« 上田秀人『禁裏付雅帳 二 戸惑』 政治と男女、二つの世界のダイナミズム | トップページ | 原哲夫『いくさの子 織田三郎信長伝』第9巻 内憂外患、嵐の前の静けさ? »

2016.08.26

『仮面の忍者赤影』 第36話「忍法石仏」

 ただ一人先に進むという信長を諭し、京で暴虐の限りを尽くす弾正を討つべく同行することを誓う赤影たち。彼らを陰ながら守る伊賀の忍びたちだが、琵琶法師に化けた根来十三忍・魔風刑部の攻防一体の忍法石仏によって全滅してしまう。さらに刑部の魔手は白影を捉え、さらに赤影に襲いかかる……

 前回命を落とした伊賀忍のことを悼んでいたのか、路傍の石仏の前で拝む信長と赤影たち。ついにたった四人になってしまった一行ですが、何と信長はもう誰一人死んで欲しくないとナイーブなことを言い出し、赤影たちの任を解くと告げるのでした。と言っても配下の軍勢がいるわけでもなく、ただ一人で京に乗り込むというのですから、無茶にもほどがあります。当然ながらこれに逆らい、赤影たちは最後まで同行すると宣言します。
 と、ここで石仏の目が動いたと言い出す青影。(いくらアバウトな合成でも)石仏の目が動くはずはないと白影たちは一笑に付すと先を急ぐことになります。しかしその後、石仏が割れて、容貌魁偉な忍びが……

 その後も蛇が出た、根来の下忍が出たとビビリ続ける青影ですが、下忍の狙撃隊は本物。が、これに猛然と奇襲をかけて全滅させたのは三人の伊賀忍びであります。三人? そう、前回仲間を逃がすために下忍の群れに突っ込んで膾斬りとなった市松も加わっていたのですが……これは市松が「そういう忍法」を会得していたと思うことにしましょう。

 さて、一息を付く間に、水鏡に赤影が映し出したのは、弾正に支配された京の有様であります。無辜の民に対し、奪い、襲い、殺し――その有様を酒を食らいながら愉しむ弾正はまさに鬼畜。信長は改めて弾正を倒すために京に向かう決意を固めます。
 と、そこに現れたのは薄汚れた姿の盲目の琵琶法師。赤影に水を与えられ、美味そうに飲み干す姿からは、一片の殺意も感じられないのですが……

 しかし、不審を抱いて後を追ってきた伊賀忍びたちの前で琵琶法師はその正体――先ほど石仏の中から現れた姿を現します。その正体は根来十三忍は第十一の刺客・魔風刑部。相手に名乗るのは必殺の自信がある故かと思えば、なるほど斬られては弾き返し、刺されては受け止めと、ほとんど無敵の体であります(この辺り、単純に堅いというより、芦名銅伯の忍法なまり胴的なものがあるのが面白い)
 そして口から放った白い息によって相手を石化してしまう忍法石仏により、伊賀の猛者たちも次々と石像と化し、最後の一人が必死に放った狼煙を見て駆けつけた白影も、あっさりと首の骨を外された上に喉を石化されてしまうのでした。

 そして倒れた白影を見つけた琵琶法師を装って赤影に接近する刑部。隙を突いて襲いかかる刑部と切り結ぶ赤影ですが、やはり刑部にダメージを与えることが出来ず、そして刑部の忍法石仏が赤影を襲った! と思いきや、そこに転がっていたのは本当の石仏。変わり身の術で回避したものの、なおも攻めあぐねる赤影に対し、刑部は自らを石仏と化して立ち塞がります。
 いかなる攻撃をも跳ね返す石仏。しかしそこで何とか立ち上がった白影が、手甲で水を汲むと赤影に手渡します。その手甲から刑部に向けて放水する赤影。その水の中には石を溶かす溶解液が――敵ながら無惨にも、悲鳴を上げながら刑部は溶けて消えるのでした。

 さて、死闘が決着した頃、二人を待っていた青影と信長を襲う腥い風。それが止んだ後にその場に現れたのは暗闇鬼堂であります。斬りかかる二人を金縛りにした鬼堂の呼びかけに応えて満月をバックに現れたのは、四つの目を持つ巨大な怪猫ジャコーで……というところで次回に続きます。


 ある意味正当派の忍者であった刑部との対決を描く今回、ちょっと展開がバタバタしていたり、唐突に飛び出す溶解液に違和感はありましたが、忍法合戦を中心に据えた内容は、原点回帰したような印象もありました。
 ちなみに刑部との対決中、赤影が自分には読心術があると言い出したのはフェイクかと思いましたが、相手に殺気を見せない刑部の意図は読めないが、その手の内を知った白影の心を読んで反撃したということであれば、これは面白い展開だと思います。


今回の怪忍者
魔風刑部

 相手を石化する忍法石仏の遣い手。刀を弾き、貫かれても平然としている体の持ち主で、自らを石仏に変えることも可能。琵琶法師に化けて伊賀忍者たちを全滅させ、白影を戦闘不能とするが、石仏と化したところにその白影が作った溶解液をかけられて絶命した。


『仮面の忍者赤影』Vol.2(TOEI COMPANY,LTD BDソフト) Amazon
仮面の忍者 赤影 Blu‐ray BOX VOL.2<完> (初回生産限定) [Blu-ray]


関連記事
 『仮面の忍者赤影』 放映リスト&キャラクター紹介

|

« 上田秀人『禁裏付雅帳 二 戸惑』 政治と男女、二つの世界のダイナミズム | トップページ | 原哲夫『いくさの子 織田三郎信長伝』第9巻 内憂外患、嵐の前の静けさ? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/64093256

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮面の忍者赤影』 第36話「忍法石仏」:

« 上田秀人『禁裏付雅帳 二 戸惑』 政治と男女、二つの世界のダイナミズム | トップページ | 原哲夫『いくさの子 織田三郎信長伝』第9巻 内憂外患、嵐の前の静けさ? »