« 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第7話「魔脊山」 | トップページ | 上田秀人『禁裏付雅帳 二 戸惑』 政治と男女、二つの世界のダイナミズム »

2016.08.24

時海結以『真田十勇士』 作者流の冒険活劇

 今年は真田イヤーということで、これまで幾つも真田ものを紹介してきましたが、児童向け文庫での「真田十勇士」ものはこれで4冊(3作品)目でしょうか。同じレーベルで『南総里見八犬伝』を刊行中の時海結以が、睦月ムンクの挿絵で贈る十勇士伝であります。

 信州の山中で武術の修行に明け暮れていたところを老忍者・戸沢白雲斎に見出され、優れた忍者として成長した猿飛佐助。免許皆伝を受けた後、若き真田幸村を主君と思い定めた佐助は、先に幸村に仕えていた六人とともに、幸村を支える勇士として活躍することに……
 という、真田十勇士ものとしては非常にスタンダードな形で始まる本作。基本的な内容は立川文庫がベースですが、随所に本作ならではの味付けが施されています。

 比較的早い段階でそれが浮き彫りとなるのは、ヒロインである楓と佐助のエピソードであります。
 勇士の一人・海野六郎の叔父の娘で、和歌をはじめとする美貌の才女として家中で知られる楓。彼女から和歌を習おうとしたことがきっかけで知り合った佐助ですが、この楓、相当のツンデレ。何故か気になる佐助に歌を送るも、朴念仁の佐助はろくに読まずに……

 と、ちょっとこそばゆい展開なのですが、対象層の親世代に当たる人間が読んであれこれいうのは野暮というものでしょう。この辺りは、ティーンズ向け作品で活躍する作者ならではの呼吸と言うべきではないでしょうか。
(そしてこの佐助と楓の関係が、ラストに意外な形で立ち上がってくるのですが、これは後ほど)

 そしてもう一点、本作がユニークなのは、霧隠才蔵のキャラクター造形であります。
 実は立川文庫の才蔵は、今のように動の佐助に対する静のキャラ、クールな美形といったようなキャラクターは確立しておらず、佐助のコンパチキャラ的な立ち位置。一方本作においては、まさにクールな美形キャラとして描かれる才蔵ですが、それだけではなく、一段掘り下げた設定が用意されています。

 浅井長政の家来の子ながら、早くに実の両親を失い、屋敷で働いていた養父母に育てられた才蔵。しかし人助けとはいえ、才蔵が侍に手を上げたことがきっかけとなって養い親は殺されたことが、彼の心の中に深い傷となって残っているのです。

 仲間たちにも明かさぬこの才蔵の心の傷ですが、しかしそれが意味を持つのはその後の展開であります。
 幸村の家臣となり、任務で諸国を回る最中に、北条家の家臣であった父が濡れ衣を着せられて殺された少女・春と出会った才蔵。彼は、天涯孤独となった春に自分の姿を見て、彼女に助太刀すべく、仲間たちとともに無数の悪人ばらに立ち向かうのであります。

 このくだりは、ちょっと他の十勇士ものでは読んだことがないように思うのですが、佐助のコンパチキャラではなく、単にクールな忍者でもない、一個の人間としてのキャラクターを与えられた本作の才蔵ならではのドラマとして、強く印象に残るのです。


 さて、その後も佐助と才蔵をはじめとする勇士たちが繰り広げる冒険は続きます。海賊・根津甚八との出会い、かつて山賊だった由利鎌之助の子分たちを助けるための岡山城討ち入り、そして二度の大坂の陣……
(ただし、真田家の晴れ舞台とも言える関が原は、佐助たちが旅をしている間に終結していた、という展開はちと残念)。

 そして戦いの果てに楓と再会した佐助。その心中に去来するものがなんであったか。そしてつて楓が佐助に教えた和歌が示すものとは……
 野放図な冒険絵巻を存分に描きながらも、ラストに漂うこの叙情的な味わいも、また本作ならではの味わいと言えるでしょう。

 先に述べたように関ヶ原の戦いがオミットされていたりと、題材のチョイスが個人的にはちょっと残念な部分もあるのですが、現代に蘇った、作者ならではの立川文庫として、楽しめた一冊でした。


『真田十勇士』(時海結以 講談社青い鳥文庫) Amazon
真田十勇士 (講談社青い鳥文庫)


関連記事
 八犬伝特集その十九の一 時海結以『南総里見八犬伝 一 運命の仲間』
 八犬伝特集その十九の二 時海結以『南総里見八犬伝 二 呪いとの戦い』

|

« 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第7話「魔脊山」 | トップページ | 上田秀人『禁裏付雅帳 二 戸惑』 政治と男女、二つの世界のダイナミズム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/64088312

この記事へのトラックバック一覧です: 時海結以『真田十勇士』 作者流の冒険活劇:

« 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』 第7話「魔脊山」 | トップページ | 上田秀人『禁裏付雅帳 二 戸惑』 政治と男女、二つの世界のダイナミズム »