« 北森サイ『ホカヒビト』第1巻 少年と女薬師が行く世界、見る世界 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第49話「人喰い植物ばびらん」 »

2016.11.24

玉井雪雄『怨ノ介 Fの佩刀人』第1巻 復讐鬼と刀剣女子の死闘旅……?

 『ケダマメ』で異形の歴史譚を描いた玉井雪雄の新作は、これもまたこれまで見たことのないような奇怪な時代活劇。全てを奪われた男が、人の命を食らって我が物とする美しき妖刀の化身に導かれて繰り広げる復讐絵巻……では終わらない、何ともユニークな味わいの物語であります。

 とある破れ寺で死にかけていた一人の老人の前に現れた僧侶。激しい恨みを背負ったその老人に興味を持った僧侶は、その過去を問います。
 実はその老人は、かつて越前楠野藩十万国の藩主だった男。しかし六十年前に親友と信じていた男・多々羅玄地に裏切られて国を追われ、全てを失って放浪することとなった彼は、今力尽きて死にかけていたのであります。

 その告白に抱えた恨みの深さを認め、何と己が手にした刀で自らを刺し、刀を老人に押しつけて逝く僧侶。
 その刀こそは、屠った者の命を奪い、己の寿命にするという魔刀・不破刀、そしてその力によって若返った老人――怨ノ介は、己を新しい主と認めた不破刀の化身である美しい魔女とともに、復讐の旅に出……ない。

 己が若返ったことに有頂天になった怨ノ介。彼はなんと不破刀を質に入れると、その金で己の失われた青春を取り戻すかのように食いまくり抱きまくるという放蕩三昧の暮らしを送るのですが――
 しかしもちろんそれで済むはずはありません。不破刀での若返りは短時間のこと、その効果が切れれば彼は元の老人であり、それを避けるためには誰かを不破刀で斬らなければならないのであります。

 いかに自分の若さのためとはいえ、無辜の民を斬るわけにはいかないとためらう怨ノ介。それならばと魔女が提案したのは、不破刀と同じ冥府魔刀――怨念によって磨かれた魔刀に憑かれ、殺人を繰り返す者を斬ってその命を奪うこと。
 かくて再び不破刀を手にした怨ノ介は、冥府魔刀とその持ち主を屠りつつ、怨敵・多々羅玄地を追う旅に出ることに――


 という第1話の展開に全てが凝縮されている本作。刀剣男子ならぬ刀剣女子とともに、他の魔刀(それにしても「冥府魔刀」というネーミングが素晴らしい)を倒して相手の生命力を奪うという基本ラインはシリアスなのですが、全体的に漂うどこかすっとぼけたおかしみとのギャップが、何ともユニークな作品であります。

 何しろ怨ノ介自身、ハードな過去を背負っているわりに、殿様育ちと言うべきか、どこか人が良くて甘ちゃんなキャラクター。何よりも剣の腕はからっきしという、この手の物語では致命的な欠点を抱えているのですが、そこでのたうち回りながら何とか窮地を脱していく姿が、何とも人間臭くて楽しいのです。

(と言っても、幕府から謀反の疑いをかけられてお取り潰しになりかねないから取りあえず身を隠せと玄地に言われて素直に従ってしまうのは真剣にどうかと思いますが……)

 そんな彼の相棒となる不破刀の化身も、美女というより美少女のような外見とは裏腹の血にまみれた魔刀という本性をあまり感じさせぬ天真爛漫さがおかしい。
 特に他の冥府魔刀を倒した後の処理など、怨ノ介ならずともそれでいいのか、とツッコみたくなるところで、そんな浮き世離れした二人の旅路は、むしろ微笑ましさすら感じさせます。


 ……が、その一方で、彼らが出会う冥府魔刀の来歴と、それに取り憑かれた人々の物語はどこまでもハードかつ凄惨の一言。
 戦乱や飢饉といった時代の歪み、身分の壁など社会の歪みに押し潰されて狂った人と刀の姿は、作者一流の画力でもって、どこまでも生々しくおぞましく、そしてやるせなく描き出されるのです。

 もちろん主人公サイドも(それだけの過去を背負っているわけであり)このトーンに染めて描くことは可能であろう……というより普通の作品ではそうするだろうと思われるのですが、しかしそれを敢えて避けてみせたのは、本作の工夫と言うべきでしょう。

 あまりにも血腥く、救いのない人々が描かれる物語の中でも、不思議な明るさとなりふり構わない生き方を見せる怨ノ介の姿は――たとえ彼を待つのが同様の末路だとしても――人間の持つ一つの強さとして感じられるのですから……


『怨ノ介 Fの佩刀人』第1巻(玉井雪雄 リイド社SPコミックス) Amazon
怨ノ介 Fの佩刀人 1 (SPコミックス)

|

« 北森サイ『ホカヒビト』第1巻 少年と女薬師が行く世界、見る世界 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第49話「人喰い植物ばびらん」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13655/64521464

この記事へのトラックバック一覧です: 玉井雪雄『怨ノ介 Fの佩刀人』第1巻 復讐鬼と刀剣女子の死闘旅……?:

« 北森サイ『ホカヒビト』第1巻 少年と女薬師が行く世界、見る世界 | トップページ | 『仮面の忍者赤影』 第49話「人喰い植物ばびらん」 »