む怪異捕物帳 »