« くせつきこ『かみがたり 女陰陽師と房総の青鬼』第3巻 記憶と時間、人間と鬼の旅路の果てに | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第32話「鉄甲アゴン」 »

2016.07.29

フクイタクミ『百足 ムカデ』第1巻・第2巻 拳侠児、百人の外道に挑む!

 月のない夜に人里を襲い、一晩で全てを喰らう極悪非道の百人の悪党「百足」。毒キノコにあたったところを山村の娘・泉に救われた青年・馬頭丸は、山から戻らぬ泉とその弟を追って百足の一番隊と遭遇してしまう。百足の外道たちの殺人術と、馬頭丸の拳法・百手無双流、死力を尽くした戦いが始まる……

 既に連載は完結、単行本最終巻も来月発売という状況で今頃取りあげるのは申し訳ない限りですが、それでも取りあげないわけにはいかない快作であります。

 あらすじは冒頭に述べた以上でも以下でもない、極めてシンプルなストーリー。舞台となるのもほとんどが山の中と、Vシネマのアクションもの的なシチュエーションなのですが……ワンアイディアでグイグイ押していくパワーと熱量が凄まじいとしか言いようのない作品であります。


 タイトルとなっている百足は、完全武装した侍たち数百人を瞬く間に全滅させるほどの戦闘力を持つ恐るべき集団。それもそのはずと言うべきか、彼らは刀、弓矢、棍棒、剛力、絡繰り等々、それぞれに得意とするものは違えど、いずれも常識外れの殺人兵器・殺人技を身につけ、そして何よりも殺人を禁忌としない殺戮の魔人たちなのであります。

 これに対する主人公・馬頭丸は、幼い頃に出会った育ての親である師に仕込まれた百手無双流の達人。巨大な熊をほとんど一撃で粉砕するその力と技もさることながら、己の一手の結果を百種想定して動くことにより死中に活を見出すという流派の奥義を体得し、全身これ武器というべき青年であります。

 そんな、奇しくも百の「足」と百の「手」の名を持つ者同士が激突すれば、ただですむはずがありません。
 砕ける肉体、吹き飛ぶ生首――もちろん倒されていくのは百足の側ですが、もはや「面白」という域に達している絵面と技を持つ百足たちを、馬頭丸が容赦なく粉砕していくのは、これはもう爽快と言うしかないのであります(毎回、ラストに「残る百足あと○人」などと表示されるのも楽しい)。

 弱者を暴力で以て苦しめる外道たちを、それ以上の暴力で叩き潰すというのはバイオレンスものの王道ですが、本作はそのど真ん中を猛スピードで突き進む――何しろ、数ページに一人、いや時には一ページで数人が斃されていくのですから――作品なのです。


 しかしそこにバイオレンスものにどうしてもつきまとう不快感が極めて薄いのが、本作の魅力であります。
 それは、上で述べたように百足たちの存在感が面白方向に振れている――短期間でキャラを立てるのにはやむを得ないことですが――点もありますが、何よりも、主人公たる馬頭丸の精神性、戦う動機に、その理由があると感じます。

 師に出会うまで、幼い頃からただ一人過酷な戦国の世を生き抜いてきた馬頭丸。時に人の物を奪わざるを得なかった彼の信条は、ただ一つ「自分より弱い相手からは奪わない」ことでありました。
 挑む相手は常に自分より強い相手――それは裏を返せば、弱い者は守るべきもの、という彼の心の表れでもありましょう。

 本作で馬頭丸が戦う理由、それは一宿一飯の恩義を返すため……行き倒れかけていた自分を救ってくれた泉たち山村の善良な人々を、百足の暴虐から救うためであります。
 極めてシンプルすぎるとも言えるそれが、大きな説得力を持ち、そしてこちらの心に大きく響くのは、上で述べた馬頭丸の好もしい心性が、ここに貫かれているからにほかなりません。

 敵討ちでもお家復興でも宝探しでもない、ただ弱い者を守るという義侠心のみを以て、悪鬼外道に立ち向かう……その想いが、ただ爽快なのであります。


 しかし如何に馬頭丸が無敵の技を身につけ、熱い心に支えられようとも、所詮は生身の、ただ一人の人間であります。
 一騎当千の百足たち百人を相手にしてきた彼の肉体にも限界が迫り、そして残る百足は38人。

 果たして馬頭丸の戦いのゆくえは、そして彼が強さの先に見出すものは……ラスト1巻が待ちきれません。


『百足 ムカデ』第1巻・第2巻(フクイタクミ 秋田書店少年チャンピオン・コミックス) 第1巻 Amazon/ 第2巻 Amazon
百足-ムカデ- 1 (少年チャンピオン・コミックス)百足-ムカデ- 2 (少年チャンピオン・コミックス)


|

« くせつきこ『かみがたり 女陰陽師と房総の青鬼』第3巻 記憶と時間、人間と鬼の旅路の果てに | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第32話「鉄甲アゴン」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/63961689

この記事へのトラックバック一覧です: フクイタクミ『百足 ムカデ』第1巻・第2巻 拳侠児、百人の外道に挑む!:

« くせつきこ『かみがたり 女陰陽師と房総の青鬼』第3巻 記憶と時間、人間と鬼の旅路の果てに | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第32話「鉄甲アゴン」 »