« 上田秀人『禁裏付雅帳 三 崩落』 渦中の男に迫る二つの危難 | トップページ | 『コミック乱ツインズ』2016年11月号(その一) »

2016.10.22

『仮面の忍者赤影』 第44話「顔のない忍者」

 陽炎の行方を求める最中、魔風の罠にはまり、毒を受けた青影のため、水を求めに向かった赤影は、何者かに襲われてしまう。赤影が魔風と示し合わせているのを目撃した青影は崖下に落とされ、猿彦と示し合わせたニセ赤影により白影も捕らえられかけた時、「赤影参上!」の声が響き渡る……

 冒頭、陽炎から奪った黄金の仮面を着けてみる雷丸。陽炎に凄んでも、犬彦を睨み付けても、一向に秘密はわからない……というくだり、一切台詞なしなのが妙におかしい。
 一方、下忍たちが通りすがりの地元の姉妹に自分たちの行方を誰何しているのを見た赤影と青影。しかし、地面に張り巡らされた鈴付きの縄にひっかかり、魔風の不動網にかかってしまうのはうかつの一言です。宙吊りにされた赤影と青影の元に自ら駆けつけた雷丸は高笑いですが……ここでいきなり爆発発生、その隙に赤影たちは脱出するのでした。

 が、高熱を出してしまった青影。待ち合わせ場所の小屋で調べてみれば、青影の足に毒針が刺さっているではありませんか。そこで一人水を汲みに沼に行った赤影ですが、その足を何者かが掴み、赤影を引きずり込みます。ややあって青影の元に戻る赤影。顔に泥が付いているほかは何事もない様子ですが……

 と、別行動を取っていた白影と猿彦は、先ほど赤影たちがかかった罠を発見。この辺り、さすがは海千山千のベテラン忍者コンビという感じで好印象であります。そこで二手に分かれた二人は、それぞれわざと鈴を鳴らして雷丸たちを散々に撹乱、走り回らされた雷丸は、自分が魔風網にかかってしまうのでした。そんな雷丸の様子を呆れたように見物していた先ほどの姉妹たちですが、今度は沼で泥田坊、いや泥だらけの赤影を発見するのでした。
 散々に敵を引きずり回した白影と猿彦は集合場所の小屋にやってきますが、そこに待っていたのは、先に現れた方の赤影。白影の顔を見るや、地蔵岩に拠点を移そうと言い出す赤影に従うものの、何かおかしいと首をひねる白影ですが……その直後、入れ違いに姉妹に泥まみれの赤影が担ぎ込まれようとは。

 さて、意識を取り戻してみれば山の上の地蔵岩の上だった青影。外を見てみれば、赤影が魔風の下忍と何やら話しているではありませんか。何食わぬ顔で戻ってきたところに青影が先ほどのことを詰問してみれば、声色がガラリと変えて正体を現す赤影。その正体は魔風十三忍の闇の黒蔵――その黒蔵の赤影に対し、分銅を以って立ち向かう青影。綱引きのような形となった二人ですが、足場の悪い場所で引っ張り合った末、勢い余って青影は崖下に転落するのでした。
 そして地蔵岩の隠れ場所に何食わぬ顔をして戻ってきた黒蔵の赤影。白影が青影を探しに行った中、猿彦は赤影に近寄ってくると、お前黒蔵だろうと耳打ちいたします

 と、白影の前に現れる下忍たち。彼らに連行されているのは捕らえられた赤影と猿彦――示し合わせての行動とも知らぬ白影は、やむなく刀を捨てますが……そこに地蔵岩の上から高らかな笑い声が響きます。
 もちろん現れたのは本物の赤影。その赤影殺せるものなら殺してみせろ、と痛快な啖呵を切った本物の赤影、青影から聞いて黒蔵のことはお見通しであります。そして白影も武器を取り戻して大暴れする中、二人の赤影の対決が繰り広げられます。洞窟の中を戦いの場に移す二人ですが、洞窟の入り口の本物と奥の方の偽物と、光と影でくっきりと分けられたライティングが印象に残ります。

 もちろん斬り合いに勝ったのは本物の赤影。割れた偽物の仮面の下から現れたのは、漆喰で塗り固めたような白い顔。タイツにマントという卍党チックな姿を現した黒蔵は、自分の顔の一部をはぎ取って投げつけて爆発を起こすという、微妙に厭な攻撃を赤影と白影に仕掛けます。が、追い詰められた末に宙に逃れた黒蔵に対して赤影は爆弾ダーツを連打、力尽きて地に落ちた黒影の死体は、砂のように風に吹き飛ばされて消えるのでした。

 その頃、小屋で姉妹に手当を受けていた青影ですが……そこに突然小屋の床を突き破って巨大な角が! 地中から現れた巨大な怪物はそのまま小屋を持ち上げてしまいます。ナレーターからも「青影さん、本当に大丈夫ですか?」と前代未聞の心配を受ける青影ですが……全然大丈夫ではなく、助けを求める青影の悲鳴で次回に続きます。


 何度目かのニセ赤影回ですが、マフラーの結び目が逆くらいしか違いがない偽物の変装ぶりには感心。しかし今回の赤影、父の死と陽炎の行方に気を取られていたのか、全くらしくもない失敗続きでした。


今回の怪忍者
闇の黒蔵

 本物と瓜二つに変身する忍者。白い不気味な素顔を持ち、顔の一部は爆弾となる。赤影とすり替わって飛騨忍者たちを一掃しようとしたが、本物の赤影には及ばず倒された。


『仮面の忍者赤影』Vol.2(TOEI COMPANY,LTD BDソフト) Amazon
仮面の忍者 赤影 Blu‐ray BOX VOL.2<完> (初回生産限定) [Blu-ray]


関連記事
 『仮面の忍者赤影』 放映リスト&キャラクター紹介

|

« 上田秀人『禁裏付雅帳 三 崩落』 渦中の男に迫る二つの危難 | トップページ | 『コミック乱ツインズ』2016年11月号(その一) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/64385259

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮面の忍者赤影』 第44話「顔のない忍者」:

« 上田秀人『禁裏付雅帳 三 崩落』 渦中の男に迫る二つの危難 | トップページ | 『コミック乱ツインズ』2016年11月号(その一) »