« 森野きこり『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』第5巻 八雲を通じて描かれた「物語」と「現実」 | トップページ | 『SP版 お江戸ねこぱんち 傑作集でござる!』 単行本未収録作+αの傑作選 »

2016.11.05

『仮面の忍者赤影』 第46話「怪獣ががら対ざばみ」

 再び現れた猿彦をもう一度信じるという赤影。それに応え、偽物の仮面を手に雷丸のもとに戻った猿彦は、陽炎が阿弥陀ヶ池の塔に幽閉されていると聞き出す。しかし赤影と白影が阿弥陀ヶ池に向かう中、青影は猿彦に化けた犬彦に黄金の仮面を奪われてしまう。そして赤影たちの前にも巨大な影が……

 黄金の仮面を取り戻したものの、未だ陽炎は囚われたままの状況で雪山に隠れている赤影たち。そこで呑気に焚き火で焼き芋を始める赤影と白影に驚く青影ですが、もちろんこれは赤影の策、誘き寄せた下忍たちを一掃するのですが、そこに猿彦が現れます。
 ぬけぬけとこれまでのことを詫びて本当に仲間になるという猿彦を、半ば呆れつつもいつものお人好しぶりを発揮して許す赤影。早速猿彦は三人を逃がし、自分は縛り上げられた振りをしてその場に残ります。そこにやってきた犬彦は怒り心頭、下忍に命じて兄をリンチにかけますが、雷丸はこれを止め、猿彦にもう一度潜入の機会を与えるのでした。

 これに応え、黄金の仮面を手に戻ってきた猿彦。猿彦は何気ないふりで陽炎の居場所を雷丸に尋ねると、阿弥陀ヶ池の塔にいると聞き出すのですが……雷丸は仮面が偽物だととうにお見通し、赤影と白影が塔に向かったことを犬彦の報告で知ると、足切主水に出陣を命じます。この足切主水、顔の真ん中にくっきりと白いラインを入れたメイクに宣教師のような襟付きマントとかなり妙な出で立ちですが、出撃の時にマントをバサッと翻した時に、思い切り雷丸にかぶせたのは素なのか何なのか……
 さて、赤影と白影が出陣する一方で、万が一の時のためと黄金の仮面を預けられ、猿彦共々残ることとなった青影。猿彦は出かけたのか、お堂の中で待っていた彼の前に、犬彦が現れます。初めはすっかり騙されていた青影、黒子と、何よりも匂いが違うと猿彦でないことを見抜くのですが時既に遅し。黄金の仮面は奪われた上に昏倒させられ、お堂には火をつけられてしまうのでした。

 さて、阿弥陀ヶ池に到着した赤影たちの前に聳えるのは、またうんざりするほど現代感丸出しの塔。そこに向かい小舟で漕いでいく二人ですが、突然周囲には不気味な泡が……そしてその中から巨大な鋏が! 破壊される小舟から塔に飛び移った二人は上に昇っていきますが、その鋏の持ち主・ザバミが塔を引き倒さんと襲いかかります。
 塔の上には確かに陽炎が柱に縛り付けられていたものの、彼女は既に気が触れ……ていたわけではないですが、術をかけられてけたたましく笑う姿が怖すぎます。

 と、そこに駆けつけたのは、すんでのところで意識を取り戻した青影。その姿に応えるように池の中からはガガラが出現、青影の草間大作並みにアバウトな命令に応え、ザバミに襲いかかります。ガガラが口から火を吐けば、ザバミは泡で消火にかかり……と一進一退の攻防に、塔の上の赤影たちも真面目にガガラコールで応援です(正直、このコールがかなりうるさい)。
 最終的にザバミは水中に姿を消し、ガガラもまた何処かへ消え、静けさを取り戻した塔。そこで正気に戻った陽炎とひしと抱き合い、青影はちょっと何が起きたのか一瞬わからないくらいの涙を流します。ここで後ろでもらい泣きする白影の小芝居が素晴らしいのですが……そこに響く雷丸の高笑い。ちゃっかり黄金の仮面をつけてご満悦の雷丸に、赤影は闘志を燃やすのでした。


 ガガラなのかががらなのか非常に混乱するタイトルはさておき、二重スパイとして奮闘する猿彦と、その彼を利用して陽炎と黄金の仮面を奪い合う両陣営の駆け引きが面白い今回。見かけによらずクレバーところがある雷丸のキャラクターが、この展開に一役買っているという印象です。
 その上に二大怪獣の対決も盛り上がるところ。姉を救うために駆ける青影のため、もう一人の姉が託した怪獣が現れたと思うとなかなか熱い展開ではありませんか。


今回の怪忍獣
ガガラ

 阿弥陀ヶ池で赤影たちを襲ったザバミと戦った個体。口からの火を泡で阻まれ苦戦するが、ザバミを撃退し、姿を消した。

ザバミ
 足切主水が操る巨大な淡水蟹の怪獣。右手の巨大な鋏と、口から吐く大量の泡が武器。阿弥陀ヶ池で赤影たちを待ち伏せて襲撃したが、援軍に現れたガガラとの激闘の末に撤退した。


『仮面の忍者赤影』Vol.2(TOEI COMPANY,LTD BDソフト) Amazon
仮面の忍者 赤影 Blu‐ray BOX VOL.2<完> (初回生産限定) [Blu-ray]


関連記事
 『仮面の忍者赤影』 放映リスト&キャラクター紹介

|

« 森野きこり『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』第5巻 八雲を通じて描かれた「物語」と「現実」 | トップページ | 『SP版 お江戸ねこぱんち 傑作集でござる!』 単行本未収録作+αの傑作選 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/64449385

この記事へのトラックバック一覧です: 『仮面の忍者赤影』 第46話「怪獣ががら対ざばみ」:

« 森野きこり『明治瓦斯燈妖夢抄 あかねや八雲』第5巻 八雲を通じて描かれた「物語」と「現実」 | トップページ | 『SP版 お江戸ねこぱんち 傑作集でござる!』 単行本未収録作+αの傑作選 »