« 堀川アサコ『大奥の座敷童子』文庫版 書き下ろし新作短編収録! | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第24話「いかるが兄妹」 »

2016.06.02

大佛次郎『ごろつき船』上巻 悪事を捨て置けぬ男たちの苦闘!

 大佛次郎の時代小説といえば、やはり『鞍馬天狗』が浮かんでくるかと思いますが、しかしもちろんそれだけではありません。権力と結託した悪人の横暴に対し立ち上がる、悪事を捨て置くことのできない好漢たちの戦いを描いた本作もまた、作者の代表作の一つというべき快作であります。

 物語は、蝦夷地松前藩で、家老・蠣崎主殿と結んだ廻船問屋・赤崎屋吾兵衛が、商売敵の八幡屋に密貿易の濡れ衣を着せた上、一族郎党を皆殺しにしたことから始まります。
 その企てに敢然と逆らったのは、かねてから赤崎屋に疑いの目を向けていた硬骨の松前藩士・三木原伊織。混乱の最中、同僚たちから命を狙われながらも八幡屋の遺児・銀之助を救い出した伊織は、江戸の盗賊・佐野屋惣吉の助けを得て、ひとまずは森に逃れることになるのですが……

 しかし赤崎屋に指嗾された松前藩の追っ手は執拗に伊織たちを追い、不運にも伊織はその最中に熊に襲われて消息を絶ってしまいます。残された銀之助を助けてただ一人逃亡を続ける惣吉ですが、そこに意外な救いの手が現れるのでした。
 それは、故あって家を捨て、アイヌに成りすまして隠棲していた江戸の元旗本・土屋主水正、そしてこちらも曰くありげな豪傑和尚・覚円の二人。

 自分たちにとってはは無関係の人間ながら、しかし不義の悪事が行われることを見過ごすことができない彼らは、自らの危険も顧みず惣吉と銀之助、そして遺された伊織の妻・糸と娘の春江救出のために戦いを開始するのでありました。
 しかし敵はあくまでも執拗かつ強大、幾度も窮地に陥った主水正たちは、辛うじて銀之助を本州に逃したものの、皆散り散りばらばらに。赤崎屋一味の非道を訴えるために旧知の幕閣を頼って江戸に向かった主水正も、思わぬ悪因縁に苦しめられることになって……


 というように、この上巻で描かれるのは、実は伊織や主水正、惣吉をはじめとする善男善女がひたすら悪人に苦しめられる姿。
 敵の魔手を辛うじて逃れたかと思えば、また次の魔手が迫り、それをかわしたとしても、思わぬ運命の陥穽が待ち受ける……という展開が、通常の文庫本で2冊分はあろうというボリュームで繰り返されることとなります。

 ……などと書けば、いかにも本作がワンパターンで、かつストレスフルな内容と思われるかもしれませんが、さにあらず!
 本作で描かれる危機また危機の数々は、手を変え品を変え一度として同じものはなく、時に全く予想もつかぬ形で登場人物に襲いかかり、退屈など決してする暇もないまさにサスペンスフルなエンターテイメントの王道状態なのです。
 確かに、悪人たちがのさばり、善人たちが苦しめられる展開には歯がみするほかないのですが、しかし一本調子ではない、絶望と希望の緩急の付け具合の巧みさに、こちらの感情もいいように振り回されてしまうのであります。

 そしてその中で光るのは、作者一流の細やかな人物描写であります。
 本作の登場人物は――この時点ではほぼ悪の権化のような赤崎屋は除くとしても――善悪それぞれに、実に人間臭い素顔を、折に触れて覗かせてくれるのです。

 確かに彼らはその魂の中に、ある者は正義の側面、またある者は邪悪の側面をより多く持って描かれますが……しかしそれだけで構成されるわけでもなく、そして同時にその側面とは別の次元で、心の強さ/弱さというものを持っているのであります。
 こうして描かれる人々は、決して正義の権化でも邪悪の化身でもありません。あくまでも己の中の弱さに揺れ、悩み、そして己の中の強さに気付き、懸命に生き続けようとする、等身大の人間たちなのです。

 そしてそれを描き出すのは、どこか品の良さと荘厳さすら感じさせる作者の端正な文章表現……それが本作を、波瀾万丈でありつつも、決して荒唐無稽ではない、そして我々の感情をダイレクトに揺さぶる物語として成立させているのであります。


 上で述べたとおり、この上巻の時点ではまだまだ正義の側にとって暗い闇が続きますが、果たして彼らの苦闘が報われる日が来るのか。そしてタイトルの『ごろつき船』とは……上巻以上に爆発的に盛り上がる下巻も、近々に紹介いたします。


『ごろつき船』上巻(大佛次郎 小学館文庫) Amazon
ごろつき船 上 (小学館文庫)

|

« 堀川アサコ『大奥の座敷童子』文庫版 書き下ろし新作短編収録! | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第24話「いかるが兄妹」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63699290

この記事へのトラックバック一覧です: 大佛次郎『ごろつき船』上巻 悪事を捨て置けぬ男たちの苦闘!:

« 堀川アサコ『大奥の座敷童子』文庫版 書き下ろし新作短編収録! | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第24話「いかるが兄妹」 »