« 『仮面の忍者赤影』 第33話「大百足ドグマ」 | トップページ | ひかわきょうこ『お伽もよう綾にしき ふたたび』第6巻 彼が喪ったもの、得たもの »

2016.08.07

上田秀人『傀儡に非ず』 力弱き者の綱渡りの果てに

 歴史時代小説のフロントランナーの一人である上田秀人、百冊目の長編であります。その題材となるのは、なんと荒木村重……不人気ぶりでは戦国史で一二を争うのではないかとすら思われるあの人物を、全く意外な切り口から描く、ユニークかつ実に作者らしい作品です。

 摂津池田家の家臣から下克上で成り上がり、織田信長配下の武将として、石山合戦をはじめ近畿を中心に活躍した荒木村重。しかし突如信長に反旗を翻した村重は有岡城に籠城(この時に黒田官兵衛を土牢に監禁)、信長に攻められて窮地に陥るとあろうことか単身城を抜けだして逃亡してしまいます。
 そのために捕らえられた村重の一族や有岡城に篭った者たちは女子供に至るまで悉く殺されるのですが、本人はその後も茶人として生き残り、天寿を全うしたという人物であります。

 下克上や謀反は戦国武将の習い、これ自体は特に咎められるものではないでしょうが、しかし不利になるや周囲を見捨てて自分のみ逃げ出し、その後ものうのうと生き延びるというのは、潔いとは正反対の生き様。
 数年前に話題となった黒田官兵衛との因縁もあり、フィクションにおいても、どうにも悪役・汚れ役としての印象があります。

 しかし本作はその村重を、弱肉強食の戦国の世に翻弄されながらも懸命に生き延びようとした――そしてそのために思わぬ運命を背負わされることとなった――一人の男として描き出すのです。


 父祖の代に旧領を喪い、摂津池田家の家臣として日々を送る村重。しかし三好三人衆と松永久秀の暗躍に乗じて主君を追放した村重は、さらに信長に気に入られると池田家を掌握、ついに摂津を掌中に収めることに成功して――
 と書けば、これは典型的な下克上武将ではありますが、本作の中盤辺りまでで描かれるこの村重の姿は、しかし、野望よりもむしろ必死さを感じさせるものとして描かれます。

 京や堺に近いという地理的条件から、様々な勢力が錯綜し、その分布図も刻一刻と変わっていく戦国時代の近畿地方。その中にあって己の主家を、己の家を広げる、いや遺すことがどれだけ難しいものであるか……それは詳しく述べるまでもないでしょう。
 己よりも弱い相手は呑み込み、己よりも強い相手には擦り寄る……そんな綱渡りを要求される小名の姿を、本作は村重の姿を通じて描くのです。

 いや、そんな力弱き者の綱渡りの姿は、村重が信長の配下に加わり、そこで台頭していく中においても、変わることなく描かれていきます。
 この時代の権威権力を打ち砕き、己の敵は容赦せず叩き潰す信長。そんな絶対的な強者の下にある者は、利用価値があるうちは厚く遇されるものの、その価値がなくなったと見られれば容赦なく切り捨てられることになるのです。

 そんなブラック主君を戴きながら、苦心惨憺仕える村重の姿は、無理難題を押し付けるばかりの上役に苦労する、上田時代小説の主人公たちに重なるものがあると言えます。


 そしてその物語は、後半に至り、村重が信長に反旗を翻す「その時」に向けて、意外な様相を呈していくこととなります。
 次々と仕掛けられる包囲網を打ち破り、天下人まであと少しのところまで来た信長。その信長が村重にある命を下した時、彼の運命は大きく変わっていくのです。

 その命が何であったか? それをここで述べることはできません。しかしこの時期の信長を苦しめたものが何であるか……それと信長の周囲の武将の動きを重ね合わせてみた時に、その命は不気味な説得力を以て浮かび上がるとは言えます。
 そしてその伝奇的とも言うべきアイディアのインパクトが大きければ大きいほど……その前に単身立たされることとなった村重の絶望感は深まるのであり、その果てにあるものが、本作のタイトルなのであります。


 一種作者の持ち味と言うべきか、キャラクター描写の薄さゆえ、村重個人への共感を抱くには、あと一歩足りないという印象は、正直なところあります。

 しかしそれでもなお、伝奇的アイディアに象徴される巨大な歴史の、社会の壁の前で必死にもがく個人の姿は、現代に生きる我々の姿と重なって見えてくるように思えます。
 その苦しみを乗り越えるために、我々は村重と違う手段を選べるのか――それを思う時、索漠とした想いを抱かざるを得ないのであります。


『傀儡に非ず』(上田秀人 徳間書店) Amazon
傀儡に非ず (文芸書)

|

« 『仮面の忍者赤影』 第33話「大百足ドグマ」 | トップページ | ひかわきょうこ『お伽もよう綾にしき ふたたび』第6巻 彼が喪ったもの、得たもの »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/64026727

この記事へのトラックバック一覧です: 上田秀人『傀儡に非ず』 力弱き者の綱渡りの果てに:

« 『仮面の忍者赤影』 第33話「大百足ドグマ」 | トップページ | ひかわきょうこ『お伽もよう綾にしき ふたたび』第6巻 彼が喪ったもの、得たもの »