« せがわまさき『十 忍法魔界転生』第8巻・第9巻 陰の主役、お品の表情 | トップページ | 木原敏江『白妖の娘』第1巻 私は私、の妖狐伝 »

2016.09.10

『仮面の忍者赤影』 第38話「怪忍獣勢揃い」

 京まであと一歩というところで信長は青影ともども暗闇鬼堂に連れ去られてしまった。気落ちする白影に最後の最後まで望みを捨ててはいかんと語りかけ、紀州暗闇寺に向かう赤影と白影。その脳裏には、これまでの忍怪獣たちとの激闘が浮かぶ……

 根来十三忍も残すところ頭領の暗闇鬼堂一人、そして第三部根来篇も残り二話。サブタイトル画面では、アゴンの角の上に颯爽と立つ赤影……はて? と思いきや、ここにきてまさかの総集編であります。

 新撮部分は冒頭、前回ラストで小屋もろとも連れ去られた信長と青影に落胆する白影に対し、かつて第二部の最終話で青影にも語った最後の最後まで望みを捨ててはいかんという言葉を赤影がかける場面。
 その言葉に踏みとどまった白影が、岐阜からの戦いの旅路を回想する……という趣向であります。

 ここで登場するのは以下の場面――
・ガンダと赤影たちの対決
・かげろう兄弟の野火・つむじと赤影・白影の対決
・ガッポと赤影・青影の対決
・信長と青影たちを襲うアゴン
・ガバリと赤影たちの対決
・ドグマ対アゴンの対決
・ドグマと赤影たちの対決
・ジャコーと赤影の対決

順番は放映順ではない(=旅路の順ではない)ですし、繋ぎも結構アバウトなのですが、興味深いのは、場面のチョイスが怪忍獣中心であることでしょう。
 サブタイトルで「怪忍獣」と謳っているのだから当たり前と言えばそうですが、回想シーンの根来十三忍がつむじ・野火・風葉・矢尻と4人しか登場していない(しかも後ろ2人は怪忍獣使いとしての性格が強い)というのは、明らかに忍者よりも怪忍獣を優先していることは間違いありません。

 ここでこちらも振り返ってみれば、この第三部を構成する要素の一つが怪獣であったことは間違いないところでしょう。
 もちろん、第一部の千年蟇や第二部の大むささびなど、これまでにも怪獣キャラは登場していますが、あくまでも忍者の添え物、忍法の一部(あるいはビジュアライズの一種)であったもの。しかしこの第三部では独立したキャラクターとして(もちろん厳密に言えば、皆忍法の一部ではありますが……)登場しているのですから。

 時あたかも前年の『ウルトラQ』『マグマ大使』そしてもちろん『ウルトラマン』から始まる第一次怪獣ブームのまっただ中、そこに本作も乗ったのは間違いありません。
 しかし比較的オーソドックスな忍者ものであった第一部、超科学と派手な忍者が乱舞した第二部と積み重ねてきたものがあって、ここで一気に怪獣ものとしての本作が花開いた感があるのは、なかなか興味深いところであります。


 と、折角ですので、この回ではほとんど描かれなかった部分に触れれば、この第三部を構成するもう一つの要素は、背景にあるのが大名と大名との争い――すなわち、戦国という時代の有り様であることでしょう。

 第一部・第二部が、あくまでも秀吉や信長の命によるものであれ、金目教やまんじ党といった一種のテロ組織との対決であり、この後の第四部が忍者集団同士の争闘であったのに対し、この第三部の中心は、あくまでも信長と夕里弾正の対立。赤影たちも根来十三忍も、その中で雇われた者というスタンスであり、その意味で第三部はより「忍者もの」的であると言えるのではないでしょうか。
 怪忍獣が闊歩する一方で、それを支える物語はあくまでも忍者もの……そのバランスの絶妙さが、この第三部の最大の魅力ではないかと感じるのです。

 ちなみに、第三部スタート時にも軽く述べましたが、悪役たる夕里弾正と暗闇鬼堂のモチーフは、まず間違いなく松永弾正(松永久秀)と果心居士でありましょう。
 (さすがに実在の人物ではなくとも)敵役として史実に片足を置いたキャラを配置することで、上に述べた第三部独特のバランス、リアリティを実現できたのでは……というのはもちろん私の勝手な想像ですが、しかし当たらずしも遠からずではないかと思うのです。


 次回はおそらく話を追うのがやっとで、第三部全体を振り返るスペースはあまりないかと思いますので、ここで一足先に振り返っておいた次第です。


『仮面の忍者赤影』Vol.2(TOEI COMPANY,LTD BDソフト) Amazon
仮面の忍者 赤影 Blu‐ray BOX VOL.2<完> (初回生産限定) [Blu-ray]


関連記事
 『仮面の忍者赤影』 放映リスト&キャラクター紹介

|

« せがわまさき『十 忍法魔界転生』第8巻・第9巻 陰の主役、お品の表情 | トップページ | 木原敏江『白妖の娘』第1巻 私は私、の妖狐伝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/64185556

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮面の忍者赤影』 第38話「怪忍獣勢揃い」:

« せがわまさき『十 忍法魔界転生』第8巻・第9巻 陰の主役、お品の表情 | トップページ | 木原敏江『白妖の娘』第1巻 私は私、の妖狐伝 »