« 木下昌輝『戦国24時 さいごの刻』(その二) 不変の史実から生まれる新たな物語 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第44話「顔のない忍者」 »

2016.10.21

上田秀人『禁裏付雅帳 三 崩落』 渦中の男に迫る二つの危難

 朝廷の弱みを握るため、老中・松平定信の命で禁裏付として赴任した東城鷹矢。全く勝手のわからぬ京で右往左往する鷹矢ですが、陰謀と政争で出来ているような世界で、周囲が彼を放っておくはずがなく、剣難女難が彼を襲うことに……

 田沼意次を追い落とし、老中として幕府に君臨する松平定信を試すかのように、父・一橋治済への「大御所」の尊号を求める家斉。時同じくして、光格天皇も、父・典仁親王への「太上天皇」の尊号を求めてきたことから、定信は大いに悩まされることになります。

 この無理筋の二件を片付け、権力の座にあり続けるために定信が取ったのは、朝廷の弱みを握り、「太上天皇」を諦めさせたうえで「大御所」のみを実現させようという手段。その走狗として禁裏付に命じられたのが主人公・鷹矢だったのですが……
 いやはや、無理難題を押し付けられる上田作品の主人公の中でも、これはさすがに屈指の難題であります。

 何しろ彼にとっては禁裏付の任を覚えるだけでも一苦労。万事前例に縛られ、そのくせ大して権限もない禁裏付という特異な世界で振り回される鷹矢(今回も冒頭、思わず唖然とするような事実が明らかに……)ですが、そこに今回、さらなる危難が振りかかることになります。


 一つは、女難。まだ独身の鷹矢を籠絡すべく、大納言二条家は、貧乏公家の娘・温子を鷹矢の身の回りの世話と称して送り込んで来たのですが……朝廷側が考えることは幕府側も考えます。
 定信方である若年寄・安藤信成は、定信の命により家臣の娘・弓江を養女とし、鷹矢の許嫁として京に送ってきたのであります。

 いずれ菖蒲か杜若、どちらもうら若い美女ながら、温子は父の出世のために泣く泣くスパイ役となり、また弓江の方も婚礼目前のところを引き裂かれ……
 と、全く心が伴わない、一歩間違えれば仇扱いという、全く羨ましくない針の筵であります。

 そしてもう一つは剣難。定信により追い落とされた元・田沼派が、より直接的に定信に打撃を与えるために鷹矢襲撃を計画。七人の刺客団を送り込んだのであります。
 ……七人くらいであればそれほど苦労せず撃退できるのでは、と思ってしまうのは、こちらが剣豪主人公を見慣れている故ですが、しかし意外なことにと言うべきか、鷹矢は剣の腕は十人並み。

 つまりは、七人もの刺客に襲われればひとたまりもないわけで……これまでの作品とは別の意味でスリリングな殺陣が描かれているのには、なかなか新鮮な味わいがあります。


 考えてみれば、本作のようなタイプの剣難女難というのは、上田作品には比較的珍しいパターン。京という舞台、禁裏付という役目の珍しさもあり、新機軸と言えるでしょう。
 本作のラストでは鷹矢方にも助っ人が登場、その一方で前作から登場しているキャラクターにも意外な素顔が……と、役者が出揃い、物語もここからが本番と言えるのかもしれません。

 もちろんこの尊号を巡る一件がどのような結末を迎えるのか、我々は知っているわけですが、さて鷹矢自身の物語はどのような結末を迎えるのか……本人には申し訳ないのですが、先が楽しみな作品です。


『禁裏付雅帳 三 崩落』(上田秀人 徳間文庫) Amazon
崩落: 禁裏付雅帳 三 (徳間文庫 う 9-46 徳間時代小説文庫 禁裏付雅帳 3)


関連記事
 上田秀人『禁裏付雅帳 一 政争』 真っ正面、幕府対朝廷
 上田秀人『禁裏付雅帳 二 戸惑』 政治と男女、二つの世界のダイナミズム

|

« 木下昌輝『戦国24時 さいごの刻』(その二) 不変の史実から生まれる新たな物語 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第44話「顔のない忍者」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/64363574

この記事へのトラックバック一覧です: 上田秀人『禁裏付雅帳 三 崩落』 渦中の男に迫る二つの危難:

« 木下昌輝『戦国24時 さいごの刻』(その二) 不変の史実から生まれる新たな物語 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第44話「顔のない忍者」 »