« 富樫倫太郎『妖説源氏物語』弐 貴公子とナマの人間と魔物と | トップページ | 光瀬龍『歌麿さま参る』(その二) ひねりを効かせた時代SF作品集 »

2016.06.15

光瀬龍『歌麿さま参る』(その一) 時間SFとして、時代小説として

 角川文庫で刊行された光瀬龍の時代SF短編集であります。本書に収録の6作品は、作者が得意としたタイムパトロールものを中心としたラインナップですが、SFとしてのみならず、むしろ時代小説として相当に高いレベルにあると感じさせられる作品揃いです。

 それでは、以下に収録作品を一作ずつ紹介していきましょう。なお、収録作のうち『三浦縦横斎異聞』『紺屋町御用聞異聞』『歌麿さま参る』は、以前紹介した扶桑社文庫版『多聞寺討伐』にも収録されていますが、改めて紹介させていただきます。

『関ヶ原始末』

 西軍に圧倒され敗走する途中、深手を負った名張の猿飛を拾った服部半蔵。猿飛の望みを聞き、彼を連れて向かった池鯉鮒で半蔵を待っていたものは……

 上で「西軍」とあるのは誤記ではありません。本作で描かれるのは、(福島正則の大ポカにより)小早川秀秋が裏切らず、東軍が大敗した関ヶ原なのです。
 しかし、いかに逆転した世界の物語といえども、本作で描かれる関ヶ原に至るまでの流れの分析は、当時の大名・武士の意識の持ちようまで踏み込んだもので、意外かつ納得させられるものであります(「豊臣恩顧」という概念が当時それほど強くなかったというのは、実に面白い)。

 そんな混沌とした状況の中、半蔵は猿飛の持つ不思議な箱に興味を持って彼に関わっていくことになるのですが、さてその箱は何か、猿飛の正体は、というのは、これはもう正直に言って予想通りなのが、少々残念ではあります。(しかしラスト、本当に余計なことを言ったものだなあ……)


『三浦縦横斎異聞』

 江戸城での試合で鈴木清兵衛と立ち会い、敗れた三浦縦横斎。再戦を期して鎌倉の御霊神社に籠もった縦横斎だが、なかなか天啓は得られない。焦る彼の前に現れたのは……

 冒頭で「寛永御前試合」の真実(御前試合ではなく、幕府が各藩に武芸者の推挙を求めた召状であった説)を提示するなど、やはり時代ものとしての目配りが面白い本作。
 むしろこうした江戸初期の武芸界やそこに集まった人々の姿を描くことが、やはり本作の眼目とも感じさせられます。

 SFとしては……作者の『新宮本武蔵』の前半部分のパターンと言えば、わかる方にはおわかりでしょう。いつものやつです。(なお、同じく本書に収録された『勝軍明王まいる』に共通する描写があるのも面白い)


『ペニシリン一六一一大江戸プラス』

 江戸時代分局からの要請で1611年に飛んだタイムパトロールの平石。その時代にあるはずのないペニシリンのアンプルが見つかった事件の捜査のため、世情混沌たる江戸を奔走した末に彼が辿り着いた真相とは。

 現代のどこにでもあるような事務所の、うだつのあがらない事務員の日常という意外な(?)場面から始まる本作。もちろん彼はタイムパトロール、緊急要請で現代の分局(これがまた味わいがある描写)から江戸時代に飛んでみれば、そこではその時代にあってはならないものが発見されていて……

 という、ある意味オーパーツを題材とした展開は、タイムパトロールものではお馴染みですが、しかし本作ではそれがペニシリンなのが、実に面白い。
 時間密航者たちが過去に飛ぶときは皆ペニシリンを所持しているという、非常に説得力ある設定を踏まえ、背後に潜むと思われる密航者の存在を主人公たちは追うことになるのですが、何故ペニシリンが捨てられていたのか、という謎解きも実に楽しいのです。

 しかし本作の最大の魅力は、極めてリアルな江戸描写でありましょう。
 開府以来まだ十年と経っていない江戸は、我々が時代劇などを通じて培ってきたイメージとはまた全く異なる、発展途上の猥雑なエネルギーに満ちた世界。当然、そこに集うのも、全くイメージとは異なる人々であります(作中、浪人姿への変装を希望した主人公が、イメージと全く異なる姿にされて戸惑うのが楽しい)。

 しかし、そんな中で描き出される地に足のついた……というより泥まみれの江戸の姿は、冒頭で描かれる現代の姿と重なるものでもあります。
 時代の違いこそあれど、人間の生きる世界に、そこに暮らす人間に違いはないと、本作は語っているようにも感じられるのです。事件の真相を考えればなおさら……


 長くなりますので次回に続きます。


『歌麿さま参る』(光瀬龍 角川文庫) Amazon
歌麿さま参る (角川文庫)


関連記事
 「多聞寺討伐」(その一) 光瀬時代SFのスタイル
 「多聞寺討伐」(その二) 光瀬時代SFの代表作
 「多聞寺討伐」(その三) 時代小説とSF小説という両輪

|

« 富樫倫太郎『妖説源氏物語』弐 貴公子とナマの人間と魔物と | トップページ | 光瀬龍『歌麿さま参る』(その二) ひねりを効かせた時代SF作品集 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63769784

この記事へのトラックバック一覧です: 光瀬龍『歌麿さま参る』(その一) 時間SFとして、時代小説として:

« 富樫倫太郎『妖説源氏物語』弐 貴公子とナマの人間と魔物と | トップページ | 光瀬龍『歌麿さま参る』(その二) ひねりを効かせた時代SF作品集 »